今日の人気記事

スピーカーおばさん

551 :1/2 2010/02/20(土) 00:11:59 O
DQ返し成功&解除記念に書き逃げ失礼。
プチな上に長文でごめんなさい。


私が作ったご飯はマズイマズイとケチをつけるトメ。
(ウト他界の為、同居)
私と二人きりの時は嫌みったっぷりなくせに、夫の前では
「私の口にはちょっと合わないみたい…」って猫被りした言い方。
近所の人にも「うちの嫁は毎日料理してくれるのは嬉しいんだけど味つけがねぇ…」とか言いふらす始末。


ちなみに夫は「おいしい」と言ってくれてるし、以前友人とルームシェアをしていた時にも
私が料理担当で味については苦情は全くナシだったので、メシマズではないはず。


スルーするのも辛くなってきたから「口に合わないならご自分で作って下さい」って言ったら、
今度は「嫁がご飯を作ってくれない」とご近所に愚痴りだしたので、ついに辛抱出来ずにDQ返しを決行。


824 :名無しさん@おーぷん 2017/03/28(火) 19:44:27 ID:PR8
近所にAさんとBさんという仲良し奥様コンビがいた。
買い物やランチ、一緒に行く姿をよく見かけていたが
ある日を境に、Aさんがご夫婦で出掛ける姿を平日休日関係なく見かけるようになり
Bさんと一緒の姿をあまり見なくなった。
なんとなくAさんのご主人が元気なさそうに見えたのと、
以前に比べてご主人がずいぶん痩せたなぁと言う印象から
体調でも悪くて仕事休んでらっしゃるのかな~と思っていた。
それで夫婦での行動が増えてBさんとの行動が減ったのかなと。
とは言え、完全に他人事なので最初に気付いたときにそう思っただけで
その後は特に気にもならずに過ごしていた。
そしたらしばらくしてBさんと集合ポストの所でバッタリ会ったときに
「ねえねえ、知ってる?Aさんちの旦那さん、まだ50なのに退職したらしいのよ」って
聞いてもいないことを言ってきた。
あれ?この人、Aさんと仲良しだったんじゃないの?
なんでそんなこと勝手にペラペラしゃべっちゃうの?と嫌な感じがした。
ただ、ああやっぱり体調崩したか何かだったのかな・・・と合点がいった。
「そうなんですか」とだけ言って去ろうとしたら
「でさ!でさ!ちょっと聞きたいんだけど!」って引き留められた。
で、「Aさんさ、旦那さんが退職して専業主婦ってことは無収入でしょ?
なのに全然生活が変わらないのよ。なんでだと思う?」て聞いてきた。
うわー、鬱陶しいわーと思ったけど、なんせ同じマンションなので
「興味ないのでわかりません」と言ってエレベーターホールに向かおうとしたら
「何か知らない?だっておかしいでしょ?収入ないのに」って。
「いっぱい貯金があるか、収入があるかじゃないですか?私には関係ないです」
とイラッとしたのが少し出たと思う。
そう言って去ったら、後から「またまたー。あんただって興味あるくせにぃ」って言われたわ。
だんだん、Aさんは旦那さんの退職にかこつけてこの人と縁切りしたかったんじゃないかと思ったわ。
給与収入が無くなっても他に何らかの収入があるから生活が変わらないんだろうし
見えないところで節約してるのかも知れないし、どっちにしろそれを知ってどうなるの?って感じ。
その後、Aさん夫婦は双方ご実家がかなり裕福であるらしいことと
Aさん本人に結構な不動産収入があるらしいことを聞いた。
ある奥さんがそのことを知ってて、Aさんがあんまりしつこく探り回ってるのを見かねて
Aさんの許可を得て話したそうだ。
それを聞いたBさんの反応、「そんなこと今初めて聞いた!ほんとなの!?」とビックリして
そのあと「今までずっと私のこと見下してたんだわ!酷い!」とか勝手にショック受けてたらしいw
Aさん自身は引越しが決まってたらしくて、引っ越し後になら話していいってことで
許可したらしいんだ。
もしかしたらBさんに対する最後っ屁だったのかもw

20 :名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金) 23:05:12 ID:QLnzJOmkm
永い間に住んでいた土地で連続窃盗事件が発生していて、近所の通報で容疑者にされた。
何度も任意取り調べで呼ばれて、仕事どころじゃなかった。
警察が来てから2週間も経つと周りでは、すっかり犯人は使いされるのが辛かった。
警察では何度も同じことを聞かれるけど、状況も変わらず先に進まず俺の精神も限界に来ていた。
会社の上司から呼ばれて、休職扱いと言う名のほぼ解雇になった。
その日の夜、嫁から離婚届を出された。
何も言わず離婚届を書いた。その日のうちに嫁が役所に行った
次の日に、嫁の親が来て嫁の荷物を持って出て行った、俺の貯金を全て持っていった。

嫁の車を見送った後、酒を飲みたくなって酒屋に買いに行ったら
酒屋のおばさんは俺は犯人じゃないと信じているからって言われた。
おばさんが俺を通報したのが、八百屋のスピーカーおばさんだと教えてくれた。
その後すぐに、犯人が捕まった。
俺を取り調べていた刑事が教えてくれた。
本当は俺が犯人じゃないとは分かっていたが、
真犯人が一旦犯行をやめていたので
俺が疑われていたら安心して、次の犯行がしやすくなるだろうと泳がしていたらしい。
俺は警察の勝手な都合の為に、地元の人間関係も仕事も嫁も失ったけど
誰が保証してくれるのと担当刑事に言ったよ。

会社から復帰許可が出たけど、地方に転勤になった。
事件は、事件は地元の新聞に載ったけど同情してくれる人は多かった。
失った者に対して誰も責任は取ってくれないと思っていたら会社から本社に抜擢された。
担当の刑事が本社に仔細を説明に言ってくれてたようだ。
会社も償いの気持ちらしい、年収も1000万近くになった。
本社で縁あって結婚して子供が出来た頃、元嫁から復縁が依頼が来た。
婚姻時から元嫁親に毎月生活援助していたけど、離婚時に貯金を全て渡したのが無くなったようだ。
再婚したことを話したら、何か叫んでいたけどもう他人だよね。
もし、事件が無かったら元嫁実家を援助しながら、穏やかに生活していたのだろうか。

このページのトップヘ