今日の人気記事

信頼

  • カテゴリ:
572 :名無しさん@HOME 2010/04/23(金) 19:51:19 0
誰かがトメに「言った」話ではないんですが。長文です。

私は父の跡をついで、小さな会社を経営してる。旦那ももちろん了承済みで、
家事は2人で協力し合って暮らしている。
しかし、トメは「女は家庭に入るべき」「夫に家事をさせるなど、嫁失格」「仕事なんか
辞めて早く孫の顔を見せろ」だのうるさい。旦那がシメてもどこ吹く風。

そんなある日、トメが入院することになった。担当医は美人な女医さん。最初、トメは
「女の医者なんて大丈夫かしら!」なんて言ってたが、その女医さん、とてもできる人で
技術はもちろん、患者への気遣いも上手で、入院で心細くなっていたトメはすっかり
女医さんに信頼を置くようになった。また、テキパキと仕事をこなし、男の医者に指示を
出してる様子なんかも見ていたらしく、「あの女医さんカッコいいのよ!」なんて
私達や見舞いに来る親戚・友人たちにも言うようになった。
そして、トメの脳内で「あの女医さんはテキパキと仕事をこなして、男たちに指示を
出してカッコイイ」→「そういえば嫁子も、会社を経営していて男の部下がいる」→
「もしかして嫁子もすごいんじゃ?」となったらしく、退院間際には、友人たちに
「ウチの嫁も会社経営していてね~」なんて自慢するようになり、
「あら~すごいじゃない~」「今の若い女の人は偉いわね~」なんて言われ、鼻高々。
退院した後はすっかり前述のようなイヤミもなくなり、それどころかたまに会社で
残業してると差しいれを持ってくるようにまでになった。トメは超メシウマで、社員達も大喜び
で、「これおいしい~」だの「本当に料理お上手ですね~」だの社員に褒められまくって
トメさらに鼻高々。トメ自身の見栄を満たすため、とは分かっているが
ウザさもなくなってきたので、結果オーライだと思っている。



  • カテゴリ:
794 :名無しさん@HOME 2009/12/28(月) 10:57:40 O
義弟(旦那の弟)が嫁に行くことになった。
まあゲイだから養子縁組だけど、色々な権利関係とか保険とかの都合上そっちのほうがいいみたいで。
私と旦那は義弟の彼氏を昔から知ってたし、トメ(ウトは鬼籍)も意外とあっさり受け入れてて良かった、と思ってた。
だけど、昨日旦那が休日出勤したあと唐突にトメが凸ってきた。
曰く、義弟がゲイになったのは私のせいだと。
私が旦那と結婚してからおかしなことばっかり起こると。(急にウトが亡くなったり、空き巣に入られたり、内藤大助が王座から転落したり)
子供もできないし、疫病神は出ていけと。

玄関先でまくしたてるのに呆気に取られてたら、そこへ出てきた義弟(遊びに来てた)
「馬鹿じゃないの?俺のことはお義姉さんに関係ないでしょ?大体内藤大助がチャンプになったのも兄貴たちが結婚してからでしょ?
いつもそんな言いがかりつけてんの?なんで?どうして?楽しい?楽しいの?もし楽しいなら精神的にヤバイからお医者さん行こう。
あと俺が相談したときに『良かった』って言ってくれたのは嘘なの?やっぱり変なことだと思ってたんだ?傷付くわあ」

義弟大好きなトメはあわあわして更に義弟に怒られて、最終的にはなぜ

887 :名無しさん@おーぷん 2017/08/23(水) 20:38:07 ID:uhh
私(28)妊娠5か月の時、旦那(32)の浮気未遂が発覚。
相手は職場の新入社員(20)で、一人暮らしをするためアパートを契約したらしく、二人で家具を買いに行く約束をしていた。体の関係はなし。
一度は問い詰め、もうしないと約束したもののその後も怪しい行動が続いた。
なかなか決定的な証拠が掴めずズルズル引っ張って、9か月目で二人で何度か遊びに行った証拠をやっと掴み、相手の女と三人で話し合いをし、
関係を終わらせることに成功。その後、初めはギクシャクしていたが徐々に旦那ともうまくやっていた。

しかし現在あと2週間で出産予定日というところで、最初に書いた相手の引っ越し先というのが家(二世帯)の徒歩10分のところにあるアパートだったことが判明。
多分もう関係は本当に終わっているのだと思うけど、こんな近所にわざわざ引っ越してきた(元住んでた実家からは車で50分)こと、離婚まではするつもりはなかった、遊びだったと言っていたのに、
浮気相手がそばに引っ越してくることをウキウキして受け入れたのであろう旦那が、気持ち悪く感じて仕方がない。
せっかく出産を迎える前に、旦那ともうまく行き始めたのに、生理的に無理になってきた。

旦那には相手のアパートがどこなのか知っていることを話していない。
話したとして、自分がどうしたいのかも分からない。
やっと鬱期を乗り越えたのに、またもやもやして、どうしたら良いのか分からない。


このページのトップヘ