今日の人気記事

お姉さん

444 :名無しさん@おーぷん 2014/11/21(金) 14:36:51 ID:0hyLxQx3x
我が家の一人娘は、顔どころかオツムまで両親に似てしまい中学生になった途端ガクッと成績が下がり始めた。こりゃいかんと塾に入れるも塾の授業も分からないと泣きつかれる始末。旦那と話し合って家庭教師を頼むことに。やってきたのは大学生の先生。おっとりした女性で娘もすぐに懐いた。親としてはせめて平均点にと思っていたのだが、何と学年30番に入った。本人もびっくり。先生に夫婦でお礼を伝えると「いやいや娘ちゃんが頑張ってたので。私は見守りだけなので。」と。だけど先生が来てから娘はなんというか勉強の要領が格段に良くなった。おまけにお手伝いもしてくれるようになった。前はブーたれてたのに。
娘に聞くと「大学生になるとねー人暮らしになって、ママのやってるお仕事も一人で全部やんなきゃいけなくなるから予習のつもりでお手伝いしてた方がいーよって先生が言ってた。」と。もう何というか感動した。週2回に増やして欲しいと娘もやる気になっていたので、先生に契約変更をお願いすると、お断りされてしまった。先生は医学部で看護を専攻してらっしゃるのだけど、将来色々な職業の患者さんと接することを考えて週一で色んなバイトを掛け持ちしてるんだって。工事現場のバイトや警備のバイト、飲食店や本屋、果ては農家のお手伝いまでそりゃもう幅広く経験してた。「知ったかぶりで生活指導なんてされたら、私が患者ならムカつきますからね。その仕事のキツさとか特徴とか身を以て学んでみたいなと思いまして。女だから断られる仕事も多いですけど、大分私もしつこいので。拝み倒しました。」と仰るので何で家庭教師もしてるのか聞くと「小児の患者さんで、学校を長期間休むと親御さんも本人も勉強の遅れを心配なさるんですよ。院内学級とかもあるんですけど、少しでも勉強教えられたらいいかなって。甘い考えですけど。」って。娘は感動して、勉強頑張って先生と同じ大学にいきたいって言い始めた。そんで早速2人で部屋に篭って勉強してた。娘のやる気は持続して、ついに学年一桁に順位を上げた。旦那も私も心配になるくらい頑張って、県内有数の進学校に入学。そこでも勉強頑張って、なんと宣言通り先生と同じ大学に合格。先生が大学院に進学したので高校卒業まで面倒みて貰えたのが幸いした。
うちは本当に先生に恵まれたけど、他所の家庭はやる気のない大学生ばかり派遣されて散々だったらしい。もしもうちに派遣されたのがあの先生じゃなかったらと思うと少し怖い。
にしても看護の教科書ってお高いのね…。タイムリーに少し家計が修羅場よ。


672 :名無しさん@HOME 2013/05/08(水) 16:50:04 O
幼稚園の時、兄のクラスメイトに連れ去られた。

通っていた幼稚園にはバスが無く、保護者がお迎えに来て自転車で帰る、みたいな方式をとっていて
基本祖父が迎えに来ていたんだが、時々、兄(当時高1)が迎えにくることもあった。
高校が幼稚園の近くで、多分テスト週間かなんかの時、ついでに私を拾って帰ってたんだと思う。

で、ある日、兄が女の子と一緒に迎えに来た。
よく覚えてないが、そのお姉さんに、めちゃくちゃ可愛い、と褒められたと思う。
兄は始終ぶすっとしていたんだが、いつもからかってる私がチヤホヤされて、面白くないんだろうと思ってた。

私が母に報告すると、母は「ガールフレンド?」とニヤニヤしてたが、兄は全力で否定してた。

しばらくして、兄じゃなくて、お姉さん一人がお迎えにきた。
「私ちゃんのお家は、御用時があるみたいだから、お姉ちゃんのおうちで遊びましょう。お芋とケーキあるよ」
セキュリティーとか当時の幼稚園は甘かったし、私も「お兄ちゃんの友達なら良いよね」と、ホイホイ付いてった。
あと、当時ふかし芋大好きだったので、それだけで行く気満々になってた。

お姉さんが、めっちゃスピード出して自転車こぐのが怖かった。

お姉さんの部屋に通されて、おやつとか出された。
あまり記憶に残ってないので、普通の民家だったと思う。
すごく丁重にもてなされてた記憶があるんだが、お姉さんは何かにつけ「○○って言って」と私に要求してきた。

360: 名無しさん@HOME 2013/05/29(水) 12:47:49.96 O


 
私が8歳のとき二つ上の兄が病気で長期入院していて、
両親とも家にあまり帰らなくなっていた。

私は学校帰りや習い事の合間にお見舞いに行き兄と遊んでいた。

ときには病院に内緒で勝手に泊まり込んで看護師さんに怒られたこともあった。 

ある日夜中に起きてリビングに行くと、 
両親と綺麗なお姉さんが難しい顔して話し合っていた。 
「起こしちゃったわね…お父さんの会社の人と大事な話してるのよ、お部屋にいってなさい」 

と母に言われまた寝た。

お姉さんからは軽く会釈されたのを覚えてる。
それから一月くらい経ったときにそのお姉さんに

「久しぶりだね」
「お父さんお母さんから頼まれたの」
「いつも一人でお留守番して偉いね」
「学校は連絡してあるから大丈夫」
「お兄ちゃんには内緒だよ」
と車で遊園地に行くことに。
お父さんの会社の人だと前に母から紹介されてたのですんなりついていった。
綺麗なお姉さん、柔らかい雰囲気で優しそう。

何一つ疑わなかった。


523: 名無しさん@HOME 2011/12/11 23:11:31
隣りのお姉さんが自分の家に火をつけてついでにうちも類焼したときかな
そのお姉さんが妊娠してて相手はオレだって言われて修羅場ったw
もちろんオレに身に覚えはない
相手の親が学校に言ったので高校退学になりそうになった

きれいなお姉さんだったんだけど
妄想が酷くて薬も効かなくて入院した
多分今も入院してる
時々なに書いてあるのか分からないはがきが実家に来る


このページのトップヘ