今日の人気記事

インターホン

123 :名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木) 02:04:37 ID:KR0
ふと深夜に思い出したことを書かせてください

あの日は夜勤明けでけたたましいピンポン連打に目を覚ました
時刻は夜中の2時。何事かと玄関に行くと「開けてください…」という男の声。
以下、男との会話
私「いま何時だと思ってるんですか?!ていうか用件は!」
男「あなた、お金を落としましたよ…それを届けに来たんですからドア…開けて…入れてください…」
私「どこでお金を拾ったのかと、私のものだとなぜわかったか説明できますか」
男が言うにはアパート近くのスーパーで私が買い物をしたとき落としたのを拾ったんだ、と
確かに仕事帰りにスーパーへ寄ったし、ズボラなものでたまたま鞄に入れてた給料袋からお金を出したのでそのとき落ちたのかもしれない
私「それが本当だとしても、普通は直後に落としましたよとか声かけますよね?」
男「いや…俺も仕事があったし…仕方なく家をつけて…仕事終わったから来たんです…」
もうツッコミが追いつかない
仕事中にスーパーで買い物してお金落とした女に話かけもせず、家までつけてくるかw
しかもこんな深夜に仕事が終わる会社なんて近所どころか町内にないってのwww(※超ド田舎)
私「お金って千円くらいでしょ、あげますから帰ってください。ご近所にも迷惑なんで」
男「そんなこと言わないで…お菓子、買ってきたんですよ…一緒に食べましょう…」
あああああ!!コイツ絶対、頭おかしい!お巡りさーん!
私「ちょっと、いい加減にしないとマジで警察呼びますけど?!」
男「………わかりました…」
ドアスコープから覗くとしょぼくれた男の姿が一瞬見えた。強気に出たけど本当はめちゃくちゃ怖くて玄関にへたり込んだ。


800 :名無しさん@おーぷん 2017/07/06(木) 12:12:07 ID:yA4
少し前の話
旦那の転勤に付き添って、某都市の会社借り上げのマンションに住み始めた頃のこと
昼食とってたら、玄関のインターホンが押されてドアを叩く音が聞こえた
そのマンションはオートロックの入り口だから、いきなり玄関のインターホン押されることはまず無かったから驚いた
一応応答してみたら、「○子だろ?ちょっと開けてくれよ、××だよ」と男性の声で言われた
私は○子という名ではない

不審なのでマンションのフロントに電話しようと思ったけど、引っ越ししたばかりで連絡先をどこに書いておいたか思いだせない
ドアを叩く音は続くし、「警察に通報?」と思って意を決して電話しようとした時、
外から「あらー○田さんのご主人じゃない、あははー久しぶり」と声が聞こえた
ドアスコープを覗いてみると、知らない男性と買い物袋抱えたお隣さんの奥様(わりとご高齢のおば様)が話してる

チェーンしたまま玄関を開けてみると、男性は私の顔を見て「あれ・・・」と呆然としてる
お隣さんは笑いながら、「この人ねーお宅の前の前に住んでた○田さんちのご主人なのよ、
いやーまあお互い歳取ったわねー」なんて言って、
それから「いいご夫婦に見えたけどね、このご主人がねー××町のお水の若い子と出来ちゃってねー
奥さんと子供二人置いてお金持って突然出て行っちゃってねー
奥さん子供養うのに転職するって言って、うちが時々夕方に子供預かったのよーああ懐かしいわー」と言うと、
旦那さんだと言う男性に「だからもう一家はとっくに引っ越したわけよ、この人は無関係」と厳しい声で言った

男性が「じゃ引っ越し先は?」と訊くと、「奥さん言わなかったし、訊かなかったわ、あんたが知らないこと私が知りますか」とお隣さんはにべもなく言い、
男性が玄関先でずっとボンヤリしてるので、「下のフロントで電話しないで誰かにくっついてとかで扉突破してきましたよね
警備に電話しますよ」と私が言ったら、
「夢が終わって、住んでた家はもう無くなってて、誰も待ってなくて、なんか浦島太郎みたいだ」と謎のポエム?をつぶやき、男性は階下に降りて行った

お隣のおば様はちょっとグイグイ個人情報聞いてくるタイプでそれまでちょっと嫌厭してたけど、
その事件のお礼を言ったのをきっかけにわりと仲良くなり、夫の転勤の終了まで楽しく暮らした
ちなみに○田家の連絡先は知ってだけど、「別に教える必要もないと思った」としらばっくれてたそうだ
「ご主人来たわよ」とお隣さんが連絡してあげたら、一家三人で爆笑してたそうだ
何でも「俺の本当に本当の運命の女」とお水の子を家族に紹介してたそうで、「運命はどこ行ったのよー」と大うけだったとか

94 :恋人は名無しさん 2009/02/09(月) 10:13:23 ID:1GpIy+UIO
昨日大変な目にあった。

近所に住むA男は私の旦那と10歳離れてる(A男が下)が趣味が合うため度々家に来ては旦那と語らい深夜に帰っていくことがある。
そんな縁で私とも単なる近所の人、よりはそこそこ仲が良くスーパーや道端で会ったら話したりもする。


昨日の昼下がり。アポ有りで自宅にA男が来たけど旦那不在(煙草買いにコンビニ。だがブラブラする癖があるため一時間帰ってこなかったりする)だったので、
とりあえず上がってもらい旦那にメール送信。「分かった、即帰るわ」と返信が来てすぐにインターホンが鳴った。
旦那はインターホンを鳴らさないので、チェーンを掛けてから(相手からはチェーンを外した音に聞こえたかも)鍵を開けて…ノブに手を掛ける前に
ガーン!!とデカい音を立てて扉が開いた。隙間からは「んのクソババァ!開けろコノヤロォ!A男オォォォいるんだろォォォォ」と若い女の子が叫んでる。
目の前の光景がワケ分からなすぎて、あぁ、銀魂(マンガ)の叫び方を口に出すとこんなんかなぁと冷静に分析。
ガッチャガッチャと引っ張られる扉。えーどうしよう何なのコレーと玄関のたたきで茫然としていたら、メンテを怠っていた扉のチェーン受けが 外 れ た 。
後で見たら抜けたネジの先端は曲がっていた。私を横に突き飛ばして廊下を疾走する女の子(可愛め)。通り過ぎた部屋にA男がいるのが見えたのだろう、
廊下を滑るように止まる女の子。「ええええ!」と叫ぶA男(そういや部屋から出て来なかった)。
部屋の中を見る気もせず玄関で尻餅突いてたら旦那到着。二人で部屋に入るとA男の髪を掴んで上に引っ張っていた女の子茫然。

このページのトップヘ