今日の人気記事

それでいい

283 :名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水) 11:36:44 ID:BdD
秋のよく晴れた日になると思い出す。

3歳の秋の日、母が朝からおにぎりを作ってくれて、「お出かけしよう」と言って電車に乗って遠くに行った。
行き先は山も海も見える田舎町だった。
真っ白い堤防のようなところで、母がベンチに座らせて、「ちょっとお母さん飲み物買ってくるから待っててね」と言った。
ベンチにお弁当と水筒と上着を置いた。

「わかった、ママありがとう。バイバイね」と言ったら、母は顔をそむけて走るように去って行った。
私はぼんやり座ってた。山はまだらに赤くて、空にはトンビが飛んでた。
しばらくして母は戻って来て、無言で一緒に弁当を食べて家に戻った。

成人して家を出て行くという日に、母はあの日の話をして、「あなたを捨てようとしてごめんなさい」と詫びた。
私は当時気付いてなかったふりをしたけど、勿論気付いてた。
それどころか、母があんまりに私の存在を疎んでるのを知ってて、大好きな母が楽になるならそれでいいと思ってた。
寂しいけどこれもしょうがないことなのだな、と。
捨てられた私は次はどこに行くんだろうとボンヤリ考えてた。

去年結婚して、結婚式には両親も出席した。
私を捨てようとした母と、他人にむやみに金貸すのが趣味で散々妻子を苦しめた父。
私も順調なら年末に初めて親になる。
出来れば良い親になりたい。


263 :名無しさん@おーぷん 2017/02/16(木) 23:13:17 ID:Nig
自分の無神経さに全く気付いてなかったこと。

数年前、私は当時の彼氏に振られてどん底だった。
(恥ずかしながら私は体が弱く、よく寝込んで
「結婚したら寝込んだ時家事や俺の飯はどうするんだ」
と振られた)

同じ会社の支社の社員として知り合ったので、
配置換えで顔を合わせることもあると考えると憂鬱だったが、
顔を合わせることなく数年が経過。
思い出すこともなくなっていた頃、私と元彼の交際を知っていた同僚と遊びに行った。
お喋りしながら、ふと「元彼は元気かな」と思い出して言ってみたら、同僚の顔がこわばった。

元彼、私と別れた後に仕事で鬱になって自サツしてた。
元彼は交際当時契約社員で、正社員目指して何年も頑張っていた(私は正社員)。
まあ合格して結婚話が具体的になった途端振られたんだけどorz
採用後配属された支社に馴染めなくて鬱になったそうだ。
きっと辞めたいが数年の努力を無にしたくなくて追い詰められてしまったんだろう。
同僚は私がショックを受けているだろうと思い、
周囲で協力して極力元彼の存在に触れないようにしてくれていたらしかった。
元彼がそんなことになり、周囲がそれだけ気遣ってくれていたのに全く気付かず、
いたって無神経にのほほんと生きていた自分に衝撃だった。

このページのトップヘ