今日の人気記事

冷めた

146 :おさかなくわえた名無しさん@ 2014/05/03(土) 11:32:01 ID:5WTF1cPp
学生時代1ヶ月くらいで別れた彼の話

彼とはヲタ趣味で仲良くなった
彼はアニメも漫画も結構女性誌の恋愛物が好き
比べて私はちょっとダークな厨ニっぽい男性誌のが好き
デートでも彼に合わせて恋愛物観るけどつまらない
彼が私に合わせてSFアクションもの観るとつまらなそう
趣味合わないなとは思ってたけど段々彼が私の好きなものをディスる様になってきた(私はつまらなそうにはしたが否定した事は一度もない)

別れるきっかけは彼にメールで
お前が見る漫画は人が殴り合ったり杀殳し合ったりしてるものばかり
女でそんなもの見るなんて心が病んでる証拠だ
俺が矯正してやろうとしたがお前は性根が曲がってるから無理そうだ
と言われたこと

腹が立って別れを告げるとロミオって来たので女々しい男だねと言ったらそれきりメール来なくなった

今考えると幼稚だなぁw


442 :1/2 2015/10/26(月) 00:12:24 ID:Twg
5年前の学生だった頃の話。
かなり大きい、学生向けのシェアハウスに住んでいて、友達の紹介で仲良くなったのがきっかけ。
冬休みに帰省する際、相手がメアドを教えてくれて、そこからずっと、冬休み明けに会うまで毎日連絡が続いてた。

はじめは仲のいい友達だったんだけど、繰り返すうちにちょっとずつ、いい雰囲気になって
「あれ、もしかして好きかも?」
という感じに。
相手が「休みがあけたらご飯行こうよ」と送ってくれた時はすごく嬉しくて、初めて休みが早く終わって!なんて思った。

学校が始まってから、彼の態度は急に変わった。
会ってもそっけないし、ご飯の約束の話をしても「また今度」ではぐらかされて。
その頃の私はもう彼が大好きで、恋人は無理でも、どうにか前みたいに……なんて考えていたけれど風当たりは強くなるばかり。
前までのはなんだったの?と思うくらいよそよそしくて、すごく辛かった。

ある日ご飯を仲のいい友人達と作っていて、その中に彼も混ざっていた。
お金が無いからとうどんを茹でていた子に友達のひとりが
「オレンジジュース入れたら美味しくなるんじゃないの?」
なんて冗談を言った。
それに乗っかって
「私のコーラもいれる?コーラ煮とかあるじゃん」
と、言った時だった。

「はあ?うどんにコーラとかお前さ、ほんと頭湧いてんじゃねーの?」

好きだった彼の一言だった。
もちろんそこにいた全員がコーラを入れるというのが冗談だとわかっていたし
「うどんでそれはないでしょ!」
なんてツッコミを入れられた後だから、余計に場の空気もどんよりとした。

そしてどんなに冷たくされても好きだったのに、一気にその気持ちが嫌悪に変わった。
すごく悔しかったのもあるけれど、何より周りの人がどういう気持ちになるかとか、そういうことすら考えられないのか!と怒りも強かった。

272 :名無しさん@おーぷん 2014/12/21(日) 23:31:43 ID:f5Z
自分が今よりもっと馬鹿だった時代の話。

まだ学生だった若い頃、人生初めての彼氏が出来た。バイト先のハンサムな年上男性だった。
嬉しくて嬉しくて、彼の好きなタイプの女の子になろうと必タヒで努力しながら付き合ってた。
フルメイクは肌が弱くて苦手だけど頑張った。寒くてもひざ上スカートに生足だった。

ある日彼と駅のホームにいたら、口論してる恋人らしい若い男女がいて、
いきなり男性の方が女性のお腹をアッパーで殴って、女性が苦しげにうずくまってた。

驚いて「え、ちょっとアレ!!駅員呼んで来よう!!」と彼に言ったら、
彼がゆっくり首振って、「余計な事しない方がいいよ。彼女が悪いのかもしれないだろ」と言われ、
「え・あ、あ・・・そ、そうかー」となり、彼に手を引かれてホームに入ってきた電車に乗り、
降りて別れ、家に帰り、お風呂に入ってて、「あー」と温まった後、

そこでやっと稲妻に打たれたように、「ええええ!?おかしいでしょ???」となった。

彼と別れるのは簡単だった。「別れたい」と言ったら「あ、そう」だった。
「彼女が悪かろうが何だろうが、人を殴ることもそれを止めずに傍観することも犯罪だった」
という話は、気持ちのいいほど全く理解されなかった。

彼が見たことのない人に見えた。
人というか、人のふりをしてる何かに思えた。目が空っぽだった。

その後ちょっと男性不信になったが、今は優しい旦那に恵まれて幸せにしてもらってる。














866 :名無しさん@HOME 2011/12/23(金) 04:13:38 0
>>864同意。
ウトさんにちゃんと謝ろう。
夫は天然とか、空気読めないじゃなくてちゃんと話し合った方がいいよ。
昔、同じことされたから少し気持ちわかる。
大学生の頃、結婚前提で3年付き合った元彼がどうしても田舎の有名な祭りを見せたい、家族もぜひ見に来てほしいって言ってる、
社会人になったら祭りには帰れないって誘われて田舎について行った。
元彼実家の人はいい人だったけど、元彼は祭りが始まると勝手にさらし巻いてふんどししめて
「あとよろしく!」って出て行った。
元彼家の人は「今回は祭りを見せるためじゃないの?」とか「放って置くの?」とか結構言ってくれたけど
「最後の祭りだ!」って出て行って、深夜4時過ぎにへべれけになって戻ってきた。
その間知らない土地で、祭りでやってくる町人に酌をさせられセクハラ三昧。
速攻帰って別れた。
悔しいっていうか、情けないっていうか馬鹿にされたような気持ちはどんな話し合っても解消できなかったよ私は。

950 :名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金) 22:27:49 ID:zyn
※不倫が苦手な人はスルーして下さい

元彼は既婚者で元彼の奥さんとも知り合いだけど奥さんは美人で細くて仕事もできる人
対する私はチビポッチャリで幸薄そうな顔のブスだし仕事も特別できる方じゃない
そもそも喪女だから元彼が人生で初めての恋人でとにかく好きで好きで仕方なかった

ある日、何であんな綺麗な奥さんがいるのにわざわざ自分なんかと付き合うのか元彼に聞いてみた
我ながら性格悪いと思うけど、「自分にもあの美人の奥さんより魅力的な部分がある」ってことを
大好きな元彼の口から言葉で聞いて少しでも自尊心を満たしたかったんだと思う
元彼と結婚したいわけじゃなかったけど、自分と正反対で容姿から何から全てにおいて
恵まれた奥さんに対して同じ女としてのコンプレックスが半端なかった

でも元彼から言われたのは「私ちゃんは口うるさくないからいいよね」
元彼、会社の健康診断で引っ掛かったことがあるらしく、それ以来
奥さんから食事のメニューとかタバコとか結構厳しく注意されててそれがストレスだったそうだ
お昼も同僚と外食したいのに毎日弁当作られるからうんざりしてたらしい
私は食事とか口出さないし部屋で一緒にお菓子やジャンクフード好きなだけ食べたりしてた
タバコも自分は吸わないけど男の人が吸ってる姿がかっこよくて好きだから文句も言ったことなかった
あと、嫌われたくない一心で何でも許してたし受け入れてた
ダラダラしてても叱られないしワガママ聞いてくれるからそういうとこが好き、と言われた
その返事を聞いた瞬間、私ってこの人にとって一体なんなんだ、都合がいいだけなのか、女としての魅力は自分にはやっぱり無いのかと一気に心が冷えた
結果的に不倫なんて馬鹿なことをやめることになったから、あのとき冷めて良かったと今ではそう思ってるけど、当時はガチでへこんだ

262 :名無しさん@おーぷん 2017/09/08(金) 02:44:32 ID:Sxa
銀行印、これまで母が準備してた印鑑を使ってたんだけど、結婚したから全部つくりかえた
で、銀行印ってイラスト入っててもOKなの
真似されにくいからって推奨してるところもあるみたい
場合によってはイラストのみで名前無しでもいけるらしいけど、私のつかってる銀行ではダメだったので
イラスト+名前の印鑑を作ることにした
作るにあたって、普通職人さんが印鑑デザインして作ると思うんだけど
絵を入れたかったから、自分でデザインして掘るのだけお願いした
旦那と私ので一本ずつ
デザイン自分でしたから、価格も抑えられて助かってたし、思い入れもあった
大切な結婚の記念の一つ
それを同居してる義両親たちの貴重品と一緒に金庫に入れてたんだけど
私が仕事行ってる間に義姉が姪を連れて家に来た際、なんでか金庫を開けたらしくて
中に入ってた私と夫の銀行印を見て、「何この絵のハンコ、おもちゃ?」と姪に与えたらしい
まずその判断からして意味がわからないんだけど、姪が自分の名字+イラストの印鑑をカワイイと気に入って、銀行印なのにそこらにペタペタ押しまくってた
気づいたときには幼稚園カバンや連絡帳やその他色々
我が家のタンスと襖にまで押してあった
(義姉は離婚しているため、名字が旧姓に戻っています)
帰ってきて襖に気づいた夫がすでに消えてた義姉に
「銀行印だぞ!?印鑑そのものはどこにやった!」と吠えたら、姪が持って帰ってなくしたと言い訳
あんなものを銀行印にするな紛らわしいと逆ギレ
絵の入ったものなんか銀行印にできるわけがないと開き直り
仕事を終えて帰ってきた義両親は、着替える間もなく私への謝罪で土下座せんばかりの勢い
金庫の鍵は義母のが使われていたので、消え入りそうなくらい謝ってくれて、後日届け出してた銀行全部に電話で事情を説明し
印鑑がない場合の印鑑変更方法まで確認してくれてた
印鑑をなくした場合、変更まで複数の手続きを踏まなくてはならないらしい
印鑑そのものも新たに作り直さなくちゃいけなくて、それにも2~3週間ほどかかるとのこと

夫は「また好きな絵描いていいよ」と言ってくれたけど、前のときも判子屋さんのご好意で結婚のお祝いにと仕事引き受けて下さっただけで
本来無理言ってやってもらったことだから、そんな好意を無碍にしてしまったうえ、再度ワガママ言うなんてあまりにも迷惑だし
一度ケチつけられたものを再度作り直す気力も雀の涙ほども湧いてこない
「普通のでいいよ、過ぎたことだから気にしないで」と言ったんだけど、私のこの微妙な気持ちの感覚を夫や義両親が理解できないみたいで
私が相当怒って拗ねてると思われてる
そりゃ義姉には怒ってる
でもそれ以外はもう燃え尽きたっていうか、結婚の記念の思い入れも消えた
興味も関心もない
さっさと適当にその辺の印鑑で再登録しといてって思い
話しても夫が「でも印鑑ないと届け出だせないからさ!」と言ってくるので、イラっとして「私の実印でも使えばいいでしょ!」と怒鳴ってしまった
怒鳴りたかったわけじゃないのに
なんだろう、なんか自分変だ
モヤモヤして寝てても夢の中で気持ちのくすぶりを考えてたら、目覚めて目が冴えてしまった
もうどうでもいいから、義両親も謝ってほしくないし、触れないでほしい
なんだか私が悪者みたい

188 :おさかなくわえた名無しさん 2011/05/15(日) 19:19:08 ID:75JV5lGj

彼氏の誕生日に出かける予定だったけれど、その日は天気予報では雨だったので、私の部屋でお祝いということになった。
予定では彼氏が夕方から来ることになっていたので、朝から頑張って手料理&ケーキを作ったりした。簡単に部屋の雰囲気作りもした。
お祝い事なので、フレンチだったかイタリアン(よく覚えてない)を結構奮発して作った。
夕方、彼氏が来て、料理をスタンバった部屋に案内。
「おめでとう!」と笑顔で言って、「食べよっか」と食事を始めようとするといきなり、

「日本人なら米だろうが!」

と叫んでテーブルの上の料理を払い落として出て行った。


冷めたというか、冷凍された。

609 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/06/27(火) 01:13:11 ID:fiJoTrV3.net
元彼と付き合ってた頃、お互い仕事が忙しくて基本外食だったんだけど、久しぶりにゆっくり会えるって日に私の家で夕飯を作ることになった。
魚コーナー見てたら、大きな鯛の頭が300円だったから
塩焼きにしよう!いや酒蒸しも捨てがたいな~なんてウキウキしながらカゴに入れたら
「そんなの買ってどうすんの?」って凄い嫌な顔しながら言われて、確かに食べたことない人も多いよな、と思い「鯛の頭は全部食べられるんだよ~塩焼きが特に美味しいの!騙されたと思って食べて見て!」と説明した。

家に帰って調理してる時にも凄い嫌な顔しながら見てきたけど、私は「食べれば美味しいって驚くぞ~」とわくわくしながら調理続行。

夕飯が完成して食べ始めてから、身を剥いて食べ易いようにして勧めても鯛だけは頑なに手をつけてくれなくて、結局私が全部食べた。
夕飯の片付けが終わってまったりしてたらまた凄い嫌な顔をしながら「あのさぁ…
いくら安く済ませたくても、あんな捨てるような所食べるのやめなよ」と言われてびっくり。

確かに安いけど美味しいし、鯛を丸ごと買ったとしても頭は捨てないよ。全部美味しく食べられるんだよ。そもそも捨てるとこならお店に並ばないよ、といくら説明しても分かってもらえず
「安けりゃ何でも食う卑しい女」みたいに思われたことがショックで、
でも鯛の頭で別れるなんて馬鹿げてる気がしてその日はモヤモヤしたままお開き。

でもモヤモヤしたまま何日か過ごしていたら
そういえば「○○はおかしい」って考えの違いを押し付けられて、私の言い分は一切聞いてくれないってことが何度かあったなーと思い出し、疲れてしまい電話で別れた。
向こうも嫌だったみたいでアッサリ別れられた。

ちなみに、鯛の頭以外にもカルパッチョとか貝焼きとかお刺身とか、結構作ったからお会計は決して安くはなかったです。

魚の頭食べるなんてキモい、って言われたら嫌だなと思って友達には吐き出せなかったので
長文吐き出しすみません。

440 :名無しさん@おーぷん 2016/03/16(水) 16:22:11 ID:o8g
友達のバイト先の同僚だった彼。紹介されて付き合い始めた。
おしゃれでカッコイイし、話題豊富でエスコートも上手い。告白された時は天にも昇る気分だったしデートも毎回楽しくて本当に100年の恋って感じだった。
ただ、段々コミュニケーションにおかしいところが見えてきた。
例えばある時デートで彼を待っていたら、やってきた彼が突然宙に向かって“あーー...耳に糸、とかね!”と。
そのまま踵を返し、すたすた歩いて行く彼。
いきなりのことで訳が分からず、彼を追いかけながら“え??なに?糸?”と聞くも、私を視界に入れないようそっぽを向きながら
“あ、アイス売ってる~!”とか“ん~いい天気!”と、ひとりごと?をつぶやきながらどんどん歩く。
追いかけつつ“もしかして耳になにかあるのか??”とようやく気づいて、鏡で確認して糸くずをとったら彼も普通のテンションに戻った。
けど、それまでのことについて私が問いかけてもスルー。
他にも、夕飯を一緒にとる約束をしてた日に彼が仕事で抜けられなくなり、職場から私に電話をかけてきたので出ると
“ん~腹減ったぁ!だけど悲しいわ!悲しい!無理とかね!無理とか!あ~落ち込むわぁ!”と1人芝居をはじめる。
“もしかして今日会えないの?”と問いかけると“あ~仕方ないっ!仕方ないなっ!うん!落ち込んでもしゃーないな!前向きに仕事するしかないって感じですわ!”と宣言?してガチャ切り。
何かある度にこれをされた。例えばデートで私が提案した店の料理が彼の苦手なもので別の店にしたい時とか。
彼に聞いても返事が返ってこないし、悩んで紹介してくれた友達に打ち明けたところ、
“もしかして私ちゃんに怒られるのが嫌とか...?”
聞くと、彼は今まで付き合った女の子が揃いも揃ってヒステリックで、特に私の前の彼女とは結婚寸前だったけれど、彼が仕事で帰宅が遅くなった日に家の前で待ち伏せされ、部屋の中の家電を全部破壊されたりとそれは凄かったらしい。
彼女のピアスが取れかけているのを指摘したところ「恥かいた!!」と逆上され鞄で殴られたっていうエピソードを聞いたことがあったみたいで、だから私の糸くずも指摘しづらかったんじゃないかな...と。
それで女性不信になっていた彼に「ヒステリーとは無縁の性格だから」と私を紹介したらしい。
確かに言われてみると彼は付き合い始めのころ「私ちゃんは穏やかでいいなぁ、癒されるよ。」と何度も言っていた。
なんで私が付き合えたんだろうと思ってたけど、そんな理由だったとは...。

120 :名無しさん@おーぷん 2017/07/19(水) 13:45:22 ID:tfg
人生で一度婚約破棄したことがある
数年付き合った恋人にプロポーズされ、ご両親への挨拶やら新居探しやらを淡々とこなしてた頃、
会社の飲み会から直で私の家に来た婚約者に、
「結婚しても俺に好きな子できたらその時は笑顔で離婚してほしい、子供がいたら母親のお前が愛情込めて育ててくれ、
その時はお金の話なんかしないでほしい、慰謝料とか養育費とかそんなのって俺とお前との愛や結婚や子供への侮辱だと思う、
どんな時も笑顔でいて俺を励ましてくれ、それに頷いてくれたら、俺はお前に愛を誓うから」
と高らかに言われた

スマホの録音機能立ち上げて「ごめんもう一回言って」と言ったら、「しょうがないなー」ともう一回高らかに言ってくれた
細かい所の質問もした
「それは私にも認められた権利なの?」と言ったら笑われた

後日両家の両親の前で録音聞かせながら婚約破棄の説明したけど、
彼は「ただのマリッジブルーみたいなもんだし、飲み会でちょっと脅かされて何か色々考えちゃって、
だいたいこの時かなり酔ってたし」とグズグズ言ってた
立ち会ってた彼兄に張り手くらった後は黙ってたけど

そんな奴だと見抜けなかったのかと言われるだろうけど、見抜けなかったなあ
前からそういう言動が無かったなら一時期の気の迷いだと思って、と知人には言われたけど、
気の迷いで済まして忘れるにはあまりに劇的な宣言でちょっともう無理だった
愛を誓うとか言う割には、お前の愛は軽すぎて鼻紙一枚ほども頼りにならないなって感じだったし

このページのトップヘ