今日の人気記事

オカルト

609 :彼氏いない歴774年 2011/09/01(木) 22:25:15 ID:/aoQhL1h
幽霊を見た?こと

予備校から帰ると、一階は真っ暗なのに二階に電気ついてる部屋がある
母は家族全員帰ってくるまで、リビングの電気は付けて(何年か前だから節電の意識はあまりなかった、すまぬ)
二階で洗濯物畳んだりするので、あれと思い階段の辺りからお母さんと呼ぶと

「だあれえ」と返ってきたので、ちょww娘にだあれってあんたwwと思いながら
喪子と答えると「喪子おいでえ」と母が呼ぶ
私は家では名前ではなく、ちびでぶちゃんという愛称で呼ばれていたので、?と思っている間にも母はずっとおいでおいでと言い続ける

しょうがねえなwwと階段を登ろうとすると母が部屋からでてきて…

と思ったらなんか顔だけ上下逆になってる?めちゃめちゃでかい四つん這いになったの女の人がすごいにこにこしながらこっちにくる
びっくりして速攻で家をでて玄関の鍵をしめて、除き穴からみるとその高さに女の人が口をもぐもぐしながら顔を真横にしてにこにこしてた

怖くて自転車でお祖母ちゃんの家に行って、お父さんが迎えにくるまで帰れなかった
いなかった家族は私を置いてくら寿司行ってた。



207 :名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日) 17:29:04 ID:???
オカ板のスレタイが怖いのばっかりだったからここに書きます

私は二人姉妹で、姉の方。

妹はぶっちゃけ見える人。
小さい時から有象無象の何かをぼんやりだったりくっきりだったり見ているみたい。
私ははっきりとは見えはしないけど、何かの影が見えることもある。
妹がいたら彼女と同じものが見えたり何だかよくわからない。

私たち家族は一軒家に住んでいて、年頃になった頃から二階の二部屋が姉妹の部屋になった。
それまでは入口が一緒の二間続きの部屋だったのを、突き当りの壁をぶち破ってドアにして、アコーディオンカーテンで仕切った簡易的な別の二部屋にした。
狭い方が突き当りの部屋で、広い方の廊下に面した入口は引き戸で上の方にすりガラスがあった。すりガラスのドアの正面にはベランダに面した大きなガラス窓があったから、すりガラスからは昼なら明るい光が、夜なら国道の街灯の明りが入ってきてた。

で、よく見えるわけよ、そのすりガラスから人影が。
すうっと多分大人のひとが通る影。
家の階段は上るとギシギシ音がするから、誰かが上がってくるのはすぐわかったんだけど、その人影は音もなく、奥の部屋に消えるの。
ドア閉まってるのに。
ドアも大工だったじいちゃんが壁をぶち破った時に付けた簡易的なものだから、動かすとギイギイうるさいやつなんだけど。

最初は私が広い手前の方の部屋だった。
これは姉だからとか、もう中学生だからとかそういう理由だった。
それで影が見えるようになった頃から、奥の部屋に人がいない時に限ってタンスの持ち手をがしゃがしゃする音や、引き出しを開け閉めする音がするようになった。

28 :名無しさん@おーぷん 2017/08/25(金) 19:12:39 ID:mgU
長文オカルト失礼。

10年以上前、旦那が事故で亡くなった。
その命日が一昨日だった。
一昨日、寝てたら夢に旦那が出てきた。
旦那は生前、口数が少ないけどいつもニコニコしてて、夢でもそうだった。
毎月毎月、月命日に旦那が好きだったビール供えてたのに一回も出てこなかったのになんで今??
って思ってわちゃわちゃしてたら旦那が消えるような感じになって
なんか言わなきゃ!ってなって
私「い、痛かった?」
って聞いたら
旦那「いやー即タヒだったから痛くなかったよ」
って応えて消えてった。
そこで目が覚めた。

私も大概だけど旦那も旦那でなんか気の効いたこと言ってくれよって思った。
生前から気の効かない事しかいわなかったけどさー
来月は違ったお供え物にしようかしら

33 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 14:04:54 ID:iZR2Y4z90.net
俺的には、というか俺だけが洒落怖だった話。

姉貴の友達に、霊が見える人がいて、ある日その人(以下、友子さんとする)をうちに連れてきた。なんでも守護霊を見てもらうらしい。
たまたま俺も家にいて、姉貴は俺にも見てもらえとうるさいので、渋々従う。

友子さんは俺の方を見るなり一言、「あ、カッコいい」と言った。
曰く、背中に大きな刀を背負って、鎧を着たお侍さんが俺の後ろで、腕を組んでたたずんでるそうだ。
しかもつけてる鎧が、戦国武将みたいなやつじゃなくて西洋の鎧っぽい感じで、全身をガッチリ覆ってはおらず手足と上半身だけに付けてるらしい。
着物の上からそんな感じの防具を着て、陣羽織を羽織ってて、それがアニメやゲームのキャラっぽい印象で、それで第一声が「カッコいい」だったようだ。

友子さんは俺のそんな守護霊に興味を持ったらしく、その日以降も遊びに来ては俺を霊視した。
そしてまた別のある日、友子さんは一人でやって来た。姉貴じゃなくて俺に用があるらしい。
凄く真面目な顔だったので、部屋に入れて、話を聞く事にした。

「あのね、あなたの守護霊のお侍様なんだけど」
「はい」
「実はその人、守護霊じゃないの」
「……はい?」
「何回か霊視して、お話も聞いてみたんだけど、お侍様はあなたの作った守護精霊らしいの」

と言われた瞬間、背中がゾワッとした。

うちのじいちゃんはオカルト雑誌の愛読者で定期購読してて、バックナンバーも大事に保管してた。
俺が小6の時、その古い号に載ってたのが守護精霊の作り方という記事で、役割と名前、その他いろいろな設定を与えて、自分の願望を叶えるための精霊を自分で作るというもの。
細かいところまでイメージしやすいように、下手でもいいから実際に絵に描いた方がいいとあったので、当時の俺は守護精霊専用ノートを作って、そこに自分を守ってくれるサムライチックなヒーローを描いた。

348 :名無しさん@HOME 2016/07/21(木) 04:57:07 0.net
修羅場というか1年前弟(ニート)が即身仏に成り掛けた

働きもせず実家に居たんだが親がガチギレして着の身着のまま格安マンションに放り込んだんだ
1日後ゴミ部屋片付け着替えや私物と当面の資金30万(光熱費込み)送りつけてみたんだが
1ヵ月後飲みにいこうぜ~と誘ってた時はアルバイトもし始めよかったよかった、でなんとか一息ついたなと思ったんだが
その半年後、出張から帰ってきて飯でも食いにいこうぜと電話しようとしたんだが掛からない
忙しいんだな~と2~3日置きに電話するも出ない
こりゃおかしいと思いマンションへカーテンは閉めっぱなしでチャイムにも出てこない
大家にカギ開けてもらうとゴミ屋敷ならぬゴミマンション、邪魔な袋どけるとコバエがブンブン

その中でガリガリにやせた弟うつ伏せに倒れてるのを発見して病院搬送極度の栄養失調と欝で何いってるかわからない
おふくろと部屋片付けてると風呂場が銀色のテープでガッチガチに固めてあって剥がしてみると腐った風呂水だけだった

親父がマンション契約取り付けたとこ事故物件で風呂で孤独タヒした部屋なため格安だったみたいでお袋と俺唖然としたことがあったわ

16 :名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木) 23:20:37 ID:avQ
オカルトの話が交じるのだけど、当時私は結婚を考えている男性とお付き合いしてた
彼氏とデートに出かけるとき、駅でふと見知った顔を見かけた
その人は中学の頃にクラスメイトだった人で、特に仲良くなかった
仲が悪かったわけじゃないんだけど、相手が自立しきった一人でいても平気なタイプで、特に仲良くなる機会もなく一年過ぎた感じの人
その人が私達のことをじーっと見つめてたので、もしかして私に気づいたのかな?と思って声をかけた
「久しぶり!」
彼女は一瞬え?っと言う顔をした後、話を合わせようと「久しぶりです」と返してきた
明らかに私と気づいてない様子だったので、「中二の頃クラスメイトだった森だよ。あから顔をよく男子にダルマってあだ名でからかわれてた」
彼女はそこで私を思い出したようだった
「ユキエさん?」
「そう!」
私は流れで彼氏を紹介したんだけど、彼女は見開いた目でジーッと彼氏の少し斜め後ろを見ていた
電車が来るまで時間があるから彼氏に待っててもらって彼女と結婚考えてるんだーとか話してたんだけど、彼女は別れ際にはっきりと言った
「今日不思議な夢を見てここに来たんだ、来る用事なかったのに」
何の話かわからなくて曖昧に首をかしげてると
「これは私とあなたの縁だから言っておく
あの彼氏の後方、少し離れたところに水子がいる
まだ形もなしてない陰だけど、2人
あなたには見えないからそれはあなたの縁じゃない」
何も言えない私に彼女は何かに気づいたように「あ、その水子って言うのはね」と説明しようとして止めた
「水子は知ってる、うん、知ってる、でもちょっと頭ついてこない」
「あ、うん、私も私の妄想かもしれないと思ってる」
ふいに沈黙が流れて、電車の来訪を知らせる音楽が鳴った
彼女は「全部、あなたの縁じゃないよ」ともう一度言って挨拶もなしに去っていった
私は頭の中で昔のことを思い出してた
彼女は同じクラスの時、相手に何かを伝えようとするときに「あ、」と一言発してから話し始める癖があった
彼女なりに一生懸命話そうとしてる時の癖
それが引っかかって、二ヶ月後プロポーズしてきた彼氏と別れることとなった
彼氏に罵倒しまくられてデート代返せと追いかけられたんだけど、警察に頼って最短で引っ越した
こんなことがあったからと彼氏と共通の友人に根回ししていたら、1人がとんでもないことを教えてくれた
彼氏が私にプロポーズする前、遊びで一夜をともにした相手が双子を妊娠し、彼氏が「俺の子じゃない」といったことを聞いた
その話を聞いた時、全身がザワっと鳥肌たって血の気がザーッと引いたのを感じた
「妊娠させたのっていつ頃?」と聞いたけど、具体的な日は解らないけど、○月の中頃と、私がクラスメイトと再開した丁度ジャストの日程だった
彼女が言いたかったのは、彼氏には赤子がいるのに私の縁じゃない
つまり、彼氏は浮気して私を裏切っているということだったんだと気づいた
あなたの縁じゃない、というのも、元彼は私と縁が繋がっていないから、私の結婚相手じゃない、縁が繋がっていないから、逃げようと思えば今なら逃げられるという意味もあったんだと
彼女となんの縁で再会できたのか解らないけど、あのとき彼女と縁が繋がって良かったと心から思う
一本の危険な綱渡りをしてたと気づいてほんとうに怖かった

820 :おさかなくわえた名無しさん 2012/12/24(月) 10:21:53 ID:aEGm2XNZ
職場での修羅場
フェイクあり、自分はデパートで働いてた
突然事務所にスーツ姿の男が来た
「下の階で男の人が皆さんを呼んでますよ、全員(5人程度)××フロアにすぐ降りるように」とまくし立てるように言ってくる
「全員が呼ばれるなんて、まさか変なクレーマーが器物破損を起こしたとか」とその時点でガクガクブルブル
そのフロアに行くといつも通りな感じでスタッフの女の子が客と応対してる
スタッフに話を聞くと「しばらく居るけど、誰も呼んでない。男の人も居ない」と言い出す
そう言われて背筋が寒くなった、わけがわからないしそもそもあいつは誰だと・・・

1: 名も無き被検体774号 2016/12/14(水) 03:39:43.92 ID:lEg0lFAl
ちょっと聞いてほしい。 
今から16年前になると思う。 

大阪の閑静な住宅街の電信柱に、尋ね人の貼り紙があったんだけど、
どこかでそういう尋ね人ビラの見れるサイトを知りませんか?

102: 恋人は名無しさん 2010/09/13(月) 21:54:17 ID:e42JoAj9O
寺や神社や占い師さん達に「守護者すっげー」みたいなことをいつも言われる私の修羅場。 

付き合う前は優しくて明るい人と思ってた彼氏が、DVモラハラ男だった。 
いきなり豹変するのではなく、 
小出しにしつつ飴と鞭を使いわけるタイプ。 
半ば洗脳に近かった。 
初っ端から殴られてたら即逃げるんだけど、優しく嫌味を言うことから始まり、 
暴力沙汰になるのは付き合って半年後。 
もう完全に「私が悪いから怒られるんだよね」と思い込んでいた。 
その頃は優しい嫌味ではなくねっとり嫌味と軽い暴力に進化してて、 
私が凹んで謝ってたらサンダルはいてる私の脚を彼が革靴で踏み付けようとした。

踏まれる寸前、彼氏の頭に鳥の糞がボトッ。 
空を見渡しても鳥は居なかった。 

彼氏の部屋で彼氏が他愛のないことで切れて手を振り上げた瞬間、 
棚の上にあったものが彼氏の頭にヒット。 
棚のすぐ近くに居たわけじゃないのに。 

私に熱いお茶をひっかけようとした瞬間、持ち手が折れて彼氏の股間にバシャッ。 

私にライターを投げ付けようとした瞬間、ライター着火。 
彼氏の服に燃えうつり軽い火傷。 

私を怒鳴ろうとした瞬間、茹でていた玉子爆発。 
鍋の近くにいた私無傷、鍋から離れていた彼氏の顔にヒットし、火傷。  

このページのトップヘ