今日の人気記事

ヒーロー

16 :名無しさん@おーぷん 2018/02/27(火) 23:30:12 ID:ZJ0
脳梗塞で倒れて麻痺も残った親戚(Aさん)。
今までは盆と正月には必ず出てきて盛り立て役のおじさんだったのに、病に倒れてから五年間、一度も姿を見たことはなかった(お見舞いも「こんな姿は見られたくない」と拒否)。
そんなAさんが先々週に別の親戚の13回忌法要に出てきて、喋りにも後遺症は残っていたけども昔を思い出すかのような饒舌だった。親族は13年前に亡くなった親戚よりもAさんに群がる勢い。
その中でAさん「脳梗塞を患ってからずっと塞ぎこんでいて鬱にもなったけど、二年前ぐらいに長嶋のリハビリを見て勇気づけられた。同じ病気になったヒーローがあんなに頑張ってるんだから俺も、と思ってリハビリしてきた」と語り出した。
そうしたら年寄りばかりで現在も巨人ファンの人、もうそこまで熱心ではないけど巨人ファンだった人ばかり集まっていたのもあって「長嶋はすごい!」「やっぱりミスターじゃなきゃダメだ!」と大盛り上がり。
もはやだれ一人故人のことを考えてなかったけど、多分故人も長嶋さんのことなら許してくれる気がする。
私自身は長嶋さんには「初めての還暦」のイメージしかないけど、年上の人にしてみればこれ以上ないヒーローなんだなと実感したし、しばらく立ち直れなかった人を一気にリハビリさせる気にさせてしまうんだから長嶋茂雄って言う人は本当にすごいんだなと思った。


771 :名無しさん@おーぷん 2017/09/09(土) 02:15:43 ID:iGM
携帯電話のなかった、大昔の高校生の話。

高校生のとき、模試の最中に
同じクラスのA君が突然震えだしたかと思うと、泡ふいて倒れた。
監督の先生もびっくりしていると、近くの席にいた
A君と同じ小学校だったというB君が「てんかんの発作だ」
と立ち上がり、てきぱきと周囲の机をどかしてAを横にすると
持っていたハンカチを噛ませて
「こいつ小学校の時にも同じことがあったんだよ。A!A!わかるか!」
と声をかけるがA君は反応しなくて、
「先生、救急車呼んできて!」
と、先生を走らせた。
すぐに救急車が来てA君は運ばれていったので、皆模試を続けた。
模試が全部終わった後、担任からA君は意識が回復したと伝えられ
B君はヒーローのように皆に凄い凄いと言われてたけど
照れくさいのか、さっさと帰ってしまった。

衝撃だったのは翌日。
A君は遅刻して2限目の途中で「おはようございます!」と元気よく教室に入ってきた。
頭にラグビー部の部室からかっぱらってきたヘッドギアつけてた。※A君はテニス部
笑っていいのかどうすればいいのかわからなかったんだけど
A君は授業もそっちのけで「B、ごめんな。ありがとう!」とB君に握手を求めた。
「皆も心配させてごめんなー!模試の邪魔してホントにゴメン!!」
とクラスの一人一人に謝ろうとしてきた。先生に怒られてやめたけど。
ラグビー部のC君にも「パクるな!」と怒られていた。

それまでA君は、共学の男子高校生にありがちな、男だけで固まって
女子とは口もきかないような硬派な感じだったので、突然のキャラ変更に
皆戸惑ってしまった。やがて馴染んで、クラスのムードメーカーになったけど。
それからA君は発作も起こすことはなく、無事に高校を卒業していった。

この前同窓会があって、B君が来ていた。
A君のことがあったからかどうかはわからないけど、B君は看護師をしているらしい。
A君は来ていないのかと思ったらホテル(同窓会の会場)の黒服に肩叩かれて、
よく見るとA君だった。A君の特権でかなり安く借りられたそうだ。(ただし本人は出勤)
A君は今も車の通勤は危ないからって、ホテルから歩いて通える場所に住んでいる。
当然あの模試の話になって盛り上がったけど、その後のキャラ変については
「まわりの男子に合わせて硬派を気取っていたけど本当は明るいキャラになりたかった。
皆に心配させたし腫れ物扱いされるのも嫌だから、ふっきれることにした。
Bには感謝しかない」
と言っていた。

でも救急車で運ばれた翌日、ヘッドギアつけて教室に入ってきたA君を見たとき
「昨日の発作で頭がおかしくなったのか…
でも本人はそれに気づいていないのかもしれないから、合わせておこう」
って、各自の判断でA君を腫れ物扱いしていたことは、ついに言い出せなかった。
それまでのA君は顔もいかつくて一部女子には怖がられていたから。

おわり。

371 :おさかなくわえた名無しさん 2013/08/01(木) 03:49:29 ID:nCL7vhFP
職場の先輩(A)に片思いしてたけ。先輩はヒーローになりたい人でニュースを見るたびに活躍した人をけなしていた

地震があって自衛隊が救助復興→俺だってあれくらい!
海や川で子供が溺れて一般人が救助→俺の方が早く助けられる!
海外の再現番組で救助活動の様子を見る→あーあ、あの心マ(心臓マッサージ)じゃ肋骨折れちゃうよ。俺にやらせてくれたら10秒もしないうちに蘇生なのになー
と言う感じの人で、ちょっとずつ恋心も薄れていっていた。

たまたま職場の人が何人かでキャンプに行った時にタバコの投げ捨てだか花火の不始末だかで小さ家事が起きた。(私は不参加)
キャンプ場には他に何組かいたらしいけど、私の職場の人が一番に気付いて110番し、小さい子供と女性を非難させて男性陣で消防車が来るまでバケツリレーしたらしい。
これは表彰されて新聞にも載った。
消化活動を指示した先輩にはその指導力や判断力、行動力、なにより勇気に惹かれたと10歳年下のかわいい彼女が出来た。

表彰の事を知ったA先輩は表彰組に嫉妬しまくりだった。
何日も何日も「あれくらい俺だって」「山火事になってたら消化できないくせに。俺はできるけどね」「自分が捨てたタバコが火事になったんじゃね?そんなにすぐに気付く?あーやしーいよねー!」と言っていて恋心はほぼゼロだった。
そして私の携帯に貼ってある姪(4ヵ月)のプリクラを見て言った「ね、ね、この子さ、川に投げたりとかできない?山に置いてきたりでもいんだけど」に恋心はマイナスになり、軽蔑にかわった。

このページのトップヘ