今日の人気記事

依頼

987 :1/2 2017/03/27(月) 03:36:50 ID:rO+1HOG70.net
埋めがてら。長文ごめんなさい。
内容はいとこの結婚式。特定避けるためにフェイクあり。


新郎の弟が司会やナレーションやらやるような仕事。弟嫁は雑誌の記事とか書く仕事。
なので、新郎が弟嫁に新郎新婦の紹介文書いてほしい。弟には司会して欲しいと依頼。弟も弟嫁喜んでOK。
ココまでは順調だった。しかし、出来上がった原稿が最悪。


簡単に言うと、『新婦は新郎と出会うまで、夫になるのに相応しい男を捜し求めて、様々なおつき合いをしてきました』って文。
実際はもっと嫌味な言い方で、ビ。チ・ヤ○マンに見える文章。それを、雑誌の見開きページっぽく書いて渡されたらしい。

新婦激怒。もちろん新郎も。それ聞いた新婦両親も激怒。苦情を言ったが、弟嫁は
「こんなのちょっとした冗談よ。そんなのもわからないの?これだから田舎者は自意識過剰」
と謝罪しない。

仕方なく、弟に苦情を言うと、弟嫁が根回ししていたのか、
「自分の式の時も、嫁はこれくらいの事書いた。自分は我慢したんだからこれが普通。文句があるなら、司会しない。式にも出ない」

さすがに新郎も新婦も、欠席で結構だと。祝う気持ちのないやつに祝われたくないと、返事して、他の司会を探したらしい。

しかし、新郎母がそれを弟嫁に伝えて
「2人だけの兄弟なんだから、そんなことになって欲しくない。あなたから謝罪して、2人できて。司会して」
と勝手に連絡。弟嫁はそれを
「弟が本職だって知ってて、他の人に司会頼んで弟の面子潰すつもりらしいよ」
と……。式1週間前に大喧嘩。

散々揉めたが、結局、新郎新婦が折れて司会だけ頼むことに。
ココまでが前提。


600: 名無しの心子知らず 2013/11/29(金) 08:10:30.33 ID:vxLzeaqP
結構、前の話。兄経営の会社は、託児所がある中小企業。
それを聞きつけた、障害児M子ちゃん(♀5)を持つシンママLさんが託児依頼に来た。
町内会の役員のOさんも一緒に。
そして、Oさんが、他の子の面倒をみているついでで大丈夫だから、是非Lさんを助けてやってほしい、って言っている。

で、兄、お局総務部長、Lさん、Oさんで話し合い。

Lさんの言い分としては、
 ・平日、フルタイムでパートをしていて、その間、M子ちゃんを預かってほしい
 ・元旦那は失踪していて生活費も養育費も払ってくれない
 ・前に預かってもらっていた施設はトラブルを起こして退所した
 ・兄の会社は、地域のイベントのスポンサー活動に非常に前向き(社是の一つが地域貢献)
 ・祭りとか学園祭とか、スポンサーに、必ず名前がでている。
 ・託児所は朝から夜遅くまで開いている
 ・託児所専門の人を雇っている
 ・会社としては一銭の追加コストもかからず、地域貢献ができる。
 ・誰も何の損もせずに、得しかない!

お局としては「ダメに決まってんじゃねえか!」と思っていたらしいのだが、兄の回答は意外にも、、、
「非常にお困りのようですね、私のほうでもできる限りのお手伝いをさせて頂きます。」
Lさん満面の笑みで、「よかった、ありがとうございます」


229: 愛とタヒの名無しさん 2012/03/05(月) 23:59:33.72
不幸というか微妙だった親戚の結婚式
まず父方の長老に親族代表のスピーチを依頼するも断られる
ここであきらめれば良いのに
色々探してついに叔母の夫に頼みに来る
いや、血すらつながってないのにアナタ
と断るもじゃあ叔母さんお願いします!
と強引に依頼
ついでに叔母の夫にビデオを依頼
案の定当日微妙な空気の中スピーチ
ビデオも結局素人撮影なんで微妙
ちなみにお礼なし・交通費なし・宿泊場所なしのトリプルコンボだったらしい


240: 名無しさん@おーぷん 2015/02/17(火)23:16:40 ID:hOm
人って何かキッカケがあっておかしくなるのか、元々そうだったのが気付かなかっただけなのか・・・
多分、後者かな?
学生時代から20代半ばぐらいまで一緒に遊んでた友人(A)がいて、互いに結婚してからは特に理由もなく、それぞれ別に出来た付き合いが中心になってなんとなく疎遠になってたけど、昨年10年ぐらいぶりに連絡があった。
「今度家を建てることになって、よかったらお父さんにお願いしたい」って。
私の実家は工務店やってて、父が建てた家に住んでる。
Aは昔うちに遊びに来たことがあって、その頃からいい家だなあ~って思ってたとか言われたらお世辞と分かっててもやっぱり嬉しい。
父は亡くなって、今は兄夫婦がやってるんだけどって言ったら、それでもいいって言うからその場で兄に電話して、Aには直接店の方へ行ってもらった。
私は一緒に行かなかった。
お金の話とか出るだろうから居ない方がいいと思って。
それから一ヶ月ぐらい経った頃にAから電話。
「悪いけど余所にお願いするわ。話にならない」って言われた。
何がどう“話にならない”のか聞いてみたら
「お兄さんに聞けば?欲深いお兄さんに!」って切られた。
ワケわかんなくて、翌日実家に行って聞いてみたら
「おまえの友達だって言うからかなり勉強したんだけどさ、ありゃ無理だw」って。
とにかく“友達のよしみで安くしろ”って無茶苦茶言うらしいんだよね。
兄だってボランティアじゃないから、足が出るような仕事はできない。
20坪の狭小な土地にエレベーター付の三階建てを建てて欲しいって言いながら予算が8桁に全然満たないばかりか、その土地には古屋が建ってて更には樹木や廃材がゴロゴロ転がってる。
その撤去はサービスしてくれるよね?それ込みでこの予算でお願いって言うらしい。
やればなんとかなるでしょって態度だったらしい。
とにかく見積り出せって言うから、それでも精一杯頑張って勉強したらしいけどこういう人にあんまり安く見積もって、あとで想定外の追加があったりしたらトラブる元だから勉強しつつもそれなりの見積りを出したら
「話にならない」と決裂したそうだ。
兄も兄嫁もホッとしたと言ってたw
家なんて殆どの人にとっては一生に一度の買い物なんだし、イトーヨーカドーでカボチャ買ってくるのとはわけが違うんだから安けりゃいいってもんでもないと思うけどなぁ。
兄もうちが建てた家って自信をもって引き渡したいから無茶な建て方はしたくないって常々言ってたし。
学生時代、わりと勉強のできる子だったけど、なんだかちょっと失望したと言うか。
今となっては断ってくれてかえって良かった。本当に良かった。
前にもどっかのスレで話題になってたけど、ビフォー・アフターで無駄な夢を見る人多過ぎw

このページのトップヘ