今日の人気記事

お通夜

21 :愛とタヒの名無しさん 2020/08/13(木) 00:11:50
少し前のことだけどすごくショック
2回面接してお断りされた
アプリを通して起こった愚痴話させてくれ

1回目は猫カフェ、2回目は別の動物カフェ(マイナーだから一応伏せとく)だった

1回目の猫カフェで、お相手の男忄生には胡座の上でステイしたり結構懐いていた
私のことは大抵スルー。男忄生はペット飼ってるし私は好きとはいえ慣れていないからまあそんなもんかと思った
2回目の動物カフェは、こっちは猫と比べてペットとしても一般的ではないし、下手すると噛まれたり暴れるからと注意を受けた
もちろん動物さんに失礼のないようそれは守った
でも相変わらずお相手には懐くけど私には全然寄ってこない
最初は、男忄生も店員も「あはは笑」って感じだったんだけど、おやつタイムで餌をやる時に目の前の子に手を出したら(餌やりの時はそうしろと言われたから)斜めサイドから寄ってきた子に手を何回か思い切り噛まれた
その辺から段々と呆れモードになって、店員には痛っとボヤく私を一瞥しては溜息をつかれ、お相手も最早私との会話等をやめて1人で写真や触れ合い他のお客さんと絡むようになった
何度か店員が私に動物が寄ってくるよう誘導するんだけど「ほらほら、お仕事だからねー接待だよ、接待!お金頂いてるんだから!」と嫌味?を込めて誘導してくるようになった
帰り際、私の前にいた他のグループとお相手には「ありがとうございました」を言っていたけど、私が出る瞬間に、なんかわざとらしく鼻で溜息をつきながら後ろを向いた
えっ気のせいかな?…と思ったけど連れの男忄生が「なんか申し訳ございませんでした」って謝ったから私もあぁやっぱりと謝って退出した
その後ご飯食べたけど、カフェのことを話そうとすると苦笑いしてはぐらかされるなどお通夜状態でお別れした
その後「子供や動物のお世話よりお仕事頑張ってる方がお似合いかもですね。またいつか機会があれば!」と言ったLINE来て終わった
よくよく考えたら、別に動物叩いたり執拗に触ったり(寧ろ数える程しか触れてない)した訳でもないのになんで謝るんだ…と思いつつ
こんなにも動物に好かれないことと、店員にも男忄生にも1-2回で完璧に嫌われる自分と二重にショックだった
そりゃ動物にもお店にも迷惑掛ける女なんて連れて歩きたくないし子供産む資格ないんだわ

長くてごめん
もう婚活辞めようかな…


105 :愛とタヒの名無しさん 2016/01/30(土) 15:30:44 ID:YOCZoNMv.net
披露宴参加中?終わったのかな?の友人からLINEがきた。

ほぼ親戚と職場で50人くらい、友人はC子を入れて3人のみ。
A男(新郎)とB代(新婦)はC子を見て怯えてる
余興なし、スピーチは当事者にしか伝わらない程度の遠回しな批判。
お通夜みたい。
私子ちゃんから祝電って読まれてたけどほんとに?

送ってない。送るわけあるか!
だってこれ、略奪婚の披露宴だもの。
私は欠席、周囲も欠席。友人は取引上の付き合いがあるから参加している。
略奪されたC子が出席すると聞いた時にはみんなでびっくりして止めたが、あの子はたぶん頭がおかしくなってしまった

祝電捏造って何かうまいこと文句言えないかなあ…腸煮えくり返ってきた

728: 愛とタヒの名無しさん 2010/01/29(金) 11:13:35
先日、イナカの母から聞いた話。

ご近所さんの次男坊が結婚するということで、親類筋のうちも披露宴に招待されて母が出席することに。
会場までバスで行ったんだけど、その道すがらおばちゃんたちから、
新郎新婦の話をチラリ聞かされたとか。
なんでも、新郎とそのご両親は、しばらく会ってなかったそうで、
結婚も、いきなり奥さんになる人を実家に連れて来て、事後承諾のような形だったとか。
式場やら何やら全て新郎新婦が手配し、両家の親も式一ヶ月前に顔合わせ。
ずいぶん慌ただしいと問いただしたら、奥さんになる人は妊娠中。
そこでもひとモメあったようだが、今更結婚をやめるわけにもいかず、了承したとか。

で、披露宴。
酔って暴れだす人もなく、順調に進行。
お色直しで中座していた花嫁が、会場に戻ってきた。
その姿がチマチョゴリ。
会場が一時シーーーーーンとなって、その後騒然となったそう。
新郎の母親は泣き出すし、父親は何事か怒鳴っていて、招待客も唖然呆然。
新郎の両親は、途中で席を外して戻ってこなかったし、
本家さんとか近い親戚も席を立って「おーい、帰るぞー」と言って会場を出て行ったため、
母達お呼ばれ客もそれに追随する形になったとか。

新郎の両親も親戚も親類も、だあれも新婦が在日さんと聞かされてなかった。
帰りのバスの中は半分お通夜のようだったって。


776: 名無しさん@HOME 2011/05/27 08:08:49
Aさんは先妻との間に3人娘がいる人に嫁ぎ、かなり苦労をした
男の子を一人産んだが、義理娘たちに散々にいびられてそれでも愚痴一つ言わずにいた
娘たちは嫁いで行ったが、金銭の無心以外一切実家に行くことはなく、父親が亡くなった時も真っ先に遺産の話を通夜の席で持ち出していた

昨日、葬斎場で行われたAさんの通夜に娘たちが来た
が、口にしたのは異母弟が鬱なのを理由にした
「家を売りなさい」
という言葉
そうして少しでも遺産の取り分を自分たちに増やせと言うのだ
「私たちも娘に違いはないんだから」
Aさん息子は家族もいるし、孫もいる
娘たちに取り分があるのか分からないが、近所の人もいる中で騒ぐ騒ぐ
それにAさん姪のうちの母がブチ切れた
グーで長女を張り倒すと床に倒れたのを引き起こし、そのまま外に引っ立てて行く
その後を慌てて妹たちが追い掛けて行った
しばらくするとある部屋から母の声。元教師なのでよく響く声で今までの娘たちの所業を説教していた
1時間近く説教し、出て来た娘たちは50近くなのに全員ギャン泣き
母は鬼気迫る表情で
その迫力にAさん息子も怯えていた
が、母は近所の人たちから「よく言った!」と拍手されていた

94歳の長寿だったAさんだったが、幸せだったのはほんの少しだった
その最後があれではあんまりにも・・悲しかった


このページのトップヘ