今日の人気記事

ギャグ

95 :名無しさん@おーぷん 2014/10/19(日) 12:40:29 ID:???
不思議って言うのとはちょっと違うかもだけど。
20年ぐらい前に実家でチワワを飼ってたんだが、
その犬がなんか変だった。
じーちゃんが老人会の帰りに拾ってきた犬で、
雨が降る中、泥だらけでクシャクシャになって震えてたそうで
あんまり可哀想で連れて帰ってきたそうだ。
お風呂でキレイに洗ってブローしたあと写真を撮って
地元のフリーペーパーに「飼い主探しています」と載せて貰ったんだけど
飼い主は現れなかった。
首輪していたから絶対飼い犬だったと思うし、
首輪の特徴も明記しておいたんだけどね。
うちは今まで犬とか猫とか飼ったことなかったけど
じーちゃんがその犬に情が沸いちゃって、もうこのまま飼うかってことに。
名前もポチ(仮名)とつけて一家の一員になった。
このポチがやたらとクシャミをする。
風邪ってわけでもなさそうだけど、
忘れた頃に「ビシッ!」って感じの変なクシャミ。
不思議だったのは、そのタイミング。
うちのじーちゃんは、とにかくつまんないギャグを連発して
笑いを欲しがるジジイで、
家族はみんな面倒臭がってあまり相手にしてなかった。
(だがたまにヒットがあったww)
でもそんな時、じーちゃんのギャグのあとにポチが「ビシッ!」とクシャミをする。
「あかまきがみ あおまきがみ ちあみなおみ」「ビシッ!」
「痛いの痛いの屯田兵~」「ビシッ!」
とか、そんな感じ。(すみません、それぐらいのギャグしか覚えてない)
じーちゃんのギャグに対しての“つまらん”という突込みなのか
私たちの白けた空気の代弁なのか分からないけど
とにかく絶妙のタイミングだった。
昔「うしろの百太郎」という心霊漫画で、
“生類憐みの令があった江戸時代に犬を切り捨ててタヒ罪になった男の生まれ変わり”
という設定の、言葉をしゃべるゼロという犬がいたけど
もしかしたら、そんな感じの何かの生まれ変わりなのか?と思ったりもした。
でもポチのクシャミのおかげで、少々ウザかったじーちゃんのギャグが
楽しくなったのも事実だった。
じーちゃんはポチをすごく可愛がってて
ポチがタヒんだときは、ばあちゃんがタヒんだときより落ち込んでた。


363 :名無しさん@HOME 2009/10/09(金) 19:25:57 0
いいともを見てるといつも思い出すのだが、同じ学校に農家地帯から
通って来てる、めちゃくちゃ美人でスタイルも抜群な先輩が居た。
あんまりキレイ過ぎて、学内の男子は声を掛ける事すらためらう程。

しかし農家ってのは何処までも恐れを知らぬ様子で、当時17才だった
先輩に、干支が2回りで同じの41才長男との縁談を持って来た。
当時母から聞いた私は何かのギャグかとすら思ったが、当時夏休み中に
学校で流行っていた昼ドラがいいとこの娘さんが石原義純?と無理矢理
結婚させられるというもので、それを思い出した皆が大騒ぎ。
先輩を守る会みたいのまで結成される始末。
けれど先輩はそれをあっさり解散させて、自力で縁談を流れさせた。

その方法は、当時160くらいで40キロだった体重を半年かけて倍にした事。
その上でこれ以上無いと言っていい程だらしのない女(先輩談)を、
相手方宅で演じてきたらしい。
どんどん太って行く先輩の姿は、状況を知っていても凄かった。

破談が決まって数ヵ月後、先輩は卒業。以前から内密にお付き合いしていた方と上京。
私が会いに行った頃には既に元の先輩へと戻っていた。凄過ぎる。

今でも例の見合い相手は未婚で、家族で先輩の悪口を言い続けている。
先輩が結婚して男の子を産んだと伝え聞いてもあんな下品でデブな女wと
笑いの種にするばかり。
大抵の後輩・同級生は今の先輩を知っているので内心大爆笑w

太っていた頃の先輩は今にもネ果足でビヨンセ踊り出しそうな姿だったので、
いいとものビヨンセも痩せたら先輩みたいになるんじゃないかと思う時がある。
長文すんません。

51 :名無しさん@おーぷん 2017/12/11(月) 12:10:24 ID:OJK
今妊娠中。安定期。
先月、義妹のメアドからネットで拾ったっぽい奇形児の画像が送られてきて
本文は「奇形児奇形児奇形児奇形児奇形児奇形児奇形児奇形児(エンドレス)生まれろ」
なんで義妹がこんなの送ってくるかわからなくて
帰宅した夫に見せたら夫激怒。
義妹に即行で電話して怒ったら義妹は「私じゃない、知らない」
今月に入って、義妹から
「彼氏が勝手に人のスマホ使って送りつけてた!ギャグのつもりだったんだって!
別れるけどその前に謝罪に行かせる!」と連絡があった。
いやそんな人に家の場所知られたくないし…と断わったのに
義妹は「じゃあ義実家集合でいいから!謝らせる」と言って聞かない。
顔知られたくないし係わり合いたくないのになー

このページのトップヘ