今日の人気記事

人生

509 :名無しさん@おーぷん 2019/08/02(金) 18:11:42 ID:n8J
趣味で知り合い10年以上の付き合いだった友達
そいつの人生が嘘まみれだった事を知ったさっき友達をやめた

2人で映画見に行ってランチ行ったら友達がおばさんに声かけられて聞き耳立ててたら

両親亡くなった→虐侍親だったらしく連絡とってない
2人姉弟→実は7人
祖父の話全くせず→本家の当社とかいう謎の祖父が探してる
中卒→高校中退したあとに高認と大検とってる
人間関係合わなくてバイト退職→事件の犯人と疑われ退職
1年ニート→実はかけもちしててバイトが暇つぶしだったらしく本業があったらしい

って事がわかり聞いてた話と違いすぎて
おばさんが立ち去ってからどういう事?って聞いたけど
最初から私父型の跡取りなんだけど両親に虐侍されてて逃げてきた
両親離婚後も母と色々あったし説明難しいし
暇な時間が嫌いだし子供の将来の為に貯金も兼ねてかけもちバイトしてる
って言ったら信じてくれた?多分無理じゃないかな?
って笑われながら言われて腹立ったから帰ってきてLINEブロックしたわ


542 :名無しさん@おーぷん 2020/06/22(月) 14:03:29 ID:gC.to.L3
老後を迎えるのが怖い。
昔はご近所との繋がりが深かったから助け合いや仲良くできる人が多かっただろうけど、自分達の世代は最低限の付き合い
しかない(今住んでいるところは町内会の活動もないしご近所は庭で目があったら挨拶する程度)から将来寂しくなりそう。
子供はいつか家を出るもんだし、夫婦のどちらかが亡くなったら人生何のために生きてるのかわからなくなりそう。
1人ぼっちになるのが怖い。趣味をやろうにも老後は趣味を十分満喫できるほどのお金がないかもしれないし。
もし働けなくなったら家に篭って生活水準下げながら細々と生きていく毎日になるのかな。なんか暗いよね。泣きたくなってきた。

…と突然夫が言い出した。
自分達夫婦は地元から離れて住んでいるから昔からの友達とかいないしなあ。
「俺先に逝くー!」って言われたけど私だって1人になりたくないわw
調べたら老後の不安の3K=お金、健康、孤独という言葉まであるらしい。皆不安なんだね。

422 :愛とタヒの名無しさん 2020/06/09(火) 13:21:31 ID:rt7MVCDWa.net
35年間一度も彼女できんくて女友達どころか男友達すらおらんかったが、ここ数ヶ月であれよあれよと14歳年下の可愛い子と結婚を前提としたお付き合いしてる
同棲の約束済みで来月相手方に挨拶に行く予定

恋愛や結婚なんて想像すらできなかったのに人生わからんもんだ

638 :1/3 2018/12/08(土) 20:16:24 ID:zn9
長いです

大学の頃、俺は将来はプロ作家になりたいと夢見て
ブギーポップの三番煎じみたいな話をせこせこ書いてるオタだった
それがなぜか、オタの巣窟の文芸部で
一人だけすごく御洒落で可愛いA子から告白されて付き合うようになった
A子は当時から小説家志望で「この分野で何歳までにデビューしたい」と
結構はっきり公言してたし実際かなりの量を書いてた
部誌に提出する作品もレベルが高い長編
同人サイトもやってたけど、短文でも毎日のように何か新作を載せて
とにかく筆が早くて厚い同人誌をどんどん出すから人気があって
大学の頃には同人誌の利益があるからバイトする必要ないって言ってたレベル

就職も、A子は小説を書く時間を確保するために
『実家から通勤出来て残業が無い会社』を第一条件に就活して
本当に驚くほどホワイトで福利厚生の充実してる企業に就職した
俺は就活の頃から書く意欲が完全に消えてしまったから
A子はこのまま書き続けてプロになるといいな、と思ってたけど
23区内の実家暮らしのまま都心で働き始めると
A子は『小説家になるための勉強』と称して
最低でも週1は映画やお芝居の鑑賞することを自分のノルマにしはじめた
定時退社がデフォで家と会社の間に劇場や映画館が沢山ある
都心の恵まれた環境だから出来ることだろうけど
そのうち宝塚にハマって同じ公演に何度も通ったり
日本全国飛び回ったりするようになってた

605 :名無しさん@HOME 2011/12/06(火) 18:29:47 O
本当に些細なことなのですが、相談させて下さい。

義両親が、息子に「医者になりなさい」とよく言います。
私は、息子には息子の人生があるのだから、自分が目指したい道を進ませたいという考えです。

旦那に相談したら
「まぁまぁ言わせとけばいいじゃん」
「夢見させてあげてよ」
「てか医者いいじゃんw(旦那は小さい頃からずっと言われて嫌だったと言っていたのに)」
と、聞く耳持たず。

これってエネですか?私が家庭板に毒されすぎですか?

180 :おさかなくわえた名無しさん 2019/02/07(木) 12:29:16 ID:0OQqUrBy.net
俺は現在52なんだけど、これまで人生で「普通のスーツ」を着たのが10回にも満たないと気づいた。

大学の卒業式で着たのが初めてで(入学式はブレザーで出た)
大学時代にバイトしてたホテルにそのまま入社したので就活はしていない。
ホテルでも、営業や事務方は「普通のスーツ」を着るけれど宴会やフロントなんかはお仕着せ。

そして俺が営業を経験する前にホテルが倒産してしまい、30を過ぎてはじめて就活なるものをした。
この時、3社目で受かったのが今の職場なので、面接で「普通のスーツ」を着たのは3度だけ。
で、人や会社の空気に慣れるため宴会部門に配置されて、その次がフロント。
なぜ、この会社でのキャリアが浅いやつをフロントに配したかというと、夜勤が平気な体質だから。
そのため重宝がられて、というか、便利に使われてというか、もう15年もフロントに貼りついている。
フロントはブレザータイプの制服だから「普通のスーツ」は着ない。

でもって、たぶんこのままフロントの主(今のスタッフの中ではキャリアがいちばん長い)として定年まで行きそうなので、
今の会社で「普通のスーツ」を着ることは、たぶん無い。

まあ、職種によっては不思議でもなんでもないことなんだろうけど、
ワイシャツは毎日着ている仕事なので、なんかおもしろいな、なんて思った。
子供いないから、入学式・卒業式で着る機会もないしね。

947 :名無しさん@おーぷん 2017/05/03(水) 06:50:39 ID:???
タヒ角になっていて見えないことについていきなりキレられた
まるで私がサボっているかのような言われようで腹が立ちすぎてあとで壁を殴ったら手が変な腫れかたをした
毎回私ばかりが叱られる、同じミスをした他の奴は絶対に叱られないのに
ひどいときは一人呼び出されてまで言われる
多分、いつか爆発すると思う

345 :名無しさん@おーぷん 2014/07/27(日) 15:57:01 ID:r5Qp40YlD
吐き捨てます

私は子供の頃からずーっとださくて地味だった。
そして何をやってもイマイチなぱっとしない人間だった。
努力はした。でも要領が悪いのか能無しなのか駄目だった。
周りからも、いつもなんとなく見下されていた。
でもぼっちは嫌なのでヘラヘラして周りに合わせてた。
劣等感で一杯だった。

そんな私が奇跡的に素晴らしい男性.と結婚できた。
イケメンで優しく安定した口臭入、トメは鬼籍で
ウトは資産家で優しい。今私はとても幸せな専業主婦してる。
結婚に至るまでは大変で、ライバルは必タヒで蹴落とした。
(法に触れるような事はしていない)必タヒだった。

だから今、学生時代に散々私をバカにした女性.たちに
すっごいすっごい幸せ自慢、幸せ爆弾投下してる。
三十才過ぎてるけど独身が多くて、既婚の人も苦労してる。
私は子供二人産んで、家で趣味やって好きな物買って。
そういう自慢たくさん。資格持ち、高学歴、仕事してる女性.
が偉い、みたいな話にもなるけれど、そういう時は
「ウン、私はお外働きは夫くんにお任せしてる。
だって私は働か無くても良い立場だし、それよりも
子供を産んで、しっかり育てて。お家を守って。
そういう生き方も女性.としては良いと思うの。しあわせだよ。
みんなから見ればつまらない人生かもしれないけど…
一人の男性.が自分を一生の伴侶に選んでくれて、
本当に守ってくれる。子供は無条件の愛を私にくれる。
私も頑張らなきゃ、って思えるの。私を選んでくれた人の為に」
って返してる。
勿論みんな私の夫が素晴らしい男性.である事を知ってる。
結婚式に招待して、凄く羨ましがられたから。

551 :名無しさん@おーぷん 2016/03/07(月) 02:06:35 ID:9RB
もう20年以上前に亡くなった祖父は、たぶん完全犯罪者。
私も私の家族も「犯罪者の身内」になりたくなくて
祖父を庇った。
おかげで何事もなく人生を過ごしてきた。
ごく平凡な毎日が、とてつもなくありがたい。
あの時祖父を自首させていたら
結婚することも出産することもなく
今頃孤独な生活をしていたんだろうな。
Kサツにうそのアリバイ証言をしたことは、まったく公開していない。
ただ、刑事ドラマを見るたびに
いつも犯人の立場で見てしまう。
相棒の右京さんが、もっかの「心の天敵」。

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/22(土) 20:58:30 ID:nhJ8SoIn0.net
誰も見てないだろうけど書き溜めたから貼ってく。
気が向いたら慰めてくれ。
ワイ 女
自分で言うのもなんだが、容姿端麗、頭脳明晰だった。
就活で東京に行った際、ホリプロからスカウトされたこともあったし、国立の名門校を卒業した。

このページのトップヘ