今日の人気記事

すっきり

263 :sage 2012/01/09(月) 00:38:55 0
お正月めったに会わない親戚に再会して、女ばかりで楽しく雑談しているとき、
小学校高学年から高校くらいまでの自分の言動が、誰スカとして
若奥様がたに楽しまれていたことを聞いた。

以下その例

おばちゃんA「妹(老人ホームに入所)のところに行って世話してきたのよ。
本当ならお嫁さんがしてくれることなんだけどねえ」
私「A妹おばちゃんがいいお姑さんだったらしてくれたと思うよ」
(A妹は親戚で知らないものはないクソ姑)
A「・・・・・・・・・」

おばちゃんB「親戚の○○ちゃんは進学校に入って優秀な成績。
それにくらべてうちの孫ときたら・・・
やっぱり母親が中卒だから、孫も似たのかねえ」
私「Bおばちゃんに似なくてお母さんに似たら、お料理上手だよ。
Bおばちゃんはどこの学校だったの?」
(Bは親戚で有名な料理下手。そして中卒)
B「・・・・・・・・・」

おばちゃんC「男の子は元気が一番。
うちの息子は生まれつき体が弱くて苦労したわ。
それなのに嫁はこの寒いのに平気であんな薄着をさせて」
私「え、おじちゃん大人なのに自分で気をつけられないの?
誰も教えてあげなかったの?
教えても自分で気をつけられないの?」
C「・・・・・・・・・」

続く


64: 名無しさん@HOME 2009/04/22(水) 05:45:21

結婚=同居始めた当日に、 
「嫁たるもの、アテクシより早起きしてアテクシの部屋前で三つ指ついて『お義母様、おはようございます』と挨拶して起こしない。」 

とおっしゃるので、 
ヤケクソで一年間やっていた。 
ある日調子に乗ったトメ、「毎度毎度、同じ挨拶で変化が無いわねぇ~たまにはしゃきっと目覚めたいわぁ」 
と、おっしゃるので 
直結一㍍の銅鑼を鳴らしてみた。 

とてもしゃきっと起きる事ができたみたいで嫁子嬉しい!


ちなみに銅鑼は、趣味で市民楽団に在籍しているので無理言って借りてきました。
ご近所さん、ごめんなさい。
明日は銅鑼の代わりに、
トランペット吹きます。

67: 名無しさん@HOME 2011/06/06(月) 13:27:23.24 0

シモ系注意。



結婚当初は普通だったのに、義弟が彼女と同棲しだしてから私を敵視し始めたトメ。
多分義弟を取られてアテクシのムチュコタンがいなくなった(それまで義弟溺愛だったし)
+義弟は県外うちは市内ということでターゲットにされたんだと思う。

アポなし凸、居留守を使ったら着信の嵐、家にあげたら早く孫梅
でもムチュコタンとHするなんてこの淫売とかなんというダブスタ。
当時まだ現役だったウトと気の弱い夫じゃ防波堤にならず、ノイローゼになりかけてた。

そんな時義実家関係の法事の為、私義実家へ。
トメは人がいるところでは普通なんだけど、
ふたりっきりになった途端ダブスタかましてくる。
Hしなくて子を産む方法もある、とっとと卵子掻き出して来い。
産んだらお前は用済みだ出て行けとかもう酷すぎた。

私もとうとう切れてしまって、
「セック○しなきゃ子供ができねーんだよ!
旦那とのセック○すんのが淫売なら、ここにいる女どもみんな淫売じゃないの!
トメさん、あんただって淫売なんだよ。
だってウトさんとセック○したから旦那が生まれたんだろうが!」
と大絶叫。……あの場に子供がいなくて本当に良かったorz

トメは眼を白黒させた後、何故か
「あたしはお父さん(=ウト)とセック○なんかしてないわよ!!
あたしは淫売じゃない、だってセック○してないもん!!」
と逆切れした。その場の空気が凍りついた。


調べてみたら旦那はウトの子供じゃなかったとです。
トメは離婚され実家に引き取られていきました。
ウトと旦那は相当落ち込んでたけど今も親子やってます。
今度ウトさんと同居することになったので記念カキコ。
ウトさんは超良ウトです。


718: 名無しさん@HOME 2008/05/05(月) 21:02:43
 
ちょっと長い話ですけど書かせてください。

色々と職業の事がありますので、フェイクをかなり入れます。 
私のトメ(以後お母さんと書かせてください)は物凄く良トメ。

勿論、そんなトメを生んだ大トメ(以後おばあちゃんと書かせてください)も良大トメ。 

ウトはもう他界しています。 
私は、実の両親が毒でして奴らが作った借金を返すために 
「商売女になって働け!」 
っていわれて、お風呂屋さん系の店で働いていました。

夫はそこにたまたま上司の付き合いとやらで来て、私のリップサービスに真剣になりました。 

最初は「カモだわ」なんて私も悪い心で考えていたんですが、
夫はとてもなんと言うか純粋で、私の話に直ぐに同情しちゃっていました。 
いつの間にか私は彼をカモではなく、「悪質業者に布団とか売られてしまう心配な人」になってしまいました。 

そして、彼は私にプロポーズ。


でも借金がある為に、何度か拒否していました。
嫌とかではなく、私にはもったいないと心から思ったので。

しかし、彼の押しの強さに負けてしまい、じゃあ食事だけ…じゃあドライブだけ…と何度かお付き合いをし、同情ではなく愛情であると結論が私の中で出ました。
彼は、「親に紹介したい」と言うので、躊躇いながらもお会いしました。
勿論、強烈に反対され拒絶され追い出される覚悟です。
実は以前もそういうこと何度もあったので「甘い夢見てるんだ、今日全部覚めるんだよ。罵倒されて。」なんて思いながら彼の家へ行きました。

お母さんは、私を見てニッコリ笑って迎え入れてくれました。

おばあちゃんも直ぐに家の奥から出てきてくれて、丁寧におもてなししてくれました。
「あれ?私の仕事知らないのかしら?」って錯覚するぐらいです。
お母さんは、まごまごしてる私をみて、口を開きました。
「貴方の今のお仕事とか私たちは知ってるの。
でも、私の息子の選んだ人ですもの。それに実際にお話したら楽しい方ね。
何があったかは知らないけど、私たちは未来へ行くの。過去なんて関係ないわ。」
とおっしゃってくれました。

涙がボロッボロこぼれました。

753: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)01:44:48 ID:???

彼女と会ったのは田舎の工場に、飛ばされて2年位経った時かな。
ある理不尽な修羅場で異動になった事もあって、仕事が終わったら飯作って寝る生活。
長期休暇も地元にも帰らずに部屋でじっとしていた、休むのも苦痛で仕事がある時の方が気楽でよかった。
工場のまわりには飲み屋もなく、帰りにスーパーによるだけの生活だった。

その日は、朝から風が強く嵐が近づいていたので、スーパーで買い物を済ませて車に戻る途中で
強い雨と風で自転車を持って立ち往生している彼女と目があった。
職場では顔は知っているが、あまり話したこともない派遣社員である事は知っていた。
俺は、この嵐じゃ自転車じゃ無理だから家の人に迎えに来てもらったらと言うと
彼女は頼める人がいないと言うので、俺の車で送る事にした。
俺のアパートの向かいのアパートに住んでいることが分かったので、家まで送る事にした

次の日、一緒に車で出勤して帰りに自転車が置いてあるスーパーに行ったが
彼女の自転車が無くなっていたので、自転車を買うのにも徒歩じゃいけない距離だし
自転車を購入するまで俺の車で通勤することに。
それから彼女が気を使ってくれて、おかずを持ってくれて一緒に晩飯を食べたりしてた。
彼女は、感情を表に出さないし、聞いたことしか答えないけど
それでも彼女の生い立ちをポツリポツリ、話してくれた。
放置子でネグレクトにもあっていて、施設に預けられて高校卒業後に働きだしたが、
親が稼いだお金を全て持っていくので周りの人に助けられて、
誰も知らないこの土地に逃げてきたことを話してくれた。
彼女が自転車購入後も天候の悪い日は、一緒に通勤することも多くなり
自然に広めのアパートで一緒に住むことになった。

295: おさかなくわえた名無しさん 2007/10/03(水) 04:06:38 ID:0IGHYmI8


 
私のダンナは、以前はよく友人や親戚を家に呼んでいた。 

そのたびに私は胃がキリキリしながらも「これも妻の務め」と精一杯もてなした。 

多いときは7~8人呼ぶこともあり 
私は持病の坐骨神経痛の痛みに耐えながらずっと台所に立ち続け 
大人数に見合う酒の肴(ダンナの友人は酒豪が多い)や料理をひたすら作り続けた。
ダンナはといえば、客らと私の知らない趣味関係の話題などで盛り上がり 

私に対してはたまに「つまみがそろそろ無くなりそうだぞ~!」と声を張り上げるだけ。 

もちろん料理を運ぶのさえ手伝おうとしない。
ダンナが呼ぶ客の中には女性がいることもあったけど
彼女達も私を手伝うなんて思いつきもしないのか、どっしりと座りこんで
私が運ぶ料理を当たり前のように食べ散らかし

空いた皿もほったらかしで「なんかテーブル狭いね~」とか言っている。

それどころか「もうお酒がないんですけど~」と背中越しに私に催促する始末。

そうやって私は休日のたびにダンナが連れてくる不躾な客たち+ダンナを

たった一人でもてなしていた。

655: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/25(月) 19:42:29.79 ID:9/3rsJzH
 
俺の場合は机に穴を彫られても、プラモデル用のパテで修復してたな。 

これだけじゃ何なので、小話一つ。 
友人は自営業の倉庫屋。海沿い。 
夜釣りの際に道具を作ったり、水道で洗ったり出来て便利。 
そんなある深夜、釣りの途中に倉庫裏の自動販売機で缶飲料でも買うかと 
歩いていくと、どこかのガキンチョが数名たむろしていて、倉庫の壁にタギングという

スプレー落書きをしているところを発見、取り押さえた。
でもって抵抗するので携帯電話を取り上げ、自宅に電話、親を呼びだす。

夜中に叩き起こされた親がキレながら車でやってきたので、
壁の落書きを見せて、どうするか尋ねた。
そこだけ消すか塗り直せばいいだろ、と開き直ってきたので、
キレた友人。そこだけ色が変わるから全塗装しろ、と言いだした。
全塗装といっても、その倉庫は1000坪はあるバケモノサイズ。
見積もりだけで数百万円コースなのは目に見えている。
落書きはん親がはんにんに何故書いたかを問い詰めると、はんにんは「かっこいいと思って・・・」

そこで友人が「ふーん、これがカッコいいのか」と褒め始める。
はんにんとその親が安堵した瞬間、「じゃあこのカッコいいの、ここにも描いてやれ」
と指さしたのは、はんにんの親の乗ってきた、納車したての新車のアルファード!
「全方向から見えるように全面に描けよ、それか警察とどっちがいい?」と迫る友人。
結局警察を選んだのでパトカー召喚、落書きはんは警察に持って帰られました。

なお倉庫は、修繕費を業者定価で頂いて、友人が自分でホームセンターペンキで

そこだけ塗って治してました。


677: 本当にあった怖い名無し 2012/10/06(土) 21:48:41.45 ID:qNQrSaod0

俺も1つ、小さな復讐を。 

高校に入って、
幼馴染だった女の子と付き合い始めた。 
俺はまあ普通に
付き合ってるつもりだったんだが、

ある日彼女に呼び出されて行ってみると、 

彼女の隣には
俺も面識のある大学生の男。

724: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/30(木) 21:37:55 ID:tQhIV1RO

以前に、俺のばあちゃんが担当者含めた
糞スタッフ共に尋常じゃない程むかつく対応されて
変な商品無理矢理買わされて、
返品したいって言っても聞く耳も持たず
謝りもしなかった通販会社が
20名の大募集なんて広告出しやがったもんだから
地元と高校時代のツレや後輩の中からまともな奴30人ぐらい集めて
各自面接受けに行かせて
内、俺含め19名が採用された。
 
もちろん初日の研修は全員ちゃんと行って、
仕事が出来るとこを見せつけた。

残りの一人は休みなのか、最初からいないのか、
研修はおれら19人だけだった。

もちろん、おれらは他人のふりを装った。
そして、本番業務初日の今日
俺を含めたツレ19人全員でバックレてやったwww

1週間の短期の仕事で、
今から追加募集しても間に合わないからか
すげー焦ってやんのwwww

ツレと一緒に遊んでたんだけど、
みんな携帯ずっと鳴りっぱなしw

受信業務なんだけど、
おれらが公衆電話からひたすら
かけかけまくったら
責任者マジ泣きそうになってんのw

おまえらみたいに、電話先の相手を
金使ってくれるゴミ位にしか思ってない
会社なんか潰れちまえよww

おい、糞会社!!
今後も募集する度に、俺の人脈総動員して
徹底的に潰しかけてやっかんな!!!
 
おまえらの財務に関する悪事はこっちで
全部調べてあんだからな!!!

ま じ で 潰 す ぞ


364: 愛と死の名無しさん 2011/02/23 11:08:34

357 と似たような設定で新郎新婦が不幸wwwになった話。 
数年前の話だが、もう時効だろうということで書く。 

俺は新郎と同僚。新郎新婦が社内結婚だったので、 
会社の同僚だけで男女20人近く出席した。 
もう最初から集金婚が見え見えだったけど、新婦がコネ入社ということもあり、 
上司命令によりほぼ強制的に全員出席。(たいしたコネじゃないんだけど、まあ義理で参加) 
披露宴ではファミレスですか?というショボイ食事に3000円相当のカタログギフトが引き出物。 
そのくせお色直しは3回か4回して、一時間の時間延長。 
会社同僚一同どん引き、かつ腹ぺこ。

引き続き二次会へマイクロバスで強制的に連れて行かれ、
1万円以上の会費を支払わされるも、スカスカの内容の立食パーティー。
食い物は始まった時点で新郎新婦の友人とかにすべて引っさらわれ、
飲み物はジュースのみで、本気でみんな切れる寸前だった。
(新郎新婦の友人も腹ぺこだっただろうから、奴らに恨みはあまりない)


このページのトップヘ