今日の人気記事

アトピー

  • カテゴリ:
735 :名無しさん@HOME 2011/02/08(火) 10:22:37 O
では私が以前したDQN返しをば。
創価信者のトメ。もー勧誘がうざいうざい。
典型的な狂信者。
嫁子さんも信心すれば幸せになれるわよ→信心でアトピーなおった人いるのよ
→嫁子さんのアトピーなおらないのは信心しないからよ!
でキレた。

自宅に広々とした仏間があるトメ。しぶしぶ応じる形で
『1回だけですよ』と言いつつ会合に参加。
その時についうっかり、見つけにくい位置に携帯を置き忘れてみた。
んで後日、信者が集まって何かしているであろう時間帯を狙って
着信音を鳴らしまくり。
着信音はあやまんJapanの『ぽいぽいぽいぽぽいぽぴー』
信者は年寄りばっかで揃って機械オンチなので、
不意に聞こえてくる『尻もて腰もてズコバコズコバコ♪』
『にんにんにんにんにんにんにんたらにんにんにん♪』
に大層混乱したとか。

携帯は2台持ってるし、置いてきた方もロックかけておいたので
電池きれるまでちゃらい合いの手を堪能してもらった。


48 :名無しさん@おーぷん 2016/06/13(月) 20:36:42 ID:大人のビデオz
スマホからごめんなさい。ちょっとグロ注意。
子供って無邪気で何するかわかんないよねと言った私に、母親が「あんたが言うな」と教えられた話。
4歳の頃、両親と私で某ネズミの国に行った。
ネズミの国から最寄り駅へのシャトルバスに乗っていた時、たまたま私の近くに同年代の女の子がその両親と一緒に座った。
女の子はひどいアトピー(たぶん)だった。夏で半袖を着ているのに、包帯やガーゼで腕をきっちり保護していた。包帯をしていない指も赤く爛れていたらしい。
女の子を見た私は自分の父親(看護師)に「あの子病気なの? 病院に行ったら治る?」と聞いた。
デリケートなことを大声で言うなと思いつつ、父親は「そうだね。きっと治るよ」と返したらしい。
それを聞いた私は女の子の手を取って、「痛いの痛いの飛んでいけー」とやりだした。
何回か繰り返して「早く治るといいね」と言ったら女の子に泣かれた。
彼女はアトピーが気持ち悪いとずっと幼稚園でいじめられていたそうな。
女の子の両親も、心配してくれてありがとうと言ってくれた。
無神経に病気に関して突っ込んだ我が子に、母親は肝を潰したわと私に肩パンしてきた。
何が衝撃的かって、その話をされた瞬間に当時のことをはっきり思い出したこと。今まで完全に忘れていたのに。
20歳を越えた今、自分がどれだけ無神経なことをしたのか自覚して戦慄した。
女の子の腕が物凄く痛そうに見えて心配になってしまったとはいえ、恥ずかしいし申し訳ないし当時の自分を土に埋めたい。
願わくば、あのときの女の子が完治していますように。

939 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 22:58:08 ID:sFeZgNty.net
アトピーで激しい痒みに襲われたとき。

指先が特に炎症酷かったため、家事のときはゴム手袋が手放せなかった。

食事の支度をしていたら、手袋に穴が開いて食材の汁が染み込んできたのか指先が濡れる感触とともに激しい痒みが発生した。
手袋ぬごうにも手が滑るし中は水気でピッタリ張り付くためどうにもならない。
手袋越しでは掻いても満足いく刺激にはならず、痒みは激化するばかり。
少しでも紛らわそうと手をそこら中に叩きつけていたがどうにもならず、しまいには痒みから解放されるなら指を切り落としたって構わないとすら考えてしまった。
ついさっきまで使ってた包丁がすぐそばにあったのでヤバかった。

切り落としたい衝動を必タヒに堪え、手袋に噛みついてどうにか手を引き抜くことに成功。
どうにか掻きむしることができた。

あのときは気が狂うかと思った。

このページのトップヘ