今日の人気記事

プレッシャー

570 :名無しさん@おーぷん 2017/05/10(水) 16:54:13 ID:H2m
もう終わったことなのですが吐き出させてください。30歳の女です。
一度はプロポーズしてくれた彼にフラれてしまいました。
彼の両親との同居を拒んだからです。
彼は農家の長男。小さい頃から、結婚後は親との同居が当たり前と教えられて育った人です。
付き合い始めて1年くらい経った頃に、彼の両親と私たちが住むための家を建てられました。
しかも二世帯住宅ではなく、玄関もキッチンも一緒。
まだ婚約すらしていなかったのに、彼のお母さんから「ここがあなたの住む家なのよ!」と言われていました。
その時から違和感はありましたが、彼の両親はとてもいい人たちだったので、そんなことを思ってはいけないんだと自分に言い聞かせていました。

その後、彼実家でのお試し同居生活が始まりました。農業のお手伝いや家事、バイトもできる限り頑張ったつもりです。
彼の両親は基本的には優しかったのですが、「○○さんのところのお嫁さんは全然働いてくれないんだって~。あなたはそうならないわよね?」と彼母から遠まわしにプレッシャーをかけられる日々が続きました。

慣れない農作業と家事とバイトをこなすだけでもしんどかったのに、彼母はバイトをもう一つするように命じてきました。
知り合いのお店の従業員が足りないので、手伝って欲しいと頼まれてしまったのです。
彼母の言うことに逆らったら、働かない嫁の烙印を押されてしまう。そう思い、仕方なくバイトのかけもちを始めました。

農作業と家事、二つのバイトに追われているうちに、異変が起こるようになりました。
疲れているのに眠ることが出来なくなりました。眠れないので疲れも取れません。しだいに感情のコントロールもできなくなってきました。心療内科に駆け込んだところ、鬱病の診断が下りました。

続きます。


83 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 23:09:48 ID:O7Lz13e5O.net
結婚して初めて姑に会った時に「せっかくの財産、タヒんでしまって他人には渡したく無いわぁ」と言われ
「じゃあ長生きして下さいね」と言い、私は別に財産目当てで結婚したわけでは無いので、その日は普通に帰って来たんですが、
それからというもの、姑から「私達にはお金が無いとしつこく言われ、二世帯住宅を建てろと頻繁に言われた。
断ったら「だから顔も見たくないんだよね」って怒鳴られ
その後もプレッシャーが激しくて、精神的に不安定になった。
私の母が姑に「今は精神的に不安定だからそっとしてやって欲しい」と電話をしてすぐ
夫が仕事で家にいない時、姑舅二人してやって来て「私達にはお金が無い」と言いながら怖い顔してやって来た時の事を今でも夢に見てうなされる。

1 :名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火) 17:30:30 ID:I3I
プレッシャーかけ続けた甲斐があったぜえええええええええwwwwwww
よっしゃああああああああああああああああああwwwwwwww

40 :名無しさん@おーぷん 2018/02/08(木) 11:18:04 ID:8x9
姉の子供がまだ小6なんだが、大学は自宅から通える所に行きたいんだそうだ
理由は家から近いからではなく、自分の興味がある物がその大学にあるから
という話をしている時に、姉は「この大学受かってくれたら、自宅から通えるし大分助かる」
みたいな事を言ってた。子供の前で

将来の目標があるのはいい事だと思う。それに姉にとっても費用削減になるのは事実なんだが
まだ大学受験までに5年以上ある事と、節約好き(よく分からんが)で金が無いをよく言ってる姉なので
無駄に子供にプレッシャーを与えてるんじゃないか?
とかなってモヤった事があった

でも「普通の親は親戚にお金借りてでも子供を大学に行かせるのに、うちの親はそんな事しなかった!」
と、お金が大事な自分の親をディスっていたので
多分姪っ子の興味ある事が変わって、遠くの大学に行きたいと言い出したとしても
お金は何とかなるだろうし、多分心配する必要な何一つないだろう

548 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/10(日) 23:55:29 ID:jxjNoq0J0.net
高2の娘が勉強ばかりして寝てくれん。
何かあったんだろうか・・・三者面談の後だし、先生から何か推されたか何かでプレッシャーでも感じてるんだろうか?
宿題すらやらなかった俺の子供とは思えんほど頑張ってるんだが、燃え尽き症候群みたいな事にならないことを
願うばかり。

549: 1/10 2010/08/19(木) 21:07:20 ID:Q8351wxd0
 
俺…K男 
彼女…カノ子 
友子…カノ子の友達 
友彼…友子の婚約者 

すまん、色々思い出して書いていたら長くなった。 

当時、俺とカノ子はお互い23歳、付き合って約3カ月位だったんだけど 
カノ子の異常な位の結婚願望に早くも疲れ始めていた。

サプライズデート、とか言っていきなりウェディングフェアとか何とか 
(結婚式の販促イベントみたいな)のにつれて行かれ、

模擬挙式をさせられた事もあった。

突然デートに親が来たりとか。 
幸い親御さんはまともで、大学出たばかり、しかも付き合ってまだ数カ月の俺との結婚は反対。 
カノ子に「二人とも今すぐにでも結婚したいと思ってる」と言われており、 
若造にしっかりと言い聞かせてやる!と乗りこんできたが、

慎重派な俺に拍子抜けして帰って行った。

カノ子は「お父さんが何を言っても大丈夫だよ!二人なら乗り越えられる!
大丈夫だよ、がんばろう!いざとなったら私駆け落ちしてもいい!いやむしろしよう!」
とか。

ヤバいと思って色々言うが、猪突猛進なカノ子には何を言っても聞こえない。
何とか結婚はまだだ、と言い聞かせていたが、本当に何も聞いてくれない。
例えば「もっと良くお互いを知ってからでも遅くない」
→俺の家に居る時は基本服を着なくなる。「さあ私を良く知りなさい」
あのね、そう言う事じゃなくって!!と言ってもダメ。

説得して服を着ないことだけは何とか止めてもらった。

正直何の反応もなかった。むしろ萎えて縮こまってた。 

このページのトップヘ