今日の人気記事

あだ名

127: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/19 17:35:07 ID:9/b2qzhJ
30年ぐらい前の小学校5年生の時の私の修羅場。
私の旧姓は「馬場」。
知ってる人もいると思うけど、地域的に「う○こ」の事を「ばば」と言ったりする。
当時のクラスに物凄くしつこく毎日私のことを「う○こ」と呼ぶA君って男の子がいた。
スルーすればするほど私にまとわりついて「う○こー、こっち向けう○こー」とか言ってくる。
それが嫌で嫌でしょうがなかった。
ある日、A君が私の顔をティッシュで拭こうとしたので払いのけたら
「う○こ汚いから拭かなきゃだめだろー」って言われて、とうとう泣いてしまったんだ。
そしたらクラス中の女子がA君を囲んで罵倒して、
その日の下校前の反省会でそれが議題にされてしまった。
黒板に「A君が馬場さんをいじめることについて」なんて書かれて
私としてはそっちの方が辛かった。
で、本当の修羅場はそのあと起こった。
担任の先生(当時たぶん50前後の女の先生)が妙にエキサイトしてA君を叱った。
「今後2度と馬場さんのことを“う○こ”と言うのは禁じます!」
と、ここまでは1万歩譲ってよしとしよう。
その後「馬場さんには花子(仮名)と言う素敵な名前もあるんです。
そうだ、今日から馬場さんのことをあなたは花ちゃんと呼びなさい」と言い
A君に今この場で私のことを「花ちゃん」と呼ぶよう促した。
そして私とA君を教壇に立たせて「さあ、花ちゃんと呼びなさい」。
A君は意地でも呼ぼうとしない。



このページのトップヘ