今日の人気記事

クソトメ

46 :名無しさん@HOME 2008/04/18(金) 14:38:28 0
1ヶ月DQNしてるものです。
同居中のトメはお約束通り、私のものを勝手に盗む(本人は借りたとかほざいてるけど)壊すなどし
風呂のお湯を私の入る直前で抜く、私のご飯を「まずい」と捨てるなど色々とやってくれました。
旦那のいる前で訴えても
「悪気は無かったの!」「手が勝手に」「貴方に良い嫁になってもらいたくて」と言い訳。。
旦那も旦那で超エネで
「お袋がああいってるんだ。年寄りだし。それにお前に良い嫁になってほしくてやってるんじゃ?」
とか言い出す始末。
それでも1年たえたけど、堪忍袋の容量が小さい私はもうぶちきれて、先月からDQNし続けてます。
・夕食は私のだけ作る。
「私のご飯お口に合わないようだし…自分で作ってくださいね。あ、旦那君もね。」
・旦那orトメのお風呂のせんを入る直前に不定期に抜く。(毎日だとバレるから不定期)
「ゴメン!悪気無かったんだ!てか入るんだったの?気がつかなかった!」
・トメor旦那の大事だと思われるものを勝手に拝借
「お借りしてました。え?盗んだわけじゃないわ返したもの。いわなかったのは悪気は無いの。」
・旦那の楽しみにしている夜のビールをスッカラカンにしておく。
「あ、つい飲んじゃった。いいじゃん悪気ないんだから。」
等など、トメにされた「悪気の無い」事を次から次へと二人にし返してます。
旦那は
「悪かった!俺が悪かったしよっぉおおお~くわかったから!」
と昨日降参してきました。
でも、まだまだだよ…別居まで続けるよ…一年分は返さなきゃw
旦那は一応今夜トメと話し合ってみるそうです。


655 :名無しさん@おーぷん 2017/03/22(水) 00:17:25 ID:YlU
母は養護教諭で、どんなに障碍を持った子供も導き次第で生き方があるし、どんな人にも敬意を払うべきという理想主義・博愛主義な人間
私が普通の人のレールから外れても受け入れてくれたし、子供の頃はとても救われた
そんな母がこと末っ子長男の弟だけは溺愛しており、弟にできたメンヘラ気味な彼女について、別れてほしい別れてほしいとよく愚痴をこぼしてた
余りの言い草に「将来嫁いびりとかしないでよw」と突っ込んだら
「そんなの絶対するに決まってる。どんな子だろうがいびらずにはいられない。だから同居なんて絶対しない」
とまさかのクソ姑宣言
マザーテレサの精神を尊ぶ人が、息子の事となれば形振り構わずクソトメ化するのかというのが第一の衝撃だった

メンヘラ彼女については周りもやめとけコールで、私や妹もこういうデメリットがあるよーと説明してたけど
弟は「でもまあ俺は平気だからべつに」と、彼女のヤバさをものともしてなかった
結局3年付き合った挙句、なぜか突然弟が彼女を振る形で破局
何があったのか、ちゃんと綺麗に別れられたのか、その一カ月後の正月帰省の時に尋ねてみたら
開口一番「職場の後輩に可愛いなあと思う子がいてさ」とまさかの移り気発言
「付き合ってって言ったら、元カノさんに杀殳されます、無理ですって断られて、意味わかんなくて」だと
弟の職場は士業の事務所で、彼女は同期ではあるものの所長のご友人の娘さん
同業なのでいずれは家業を継ぐけど修行の形で事務所に入ってきた箱入り娘
そんな子と3年も付き合って別れて、即同じ職場の後輩女に告白するとか(しかも脈ナシ)
小さい事務所で一体何やってんだと呆れに呆れた
当たり前だろうと、あり得ないだろうと
そのあり得なさが弟にはピンと来ておらず、挙げ句の果てに
「元カノと付き合ったのが間違いだったのかなぁ…」と一言
あんなに周りがヤバさを主張しても彼女の本質に向き合わず、
たかだかちょっと可愛いな程度のポッと出の女に振られた理由が彼女だったからって
そんな程度のことで3年も付き合った彼女に対して付き合わなきゃよかったのか?と掌返しとか
一番近くに居たはずなのに、彼女の何を見てきたの?馬鹿なの?しぬの?と開いた口が塞がらなかった

同じ場にいた母が、弟が席を外した途端崩れ落ち
「あんなにクズな男に育っていたとは思わなかった」「育て方を間違えた」
「あの子は、元彼女のことも後輩の女の子の気持ちも、何もわかっちゃいないし考えてもいない」
「どちらにも失礼だし、元彼女さんには本当に申し訳がたたない」「人様の大事な娘さんなのに」
「でも逆に、こんな男と結婚する前に別れられて、彼女の人生を考えればよかったかもしれない」
「あの子が彼女の病んだ行動を受け入れてたと思っていたのは、ただただ何も考えていなかったのだ」
「その事に気付けなかったのは親として恥ずかしい」と穴があったら埋まりたい状態になってた

スペック以上にモテてきてた弟のクソっぷりにも衝撃だったけど、クソ姑宣言してた母が以前の通りまともだったので、何だか安心した一件だった

このページのトップヘ