今日の人気記事

アイドル

954 :恋人は名無しさん 2016/12/20(火) 22:31:53 ID:qAzYeeR1O.net
私は43歳の独身女性です
私は子供の頃から結婚願望がありましたが、結局結婚歴がないまま40代に入ってしまいました
私が結婚できなかった理由は、結婚相手への理想がものすごく高かったことにつきると思います
なんせ私は、私が好きになったアイドルじゃなきゃ結婚したくないと、アイドルとの結婚を本気で夢見てました
結婚相手になる男性を一般人なんかでは妥協はしたくない、とずっと思って生きてきました
私が10代の頃は光GENGIの内海くんとの結婚を夢みてました
20代前半~中盤ぐらいの頃はSMAPの木村くんとの結婚を夢みてました
20代後半ぐらいの頃はV6の森田くん、30代前半~中盤ぐらいの頃は嵐の松本くん、30代後半ぐらいの頃はHey!Say!JUMPの山田くんとの結婚を夢みてました
お目当てのアイドルに近づきたいがために、芸能界入りを希望してオーディションを受けたこともあります
現在はSexyZoneの佐藤くんと結婚したいと本気で思っていて、佐藤くんの追っかけに励んでいる日常です
理想は捨てたくありませんからね、妥協はしたくありませんからね
アイドルという理想の王子様と結婚したいという夢を諦めたくはありません

そこでみなさんの客観的な意見を聞きたいんです
この


915 :恋人は名無しさん 2017/10/24(火) 12:33:05 ID:nF3P6O290.net
彼女がホストのファンだった
と言っても、テレビか何かに出ているのを見つけて入れ込んだらしく
実際にお店に行ったことはないと言う
それは自分も本当だと思ってはいるが
これから行かないという確証はないし
何よりTwitterやInstagramで保存した画像を現像して保管しているところに引いた

362 :おさかなくわえた名無しさん 2013/05/26(日) 05:10:55 ID:ydigwozP
じゃあ流れ切る為にもスーッと冷めた話を一つ

私は中学生くらいから世に言う腐女子で、それは二十二になった今でも恥ずかしながら続いてる
ただ人に迷惑かけたくないし、できる限りは隠して、仲良くなった人にはちゃんと打ち明けるって決めてた
で、一昨年。仕事先の同僚に告白されて、でも私腐女子だよって言っても大丈夫! ってなぜか自信満々。大丈夫ならって付き合いはじめた
同僚はアニメとかには興味がないらしく、アイドルとかそう言う方が好きだと言ってた
個人的にアイドルはあまり好きじゃない(嫌いなワケでもない)ので、それもちゃんと伝えた。ら、「腐女子ってアイドルとか否定するよね、偏見?」とか
「アイドルはみんな頑張ってるんだよ、アニメとかより断然いい!」とか言い出す
しまいにゃ私の家に遊びに来た時、ベッドの下に閉まってた同人誌発掘して「気持ち悪ww」やら
「こんなの見ときながらアイドル否定するとかww」やら
「こんな子(某バスケ漫画の女監督指差して)よりまゆゆの方が可愛いしww」やら
得にアイドル否定した覚えも、可愛くないと言った覚えも、アイドル好きな彼を悪くいった覚えもなかったので、コイツ急に何言ってんだと思った
私はちゃんと自分が腐女子である事も告白したし、それでもいいと言ったくせに結局バカにする彼に冷めた

いや、こんな歳で腐女子なお前がクズとか言われたら何も言えないんだけどね

927: 恋人は名無しさん 2012/05/31() 21:08:13.65 ID:4pMJWmFl0

落ちる前に投下します 

俺男  
カノ子 かわいい 
チャラ男 チャラいがそう見えないイケメン 


カノ子はめちゃくちゃかわいくてサークルに入った途端アイドルになった。 
しかも、なんか都会に全くすれてなくて(彼氏いたことないファーストフードたべたことない、ゲーセン行ったことない、街で遊ぶことになれてない
など男達に守ってあげたいな~と隠れファンまでいたが、本人自体はさっぱりした性格だったため女子にも人気があった。 

俺はたくさん敵がいる中どうにかこうにか付き合う事に成功した。 
付き合って1ヶ月くらいのころサークルのメンバーの家に集まってるとなんとなく宅飲みになり、話題は俺達カップルの話題で盛り上がって二人で集中的に飲まされた、慣れてないカノ子はすぐダウンし爆睡。 
主役を失った飲み会はグダグダになりみんなで雑魚寝した。 


電気消して結構たった頃隣に寝てたカノ子の方から何やらバタンバタンと音がして目覚めた。 

目開けた瞬間、カノ子の頭が俺の胸に落ちてきた 
寝起きで頭回らなくてとりあえず状況把握しようとしたら、今度はチャラ男先輩の「うがあぁいだああぁぁぁ!!」という雄叫び。 
他の奴らも起きたみたいで誰かが電気をつけたら。 

なんだか物凄くもがいているチャラ男先輩、どうしていいか皆で狼狽えてたらカノ子がいつの間にか荷物を持ってチャラ男先輩に歩み寄り無言でチャラ男先輩の頭をサッカーボールみたいに蹴りあげ玄関に消えてった。 

寝起きの俺達はさらに混乱し状況を把握出来ずにいた。


このページのトップヘ