今日の人気記事

レアケース

545 :名無しさん@HOME 2010/02/12(金) 13:24:41 0
自分の不幸語りを利用したDQ返し。

生焼けのハンバーグを出された。
「いいんです。私の母は凍ったままの刺身を食べさせ、吐くと食事抜きにする人でした。それに比べたらお義母さんは優しい人です…」

嫁子の分だけお寿司を取るのをうっかり忘れた。
「いいんです。私の母は私の分だけ食事を出さない事がよくありました。慣れてます…」

あんたが着なさいと、変色してシミだらけの服を持ってきた。
「いいんです。私の母もそうやって私にボロを渡しました。でも、男の人がいるところで着替えろと言わないだけお義母さんは優しいです」

できが悪いと罵られる。
「母と同じ事をおっしゃるんですね…お義母さんも『氏ねばいい』と言って階段から蹴り落とすんですか?」

私の物を捨てられた。
「いいんです。お義母さんのなさることって私の母と同じ…私を本当の娘として扱ってくれてるんですよね?」

義実家一同のいる席で。
「お義母さんといると、母と暮らしていた子供時代を思い出します」
旦那、トメ睨む。
トメアワワワワ。

トメがお母さんはどうしてそんな事をしたの?と聞いてくる。
「親戚が言うには、嫁いびりされておかしくなったみたいです」←嘘
トメアワワワワワワワ。


ありがとう毒母。テメーのおかげで少しのイジメじゃ動じないぜ!


274 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 04:40:46 ID:0QjNNbKK.net
学生時代からトラブルを起こす、女は取っ替え引っ替え、卒業後も定職にも就かずぶらぶらしてた弟が、地元では相当有名な公衆便所とあだ名のつくようなDQNと結婚した
正直すぐ離婚だろうだと思ってたが、数年後久々に再会したら見事なまでにまともになってた
弟は正社員になり髪も短く、言葉を知らないことはあっても言葉使いはまとも、物凄い数つけてたピアスも外し猫背が直ってた
弟嫁は結婚の挨拶にジャージとサンダルで来てたのが、今回はジーンズにTシャツを着て出迎えられ「こんな格好でごめんなさい」
いつの間にか産まれてた子供には意味も字も綺麗な名前をつけ、まだ3歳なのに自分の名前が漢字で書ける子供は今そろばんに興味津々らしい
弟は「俺そろばんなんてマラカスにして遊んだことしかないからやり方覚えなきゃ」と言っている

失礼ながら頭の中で「マイマイがプラって習ったよなぁ」と思ってしまった
それくらい衝撃的だった

このページのトップヘ