今日の人気記事

メール

554 :おさかなくわえた名無しさん 2011/06/27(月) 00:44:56 ID:w3cKq55B
さめたというかさめられた?話。
前彼には、時々私のアパートで手料理をご馳走していた。
ある晩、ご飯を前にして彼が急に「インスタントラーメンが食いたくなった。作って」と言い出した。
ご飯ももう炊けてるし嫌だと言ったら「台所貸して、自分で作るから」
むっと来たので、「せっかくこっちもご飯用意したのに・・・ちょっとわがままだよー」とやんわり言った。
そしたら、急にすくっと立って無言で帰ってしまった。
残された私、二人分の食事を前にボー然。
次の日、彼から超~長文メール。


315 :名無しさん@おーぷん 2015/06/29(月) 16:05:45 ID:fkg
愚痴や相談スレに書こうか悩んだけど、衝撃的だったのでこちらへ
超長文、スマホからの書き込みなので読みにくかったらすみません

兄が18ででき婚して、お互いの家での同居を経て別居し、一度も家族3人で暮らすことなく四年ほどで離婚した。
最終的な理由は性格の不一致、結婚一年くらいから兄から離婚話を出していたようだけど、元嫁さんの方が拒否していた。
で、その離婚条件がもう一人子供を作る事。一人っ子は可哀想という考えからで、その子の養育費はいらないと言ったらしい。
まずここで神経が分からない。

その頃姪っ子がやっと手のかからない時期になっていたから、養育費貰いながら仕事も出来る。2人子供がいたら再婚も更に難しくなるんじゃないかと思った。まだ元嫁さんも若かったし。自分ならそのまま離婚を選ぶけど、まあそれぞれの考えもあるのかと無理矢理納得。
兄にもあまりに無責任だろうと話したけど、あちらがそうじゃないと聞かないから、の一点張りだった。
その時、まだ二十歳前だった自分は冷めきってるのに子供作れるのか、そんなにお互い考えなしでいいのかとまず衝撃。
結局、慰謝料もなくそれで離婚。

長いけどここまでが前提。

56 :名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土) 20:59:15 ID:hKd
夫の姉の旦那さんが私と義姉さんが美容院行く時間を作る為に有給を取ってくれたこと。
先月、義姉さんから「最近美容院行けてる?」とメールがあり、育児で忙しいので行けてませんと返信をしたら暫くして「4月○日に時間作れる?」と返ってきた。
詳しく話を聞いたら、義姉旦那さんがGW前に有給を取るつもりらしくその日に美容院に行ったら?と義姉さんが言われたそう。
義姉さんが小躍りしていると旦那さんが「義弟くんの奥さんは美容院とか行けてるのかね?」と言い、義姉さんが最初のメール送信。
私の返信内容を聞いた義姉旦那さんは「義弟くんの奥さんが嫌じゃなきゃまとめて子守りするよ?」と提案してくれた。
もちろん私も大喜び。先日義姉旦那さんにお願いして2人で美容院に行って来ました。
まとめとか見ると30分とかでも子守りが出来ない旦那が多いのに、わざわざ有給を子守りに費やしてくれたのが本当に驚いた。
一応書いておきますが、うちの夫も頼めば子守りはしてくれますよ。ただわざわざ有給を・・・となると流石に無いかと。

38 :名無しさん@HOME 2014/07/08(火) 14:34:02 0.net
昨日、私が大学から帰ってきて、部屋に入ったら原石鉱石コレクションが一部なくなっていた。
鍵はついてないけど、フタ付きの箱に入れているで、飛び出したりすることはありえない。
両親は「きれいなものねー」程度で興味ないので持っていくとは思えない。
確認したら弟のお嫁さんが連れ子を連れて、我が家へ(私は実家住み)昼くらいから来ていたそう。
連れ子が持ってっちゃったかもと思い、弟嫁にメールしたんだけど、返信がないし、電話しても出てくれない。
仕事中の弟にメールで説明して、仕事が終わったらすぐ連絡してくれと送るが今朝になっても連絡がない。
夜のうちに弟夫婦の家に電話もしたけど弟嫁がでて、「もしもし、弟嫁さんですか?」って言った瞬間切られて
それっきり電話に出てくれなくなった。

今日は大学がなかったので直接会いに行ったけどいない
本棚を確認したら一部本も無くなっているのも発覚
原石はそれなりに高価なものもあるし、本は絶版で手に入りにくいのもある
ぶっちゃけ警察行きたいけど、両親はもう少し待てだってさ

81 :名無しさん@おーぷん 2017/08/24(木) 16:25:10 ID:tJi
「前に挙げた結婚式は本当にやりたい式じゃなかった
でも、また式を挙げるお金がないから貸してほしい」と
(元)友人から連絡がきた。

新郎新婦どちらも元カレ、元カノを式に呼び、
「先に幸せになってごめんねwww」とかましたり、
先に結婚式を挙げてた別の友人のドレスのデザインやら
お色直しのドレスの色やらを丸パクリして、
「私のほうが、似合っちゃてるかな~www」と
ほかにもさんざんやらかして、
友人ほとんどから疎遠にされてしまったらしい。

さんざん好き勝手やっておいて、
自分の妹の結婚式を見て、我に返ったらしいけど
「式をやり直せば、離れていった友達も戻ってくる!!」
なんて普通考えつくか???
まさにスレタイ。
ガラケーに久しぶりにメールが入ってたから
誰だろ?と思って開けちゃったけど
開けるんじゃなかった・・・。

メアド変えちゃうか、このままにしておこうか考え中。

429 : ◆SQ3SrsFcRE 2011/06/21(火) 14:03:47 O
十数年前、いきなり連絡を絶ち私の前から消えた7歳年上の元彼からのメール。
「○○(私の名)元気か?
俺たちちゃんと別れてなかったよな。
やり直すためにもまた出会いから始めよう。
あの頃はさんざんお前を泣かせてばかりいたね。
お前の涙が俺の中のお前の気持ちを教えてくれていたのに、気付かなかった俺が馬鹿だった。
お前のために俺は強くなるから、お前がもしも他の男と結婚していたとしても、運命の相手は俺だから躊躇せず飛び込んでおいで。
いつでも、お前の星を見つめているよ。
××(元彼の名)」

後で2股かけててその相手と結婚とした聞いたんだけど、棄てられたのだろうか?
ってか、私の星ってタヒんでいるの?
速攻アドレス変えました。

302 : ◆pUXxlc17Ok 2011/07/14(木) 20:37:55 0
ちょっと吐き出し。

元旦から、
「俺達ふたりが出会ったあの日に戻りたいよ…」
というメールが来たので、
「うん、私も戻りたいよ。そしたら絶対アンタとは付き合わなかったし、当然結婚もしないから過去の汚点が消えるしね」
と返信したところ、
「結婚式をあげた直後に戻ったらいいんだよな?」
と返ってきた。

今も付き合いのあるコトメさん(すごくいい人。ずっと、今も私の味方)に転送してシメてもらった。

120 :不倫好き義弟 ◆VGjEh1zBbA 2011/07/07(木) 17:49:58 0
タヒ別した夫の弟からメール来た。

兄さんがあんなことになって○年だね・・・
淋しく無い?
僕は淋しいです。
本当に淋しいです。
だから義姉さんを思い出してます。
お互いに慰め合いませんか?

普通なら単に兄(夫)を偲ぼうというメッセージかなと思うところですが、
夫が生きていた頃から、こっそりセクハラが酷かったから被害妄想入ってます。

191 : ◆/yKHVZkfOQ 2011/07/11(月) 02:14:31 O
夜中にこっそり書き込みます。
こういう書き込みなれてないからうまく書けなかったらごめんなさい。
三年前に別れた元カレからメールがきた。
私がふった形。理由は彼の束縛。まだ学生なのに同棲しようとうるさく、
親も厳しいし、と断ると家族の悪口をいい家出させようとしたことが大きなきっかけ。
メールの内容は才能を認められ仕事が順調、みたいな内容でした。
昔はお互い幼かったし、と普通にメールを返し、何度かやり取りが続きました。
ある日こんなメールが届きました。
「復縁を望むならよりを戻してやってもいい」
よくわからないのでスルーすると、
「でも条件がある。週に一回は会えないとダメだ」
「親に自分を認めさせること」
などとメールがきました。
「今度一人暮らしする、部屋は二人用にする。待ってるよ」
「君の料理がたべたい」
とメールが来たとき、
昔どんな些細な事でも彼に逆らうとキレられて怖かった事を思い出し
「あなたは全て思い通りにならないとすねるじゃない」をオブラートに包んで送信しました。
「最低な言い方するんだな」と返ってきてからしばらく音沙汰はありません。
快t…いえ、穏やかです。

41 : ◆yYrojmReik 2011/06/11(土) 02:56:13 0
むかむかして眠れない。
ゆうべ仕事仲間と飲んでた店で、「常に俺の心奮い立たせてくれる真のパートナーを見つけた」とか言って年下巨乳ちゃんに乗り換えていった元彼とバッタリ会った。
その場はあたりさわりなく「無視以上 会釈未満」でかわしたのだけれど、飲み会がお開きになって帰宅途中にメールが来た。


元気そうで安心したよ。
俺のハートが傷ついてる時になるとお前が現れるんだな。
驚いた。まるで小悪魔だぜ、フフッ
お前はちょっとやせたんじゃないか?
しっかり食ってるのか?心配だぜ…。
やっぱ俺がそばにいてやらないとお前、ダメなんだろうな。
まったく、仕方のない小悪魔ちゃんだな、フフッ
俺、まださっきの店の近くにいるから、お前も来いよ。
2人で飲み直そうぜフフッ
俺の無限の愛でお前にまた幸せ太り、させてやるよフフッ


さっぱり意味が分かりません。
「フフッ」もキショイ。
もちろん、返信なんぞしていません。
あーでもムカつく!

このページのトップヘ