今日の人気記事

パーティー

156 :愛とタヒの名無しさん (ワッチョイ 9362-icq5 [126.217.193.140]) 2017/03/31(金) 00:52:26 ID:mpDMxuHu0.net
パーティーで32の子を捨てて28の子とカプった。
この後飲みにでもって誘ったら、後で友達と約束あるから軽い食事だけならいいですよって言われたんだ。
店出て、次のデートはどうしましょうかって言ったら「また連絡します。」と。結局COされたんだよ。


710: 愛と死の名無しさん 2011/02/27(日) 18:50:22.62

昨日、友人A子の結婚式行ってきました。

私はかなりの花粉症で、
式の半年前から不安でした。

室内ならともかく、
ガーデンでは耐えられない。
だから「ガーデンではない」という
A子の言葉を信じて出席することにしました。
しかし、一週間前に
他の友人に聞いてみるとガーデン。
ガーデンが見えるガラス張りの
温室風の部屋で食事らしい。

ガラス張りのドアは開放的に開かれ、
プール付のきれいな庭をお楽しみくださいという趣旨の。
A子が花嫁ドリーム満載で余すところなく語ったそうな。

話が違うとA子にも文句は言ったが、
「一週間前にキャンセル?
それってドタキャンっていうんだよ。
結婚できないのはかわいそうだけど、
素直に友達も祝えないわけ?」
と逆ギレされた。

だからこの出席を最後に縁を切ることを決めた。


269: 名無しさん@おーぷん 2014/07/27(日)05:14:47 ID:9FUj9rQhr

誰もいらっしゃらないですかね。こっそり投下していきます。

長いと怒られたため、何個かに分けます。


ここの方々の遭遇した勘違い男たちと比べたら全然大したことないかもしれませんが、
学生時代に遭遇した勘違い男の話です。

無神経な言葉が出てきます。苦手な方はスルーしてください。
初書き込みなので、読みにくかったら申し訳ありません。

・私
吉田沙保里選手の体に志田未来の顔をくっつけ、
身長を小さくしてむ*だけデカくした感じを想像してください。
(見た目のバランスがかなり悪いw 特に肩とふくろはぎの筋肉が発達していて夏は悲惨w)
土日のみシフトでした。

年上の彼氏と別れた直後でした。

・バイト先の上司 Aさん
温水さんが中年太りして黒ぶち眼鏡をかけたという感じのおじさんを想像してください。
平日のみのシフトでした。

・バイト先の先輩 Fさん(40代くらい?)
土日平日は関係なく昼間のみのシフトでした。

卒業の時期でそれまで平日の夜にシフトに入っていた高校生のバイトさんが一気に辞めてしまい、
平日の夜が人手不足となったため、私は4月に入るまでの2か月限定で平日の夜のシフトに移動することになりました。
その際に私の平日のみの業務を教える担当になった人がAさんでした。

Aさんと私は今までシフトが違ったため、面識が一切ありませんでした。

初対面から私の母の体調(一時期母が乳がんで入院していたため
バイトを休んでいた時期がありました。)を聞かれたり、
お客さんが途切れる度に、Aさんの身の上話や学生時代の武勇伝話などを聞かされました。

最初のうちはおせっかいで話し好きなおじさんと思っていたのですが、
毎回バイトの度に上記の話をされるため、だんだんとこの人自慢好き?
ってかうるさくない?めんどくさい人だなぁ。と感じ始めました。

そんなこんなでAさんの話に対するスルースキルも上がり、
ボーっとしていてもAさんに対して適当に返しているという事が出来るようなまでになってきた頃、
辞めていった高校生達の卒業祝いでちょっとした
カラオケパーティ的なのをFさんが幹事で行うことになりました。

カラオケパーティの3日くらい前にAさんに
「私ちゃんにサプライズを用意してるから!楽しみにしていてね!」と言われ、
Fさんが幹事なのに、なぜAさんがサプライズを知ってるの?と、ちょっと気になりはしたのですが
いつも通りに適当に返してました。これをAさんは楽しみにしてる!と思ってしまったんでしょうね。。

829: 愛と死の名無しさん 2013/03/21(木) 16:00:26.88
親族がいない、友人や職場関係の人だけの披露宴パーティーで起こった話 
最大の被害者は新婦と同じ課の後輩のA子さん 
パーティーの内容はごく普通で、会場もイベント関係も、親族がいないってだけで 
ごくごく普通の披露宴だと思ってた 
途中で「新郎新婦からのサプライズイベントでーす!」とアナウンスがあって、 
A子さんが高砂横のステージに呼ばれた 
新婦からのサプライズ内容の発表… 
「私のカワイイ後輩のA子は、実は入社した時からずっと想い続けている男性がいます! 
 A子はこれから、その切ない想いに終止符をうちます!」 
固まるA子さんに急き立てる新婦、A子さんはムリムリ!と拒否しまくってるのがよーくわかる… 
痺れを切らしたのか司会者が 
「A子さんは今時珍しい奥手な女性でしたので(笑)、少し方法を変えようと思います! 
 ○○社XX課のTくん、さぁどうぞこちらへ!」 
「いやあああああああああああああ」(A子さんの涙声) 
T君もたぶん固まったんだろう、悪ノリして騒ぎまくってた新郎の友人らに連行されてステージへ… 
新郎がT君に花束を持たせて、 
司会者 「さぁ皆さん! 今ここで新しいカップルが誕生します! 記念にお写真を撮りたい方もどうぞ前の方へ!!」 
T君、どう見ても固まってる、迷惑顔なのか困ってるのか…そんな表情でやっとか細い声で言ったセリフが、

「ごめんなさい…おれ、先月婚約したんです…」 

A子さんその場に崩れ落ちて号泣 
すごく後味が悪く、どうにかしてやめさせられなかったか? でも、下手に止めたら「空気嫁」な方向に寒くなったかも…?と、 
半年近く経つ今でも「どうすべきだったか」の答えが出せずにいます


このページのトップヘ