今日の人気記事

セルフイメージ

978 :名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水) 09:24:05 ID:Ulm
次スレを先にのぞいたらこっちを先に終わらせろと書いてあったのでこっちに来ました。

元夫が逮捕されました。今留置所にいます。長いうえにたいした修羅場じゃないかもですが、よかったらお付き合いください。


五年前に私は十年の結婚生活にピリオドを打った。離婚の理由は、私が元夫の猫を私姉宅に里子に出したから。
この猫は、元夫が車で轢いてしまった猫だった。動物病院に連れて行ったもののそのせいで前足はびっこ、後足は片方が動かず、元夫は轢いた責任で家に連れ帰ってきた。
ここだけを聞けば立派だと思う。

ただし私たちの娘(二人)はどちらも動物アレルギーを持っていた。さらに下の子は小児喘息を抱えていたから、猫と一緒に暮らすことは初めから無理があった。
連れて来た時、そう言った私に元夫が言った言葉。
「だったら○(次女)を隔離すればいいだろう!!」
猫を隔離するのではなく、娘の方を隔離するとほざいた。この家は元々造園業を営んでいた夫祖父母から受け継いだもので、家のそばに物置があった。そこに娘を隔離させると。当時、次女は四歳。

私の反対を押し切り、元夫は猫を連れ帰ってきた。本人は溺愛しているつもりだったが、猫の世話の七割は私が、三割は長女がしていた。とうの元夫は口ばかりで何ひとつ世話をしなかった。
夫は「轢いてしまった猫を、立派に飼っている素晴らしい自分」に酔っていた。家は猫中心の生活になった。
娘たちの体調を考慮し、猫には二階の限られたスペースで暮らしてもらうつもりだった。足が不自由な子だから階段を自分で降りてくることはできないので、階段の手前に転落防止の柵を取り付けることで隔離しようとした。

夫、激怒。「こいつはもう家族なんだ!!厄介者のように扱うな!!」だって。
咳き込む娘たちに「わざとらしく咳をするな」だの、「あてつけのつもりか」と暴言を吐くように。

それでも一年弱、猫を飼い続けたのはとうの娘たちの希望だった。元々、体質的に飼えないから諦めていただけで、娘たちは大の動物好き。足が不自由で介助してあげないとトイレにも困る猫の世話を長女はいつもマスクをしてやっていた。
それが渋々とかではなくて、本当に好きでやっているのがわかる嬉しそうな顔をしていた。
あの顔を見てしまったら、「諦めなさい」とは言えなかった。

でも、本当は心を鬼にしてでも言うべきだった。思い返すたびにできるものなら当時の自分を張り飛ばしに行きたい。
最初に触れたけど、次女には小児喘息がある。

ある日、肺炎を併発した。アレルギーの咳と小児喘息が最悪の形で次女に訪れていた。
病室で呼吸困難を起こす娘の姿を見て、私は猫を里子に出す決心をようやくした。
それが私姉だったのは、姉一家(夫実家住み)は猫好きで姉夫家族は以前にも体が不自由な猫を飼ったことがあったから。里親を持ちかける前から度々うちで引き取るよと言ってくれていたので、甘えさせてもらった。
七歳の長女と五歳になっていた次女は嫌がったけれど、何度も根気強く説明した結果、里子に出すことを承知した。
これに納得しなかったのが夫だった。

娘たち泣く泣く諦めたのに、姉宅に押しかけて連れ帰ってくると、また次女を隔離すると言い出した。
当時、次女はまだ入院していた。聞き分けのない父親を七歳の長女が「パパ、しょうがないよ」って諭しているのに、聞き分けず長女を「無責任だ」と張り飛ばした。
このとき私のなかで離婚が確定になった。その場で離婚を突き付けた。
元夫は自分の考えがすべて正しいと思い込む傾向が多々あった。このときも元夫は猫が可愛いからではなく、「立派な自分」に陶酔しているだけだった。
出て行くのならひとりで出て行けと元夫は言い、口論に発展。
つかみ合いになって私が元夫を投げ飛ばした。(柔道歴十三年)
その足で娘を連れて近県で暮らす兄宅に押し掛けた。
(脳震盪起こした元夫は、姉夫に依頼して様子を見に行ってもらった)
事情を説明すると、兄よりも兄嫁のほうが親身になってくれて、当分の間置いてもらえることになった。離婚問題に強い弁護士も兄嫁に紹介してもらった。

そこからはトントン拍子に進んだ。
元夫は離婚にごねたものの、最終的に慰謝料養育費なしで合意。
離婚後は遠方の私地元に引っ越し、しばらくは平穏に暮らしていたものの……。

どこかからか私が再婚したと聞きつけたらしくゲリラ訪問してきたorz


851 :名無しさん@おーぷん 2017/12/12(火) 02:17:25 ID:mhy
父の神経がわからん。
解決済みだが、双方の親戚やそれぞれ弁護士を立てて話し合うレベルの
ご近所トラブルがあり、ある契約に関して最初は父も納得して署名した。
ここまで至るまで数年の時間を要したのでその頃には双方共に
「いい加減、どこかで妥協してこのトラブルを終わらせたい」という気持ちがあったので
双方共に「やっと終わった」と思い、話し合いに参加していた人たちは全員安心して帰った。

ところが父が1か月後に「やっぱその契約では納得いかない」と言い出し
契約無効を要求してきて、父が「当初から希望していた要望でないと気が済まない」と言い出した。
トラブった相手もウチの家族も今更「はぁ?」と絶句する中、父は1人でバンショに行って
訴える準備をしたり問い合わせを本気でやりはじめたので、協力してくれた人たちも大激怒。
母と私はストレスで身体を壊して今も通院中。お世話になった弁護士さんは姉の友人の父親ってのもあり
姉とその友人は一時期絶縁。有給を取って頻繁に帰省して相談に乗ったり相手と
話し合いに応じていた兄や姉の旦那も大激怒。父の友人も「そりゃ家族の人がああなるのも当然」と
父に説明しても当の父は「何であいつら(父以外の家族)が怒るんだ?」と全く理解も納得もしていない。
周囲の説得(実質は説教)と、父の言い分に賛同者がいないこと、金がかかる事を理由に渋々断念した。

解決した今は、姉旦那と兄は表面上の付き合い程度に距離を置いてるが、
姉は友人父子の件もあるが、一番姉が積極的に動いてたのと、私と母の心労を知ってること。
仕事を休んで何度も帰省して色々調べてくれた兄の苦労を見ていたのでそれを
踏みにじった父が未だ許せず、所用で頻繁に家に来ても父とは口も利かず絶縁している。
(普段会社勤めの兄や私より、姉の旦那が当時単身赴任中なのと
所用で2~3日に一度の割合で家に来るので姉が一番動ける立場だった)

395 :名無しさん@おーぷん 2015/10/06(火) 01:11:29 ID:PUa
会社でろくに能力も無いくせに、「俺はデキるイケメン」と思い込んでる奴がいる
なお顔はかなり残念な様子
アンガールズのカッパをガタイ良くした感じで自称福山雅治似
まぁ何かとやらかしてくれる奴なんだが、クビにするわけにもいかず、常に周りは振り回されてイライラしてた
なんというかね、常に人の会話に割り込んできたり、あと無駄にひとりごとが多い
例えば俺が今度買う車の話を同僚としてたら
「えーワゴンタイプ?男が乗るにはダサいでしょー。やっぱ男なら(以下車の知識自慢」
皆が黙々と仕事してたら
「あーよかったわー限定品の時計買えたわー(腕時計チラッ)○万円したけどやっぱ値段以上だわープレミアつくわー」
「あーやべぇこの前○○できたのに今月下がったわーやべー○さん(成績いい人)超えそうだったのに(実際は足元にも及ばない)本気ださねーとなぁ」
新入社員の後輩が初日でコイツにミサワってあだ名つけてたくらいミサワ発言が多い

あんまりにウザい発言が多くて、昨日先輩がミサワに注意したんだが、案の定「俺やっぱ本気ださないとなー」みたいなことを呟いて先輩ブチ切れ
「お前そんなんだから女も寄り付かないし独り身なんだよ!」と言ったところ
「いや、俺女とか興味ないんでw」とドヤ顔で反論
すると仕事はできるのにいつも天然発言ぶっ飛ばす、会社の華である受付嬢が突っ込んだ
「よかった、ミサワさんみたいな人に好意よせられた女性、迷惑じゃすみませんもんね!」
ミサワ、この受付嬢に好意があるらしく、結構頻繁に食事に誘ったりしてた
ミサワが面食らってるところに受付嬢はさらに追い打ちをかけた
「ミサワさん、いつもひとりごとが多いのも、ホントは画面の女の子と話してるんですよね」
携帯の待受がキワドイ女の子(幼女)の待受らしい
みんなの前で叱られながら性癖暴露されてて笑った
受付嬢はその仕事柄どんな人にも受けがよくないといけないが、ミサワにも仕事モードで対応してたのでミサワが勘違い
なんか色々性癖や趣味を暴露してたらしく、受付嬢がそれを披露する会場に早変わり
顔真っ赤だったけど明日会社来るのかな

このページのトップヘ