今日の人気記事

ヤンキー

563 :名無しさん@おーぷん 2017/10/01(日) 08:30:05 ID:g6N
40代半ばの田舎のおばちゃんだが
丁度こっちの中学では私の学年からヤンキーがギャルに切り替わった時期だった
1つ上の先輩までがヘソ出そうなセーラー服に足首までのスカートで
男が長ラン&凄いボンタンってのが結構いた
私の学年は女がミニスカルーズソックスで男は短ラン&軽いボンタンが
ごく少数いるだけで男女とも殆どが普通の学生服姿だった

それで中3の中途半端な季節に関東から転校生が来てね
そのヤンキー世代まではうちの中学は超絶荒れてるので有名だったから
多分それを聞いたのか?舐められたら駄目だと思ったのか
真っ赤に染めた髪に長ランボンタンに潰してぺらぺらな学生鞄で
おらつきながら正門から授業が始まってる時間に入ってきた
何か時代遅れなのが来た!とか窓辺の生徒が言いだして鈴なりになって
その転校生を見物してみたら、他の教室も皆同じ事してた

そしてその1週間後には、その転校生は髪を普通の黒に戻して
普通の学生服姿で、普通に授業受けてる普通の生徒になってた
何かやらかして転校して来たわけではなくて親が転勤族なだけだったらしい
あんな漫画みたいな転校生に衝撃だったよ


729: 1/3 2006/09/11(月) 16:53:12

自分の武勇伝じゃないけど投下しますね 
長いけどごめんね。 

俺はブラジリアン柔術をやっているんだが、そこのジムのオーナー(31歳)の話。 
オーナーはキックボクシングの畑からブラジリアン柔術に転向して、今茶帯。 
 ※茶帯は滅多に居ない、まぁすげー強いってこと 
身長185、体重80、もちろん超筋肉質で肌も浅黒い。 
でも顔も雰囲気も爽やかで、話しやすいイイ人だ。

そんなオーナーが半月ほど前に市内を車で移動していた時に、
いきなり後方から走ってきた車が、オーナーの車の前に斜めに割り込んで止まったらしい。
黒塗りで、エアロが付き、下品なネオンが光る、ひとめでDQN仕様と分かる型落ちシーマ。
オーナーがワケもわからずにいると、シーマから土方作業着の金髪が降りてきたんだって。
で、オーナーの車のガラスを叩いて「降りて来い!降りて来い!」と怒鳴るらしい。
どうもヤンキーはオーナーの運転が気に入らなかったようだが、全然心当たりは無いそうだ。

698: 愛とタヒの名無しさん 2010/04/24(土) 21:44:24
俺がプチ不幸だった結婚式
幼馴染(女)が結婚する事になり披露宴に呼ばれた
でも新婦側友人に男一人ってのも嫌だと言ったら他の男も来るとの事だったのでOKした
しかし一か月前になり聞いてみたら男友達はみんな披露宴は断り二次会から参加との事
今更断るのもなんだし渋々参加
当日、案の定オレ一人新婦側友人席で浮きまくり
とくにかく飯食って酒飲んでりゃ終わるだろうと思ってたら
新婦側の友人挨拶が終わったら突然司会者が「ここでサプライズゲストによるお祝いの言葉を」
等と言いだした
「新婦様の幼馴染でありお兄様の様な存在である○○様(オレの名前)にお願いしたいと思います」
驚くオレ、ざわめく会場
新婦を見たらクチパクで「がんばって」と満面の笑み
とりあえず当たり障りないスピーチをするもその間新郎はずっとオレを睨む
その後キャンドルサービスにてオレの席に来た時
「ありがとう!どうしても○○にお祝いしてもらいたかったの~」と新婦
その横で鬼の様な形相で睨む新郎
そりゃそうだ、なんたって以前に新郎から浮気相手と疑われた事あるんだから
オレと新婦の家は歩いて1分くらいでお互いヒマがあれば夜中でも相手の家に行って
飲んだり一緒に寝る事もあったんだからな
やましい事は一切無いんだが疑われても仕方ない
新郎は絵に書い様なヤ○キー、もちろん友人達もね
オレは身の危険を感じ二次会は欠席した



948: 名無しさん@HOME 2010/01/26(火) 11:40:04 0
元エネ夫の話ですが。 

当時田舎でトメと同居していた私。お約束の嫁いびりがあった。 
はじめは元夫に「こんなことされた、あんなことされた」と報告していたがスルー。 
元夫の目の前でいびられるも元夫はトメの味方になった。 
ので自分が強くなってトメと対等に渡り合うようになり、元夫はますますトメの味方にという悪循環。 
離婚も考えていたところ、トメのいびりがぴたっと止まった。 
不審に思いながらも平穏な日々を送っていたが、発覚。 
私が思い通りにならないトメは、近所のA姑をけしかけてA嫁いびりをしていた。 
A夫がA嫁の様子に気付いて問い詰め嫁いびり発覚、そしてトメがA姑をけしかけていたことも。 
A夫、元夫の先輩でヤンキー時代はずいぶん世話になったらしく今でも頭が上がらない相手。 
A夫から「お前のばあさんなんとかしろ!」と怒られた元夫は 
「お前が大人しくいびられてれば、こんなことにはならなかったのに」と私にぐーぱんち。 
腫れた顔を見たA嫁が「元夫さんが嫁ちゃんを殴った」と報告して、「嫁にあたるな!」とA夫が元夫を締め上げる。 
私は顔へのぱんちを理由にがっつり治療費と慰謝料をとって離婚。 
トメの尻馬に乗って嫁いびりをしたA姑は施設へGO。 
元夫はDV男として狭い職場でひそひそされて退職、友達内でも「A先輩の嫁に嫌がらせした屑」と蔑まれひきこもり。 
今はトメがパートに出て生活費を稼いでいるそうです。ひきこもりのお世話とパートでぜんぜん暇がないとA嫁に愚痴り 
「よかったですね♪暇があると嫁いびりとか余計なことしかしませんもんね。うちのおばあちゃんは施設でいい友達ができて 
毎日楽しいみたいですよ」 
と言われて、しょぼい施設に押し込まれたと思っていたA姑が、実は高級ホームで幸せライフを送っていることに気付き、 
きいいっとなって「私も高級ホームに入れろ」となぜか私実家に手紙を送ってきましたwww


このページのトップヘ