今日の人気記事

ぼっち

673 :名無しさん@おーぷん 2016/12/29(木) 00:21:19 ID:ziM
大したことじゃないんだけど、この季節になってまた思いだしたので。
長いです。

中学生の時にいじめられてた。地味でどんくさくて成績もパッとしない転校生だったので
虐めやすかったんだと思う
それ自体は今あるような、大けがをしたりお金を取られたりとか大変なものでなく
悪口言われると集団で指さしながらpgrされるとかすれ違う時にぶつかって来るとか、
まあ一つ一つは我慢できないようなものではなかった。
ただ毎日何度もやられると結構きついし、仲良くなりかけた子も巻き添えを恐れて
離れて行ってしまったりしたのもつらかった。
そんな中Aとはいつも一緒にいた。
Aも地味でどんくさくて成績もパッとせず、他に友達がいなかった。
しかしいじめられているわけではなかったので上から目線に「可哀想だから付き合ってあげてるんだよ?」
「私がいなかったら他に友達いないんだよ?」「友達でいてあげてること感謝してよ?」といつも言っていた。
そして「肩凝ったから揉んでよ」「パン買うのついてってあげるから1個奢って」「そのおかず私の好きな奴だしくれるよね?」と搾取され続けた。
まだ中学生でぼっちになる勇気も持てなかったので嫌だったけど一緒にいた。

卒業後はその中学から8割ぐらいが進学する平凡な高校に必タヒで受験勉強してなんとか滑り込めた。
いじめグループは底辺女子高に行った。
Aは私と同じぐらいの成績だったけど「どうせ入れるわけない」と勉強せず、底辺女子高すら落ちて
名前さえ書けば入れるような高専に入った。

高校ではいじめられることはなかったけど、仲良くなりかけた子に手のひら返されたりAに搾取されてたり
級友にいい思い出がなかったのでぼっちを貫いた。


71 :名無しの心子知らず 2012/06/09(土) 08:41:03 ID:YTUs9rwl
同じマンションで子供を同じ幼稚園に通わせてたAさんに子供の友達をクレクレされてる。
家のマンションの学区はα小学校なんだけど、幼稚園はβ小の学区にあって毎年卒園生の
5~6割くらいはβ小に進学する。残りの4~5割は数人~10人くらいずつ私立も含め
いろんな小学校にばらける。(園バスが充実してるのでけっこう広範囲から通ってる)
Aさんは、「うちの子は繊細で人見知り。幼稚園で仲のいいお友達と一緒がいいワ。」と
β小に越境入学させた。うちは学区通りα小に。それが3年前の話。

125 :名無しさん@おーぷん 2016/12/17(土) 00:35:11 ID:n5O
昔の話だけど語りたいので書きます

高校卒業して数日後、中学時代の同級会の案内が来たんだけど参加費が異常に高かった
会場は食べ放題があるカフェでHPで調べたら一人あたり2500円。なのに参加費は男女共に1万円……

ありえない参加費で行きたくなかったけど、親が厳しくて仕方なく参加
中学時代の私はもの静かで仲の良い人はいなかった(所謂ぼっち)ので誰からも話し掛けられる事は無く、ただ食べたり、飲むだけ

グダグタと過ごし、同級会が終わって帰ろうとした時、幹事が「いや~金貯まったわぁ~」とニヤニヤしてた
すると「この金でカラオケ行こう!」と言いだしたからびっくり
担任も行こう!行こう!とノリノリでどん引き
「○○(私)も行くよね?」と言われたけど「ごめん、バイトあって…」と嘘ついて帰りました


よく思えば中学時代のクラスは異常だった
担任がキリスト教信者で「愛は勝つ!」だのやたら「愛は~」と叫んでたし……

498: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/19(火) 18:00:31 ID:JhG9SKxk
見知らぬ人の武勇伝というかGJ話だけど。 

小学3年の頃、同じクラスに親から虐待されてる奴が転入してきた。 
口止めされてたみたいだけど体育の着替えのとき体中に痣があったし、 
見るからに痩せすぎだし風呂もろくに入れないみたいで臭かった。 
服もボロだし、いつも陰気そうにしてた。

運動会のときが一番悲惨だった。
そいつの親だけ来てなくて、弁当もなし。
皆親と一緒に弁当食べてるのにそいつだけ
運動場の端の水飲み場でポツンと寂しそうに座ってた。

そしたら、何しに来てたのか知らないけど
怖そうな若い男数人がそいつに寄って行った。
ちょっと心配になって友達と一緒に様子を見に行ったら、
折り詰めかなんか貰ってて
なんで弁当ないんだとか親はとかいろいろ聞かれてた。

それから彼は学校に来なくなった。電話しても誰も出ない。
一ヶ月くらいして、別人のようにさっぱりした格好で血色もよくなり
明るい顔をした彼が、さよならの挨拶をしに学校に来た。
父親と祖父母と暮らしていたけど、
母親のところで暮らすことになったという。

詳しくは聞けなかったけど、運動会の日、
例の怖そうな若い男数人が彼の家に来て
何かを父親に言ったらしい。
翌日いきなり母親が迎えに来て、
それからずっと母親のところで暮らしている、
と言ってた。

彼とは中学のとき再会したけど、
前の面影は全然なくてすごく明るくて元気で
面白い奴になっていた。
あのときの若い男たちが何者なのか
いまだにわからないけど、GJ!と思う。


このページのトップヘ