今日の人気記事

予想外

949: 愛と死の名無しさん 2005/06/08(水) 20:22:39
新郎が最後に挨拶した時、

妊娠したので結婚する事になったのだが、子供が居なくなった今(直前流産)
自分はどうすれば良いのか分らなくなっています・・・・と涙を流した。
一体この結婚に何の意味があるのか云々・・・
最後の最後にそんな事言わなくてもと思ったが、言いたかったのか。



160: 名無しさん@HOME 2012/01/24(火) 09:04:51.12 0
義両親は、義母の妹の家と隣同士で住んでいる。
非常に仲が良く、義母姉妹はお互い一人になったら
一緒に住もうと約束しており、非常に安心していた。

最近義父が倒れ、お迎えはすぐそこにやってきた。
元々体調悪く、長年義父の介護を生き甲斐としていた母を
旦那が突然心配しだした。
介護が無くなったら、張り合いなくなって惚けちゃうんじゃないか?と。
一人ですることなく家にいるのも心配だ・・・・・。


これって同居のことを私に打診されてます?


69: 名無しさんといつまでも一緒 03/10/01 02:30


 
昔、子蟻で浮気しまくってました。体目的だったから、すぐにとっかえひっかえ。 
で、半年前の話です。僕は深夜帯の仕事なので、かなり時間に制限あるんです。

なのに、浮気相手の子に、「今日つらいことあったから、すぐ会いたい。きてくれないと 
別れる」とか無理なメールきたんです。その子は、普段からわがままばっかりだったんですけど。 

「めんどくせーなあ」と思ったんですが、かなりカワイイし相性もよかったので、もったいない。 
でもその日、奥さんの誕生日で。奥さんからも「早く帰れ」って言われてました。

これを誤魔化すのはかなりダルい。
どうしよっかなあと思ってたとき閃いたのが、ある同僚の存在。仮にSとします。

僕の職場は、かなりみんな遊んでるっていうか、結構だらしなくて、仕事中でもばりばり
そういう話するようなところでした。それで、S自身は独身で
あんまり遊んでるとか言わないやつだったんですけど、
他の同僚の話では、ちょっと頼み込むとアリバイ作りに協力してくれる無茶いいやつだっていう。

僕はそれまで、自分でなんとかしてたので(奥さん淡白なほうだから結構なんとかなってた)
彼にそういうこと頼んだのは一回もなかったんですが、
「よし、こういうときはありがたい!」って思って電話しました。


79: 名無しさん@おーぷん 2014/07/25(金)09:54:20 ID:???

フタマタかけられて男に捨てられた
最初男の浮気発覚でそれを責め、浮気相手の女も責めた
(私のマンションでイチャコラしてた)
そしたら男の本命は浮気相手…つか私が浮気相手で女は本命彼女と判明w
女は男が私と浮気してるの知ってたんだと…
私なら「別にいい」らしいw
スペック的に男とられることは無いからとww

今なら笑えるが、当時は衝撃で泣いたw
私の価値は「金」だけだったらしい
「体」は彼女には劣るけど貰ってやってもいい
「金」はいくらあっても困らないし、私は稼ぎだけはいいので、
彼女から男へのプレゼントを私が買ってあげて、浮いた金で彼女と男が遊ぶ、と
当時もわけわかんなかったけど、私から男へのプレゼントは全部「彼女からのもの」らしいw
悔しくて悔しくて思わず「父に言いつけてやる!」と口走ってしまった
男は「あーあのショボくれオヤジ?wどうぞどうぞww」とあざけってくれた
彼女も「ター君(男)無理やり会わされたんだっけ?wwオヤジとご飯とかカワイソーwww」
と笑う
両親を紹介したことも、2人でかげで嘲笑ってたわけ

こらえきれず2人をマンションから追い出そうとしたけど、「お前が出て行けよw」
「ここ結構気に入ってるのwwもう何度も使ってるのにwwww」
男、今回が初めてじゃない、もう何度も留守中こっそり彼女招き入れてやることやってたらしい…


609: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/16(月) 16:54:32 ID:ucqM2lHJ
痴漢冤罪をどうにか回避して、
なんだかんだで相手とメル友になった
おそらく、人生最大のピンチだった

610: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/16(月) 17:05:42 ID:3h8YdRAk
>>609
その超ウルトラC技について詳しく。
痴漢冤罪に苦しむ男性たちにとって
朗報となるのでは。

261: 名無しさん@おーぷん 2015/01/01(木)03:48:02 ID:KbA

新年だし吐き出しに。

親に誘われてオシャレなレストランでディナー食べてたら
カップルのプロポーズに出くわした。
でも彼女が断って早足で店内から去って行った。
不幸だなーと思って彼が会計するまで見てたんだが
何だか入口が騒がしいと思ったら
彼女がそのカップルの友達とか上司とかを集めてさっきの頼み受けるよって
ああ逆サプライズなんだなって思ってたら彼がブチ切れた。

372: 名無しさん@HOME 2011/04/22 13:59:51
彼女は付き合った当初22才だったのだが、その時点で6回、川や海で溺れた人を助けた経験があると告白された。もちろんライフセイバーなどでなく、散歩などで偶然に通りかかった時に遭遇したのだそうだ。
結構冗談を言う子だったし、その話を聞いたときももまたまたーwという感じで流した。

しかし付き合って1ヶ月くらいした時、二人で河原を散歩をしていたらなにやら騒がしい。
声のする方を見ると、なんと子供が川で溺れていた。
情けないけど俺はもうパニックになってしまい、何故か110番に掛けて救急車を呼ぼうとしていた。
そんなオロオロしている時、彼女は素早く靴を脱ぎ捨て、川に飛び込んだ。
そしてあっと言う間に子供に追い付くと、ラリアット?みたいな体制で再びあっと言う間に岸にたどり着いた。
溺れていた子供はビクビク痙攣していたのだが、彼女が素早く人口呼吸をして水を吐き出し、一命を取り留めた。
その間も俺はオロオロしてるだけ。情けないったら無かった。




後から聞くと、あまりにも人が溺れている所に遭遇するから、きっと自分が助ける運命なのだと思い、講習を受けたり救助の仕方をネットで調べたりしたらしい。
俺はますます彼女に惚れ直した。結婚しようかと思ったり・・・ 
おわり

やっぱり因果ってあるのかな


46: 名無しさん@HOME 2011/04/07 09:42:50
学生時代、友達とアパートをシェアしてたが、二人で何も考えずに近所の猫に餌付けしていた。
その猫は他に本宅があると思っていたが、うちの餌がうまかったらしく、本宅をうちにシフト
していたらしい。(そんなのは向こうが言葉を話すわけじゃないので知る由もないが)
そしてある日帰宅したら、家の絨毯に点々と血がスプラッタ。友達に何が?と焦りつつ掃除してた時、
いつもの猫とは違うミューミュー声が・・・
見ると、自分のベッドの上に猫が増殖していた・・・ もちろん布団はアウトだし寝る場所はないし、
子猫触らせてくれないのに飼い主探さないといけないしで、数日間まさに修羅場だった。

・・・っていう話が実は前振りで。その後数年しての話。

就職して会社の独身女子寮(3LDKマンションの借り上げ。他の独身社員と共同)に
残業して帰宅したところ、共有のリビングの床がスプラッタだった。
前の経験があったから、「・・・誰か猫連れ込んだ?」とかわけのわからないことを思って
とりあえず自分の部屋のベッドをチェック。一応猫はいない。
なぜかほっとしつつ、「もしかしてケチャップか?」とか変に冷静になりながら雑巾とか用意して
掃除しようとしてたら、今度は前の時とは違う鳴き声が。いや「鳴き」じゃなくて「泣き」。
これって・・・人間の小さい方の声?・・・と、いうことに気づいた。
他の二人の部屋をノックして覗いたら、一方が・・・ 人間が増殖してた・・・

その子は、その当日も普通に出勤してて会社で会ってたりしたのだけど、会社の人は
誰も妊娠にすら気づいてなかった。ちょっとふくよかさんだったから。
本人も生理が不順だったので気づいたのはかなり遅かったらしい。しかも、相手の男が
既婚の社員だったことから、社内と社外でまた別の修羅場が連鎖していたとさ。


143: 名無しさん@HOME 2010/03/22 10:46:36
3年前、姉が、「5年間付き合っている人と同棲したい。なので相手を紹介したい。
きっとお父さん達には理解してもらえないけど…」と言い出した。

「同棲なんて中途半端な事しないで、きちんと結婚しなさい」というのが
親の考え方で、更に「理解されない相手」というワードが親に火を付けた。

どうにも姉が相手の事を話したがらないので、無職かなとか、外人かなとか、
借金持ちとか、父の勤務先とはライバルにあたる会社の人なのかなーとか、
そういった両親のゲスパーだけで、揉め事になった。
「そんないい加減な人じゃないし」「外人だからって反対される理由がない」
「だいたい日本人だし」「お父さんだってキャバクラ行くじゃない」
「ちょっと良い会社に勤めてるからって」「お母さんに介護させてたくせに」と、
姉が父相手に暴言?言いまくり。涙目の母。
妹である私と、弟は傍観するしかなかった。キャバクラのあたりで笑ったけど。

「とにかく、相手を見てもらいたい。今週末連れてくるから」と、
連れてきた相手が、女性だった。
父は目が点。母は「昔から女の子にバレンタインチョコ貰う子だったからw」と、
わりと冷静だった。
姉は特に反対されず、あっさり同棲開始。

姉は今でも、この女性と同棲している。


33: 名無しさん@HOME 2010/02/22 12:08:16
10年以上前に、我が社と提携していたロシアの会社から出向してきた女の子がいた。
当時26だったと思う。
俺は教育係を仰せつかり、2年くらい一緒に仕事した。
その後、彼女は帰国し、時々メールする仲になった。

そして、俺も彼女も結婚し、互いに子供も産まれた。
写真は送ってもらえなかったが、会社の上司と結婚し、独立、子供も男の子と女の子が一人ずつ産まれたらしい。

突然、彼女から、旦那や子供と日本へ観光に来る、というメールが来た。
このため、家族にも話し、みんなで迎えに行ったんだ。

家族には、すごく綺麗な女の子だった、と話し昔の写真も見せてあり、特に長男は綺麗な外国人のお姉さんに会える!と、ちょっと邪だが、wkwk状態だった。


このページのトップヘ