今日の人気記事

先天性

37 :名無しさん@おーぷん 2017/08/25(金) 00:13:40 ID:JQj
兄嫁がしょっちゅう映画に誘ってくるのがもううんざり。

以前たまたま2人とも観たい映画があって、近距離別居の兄嫁が「一緒に行こうか? 車出すよ」と言ってくれた。
私は精神障害者手帳持ち。車の運転を止められているため、自力で映画館に行こうとすると一時間に1本か2本しかないバスを乗り継がないといけない。
なので車を出して貰えるのはとても有り難いんだけど……その時に障害者割引を使ったのが間違いだった。
手帳を提示すると自分と付き添い1名まで数百円安くチケットを買えると知った兄嫁がそれから何度も何度も映画に誘ってくるように。

私も興味があるものなら持ちつ持たれつでいいかと思ってたけど、いくら安いとは言ってもお金払って時間潰してまで観たくない……というものにもしつこく誘われるようになって
レディースデーに行けば? と言うと「混んでるしオトク感がないから嫌」と言う。
最近では断り続けると「ちょっと病院通ってるだけで安くなるなんて不公平」「あんたの税金が安くなっている分は私達が支えてるんだから少しくらい還元してくれてもいいでしょ」と言われる。

興味のない映画にまで付き合う筋合いはないと思うけど、兄嫁の言う事も感情的には分からなくないだけに滅入る。
兄嫁にだけ支えられている訳じゃないと言うと「普段は行かない映画にお金を払う事で経済活性化の役に立つでしょ」と言われるし
親がやんわり止めると「あなた達の育て方が悪くてああなったんじゃないですか? (兄)くんはまともだし、女の子だからって甘やかしたんでしょう」と言われて親がしょんぼりしてしまって本当に申し訳ない。

主治医には「充分に条件を満たして発行されているんだから気にしないで」と言われているけど、
今年に入ってやっと合う薬が見つかったおかげで体調も良くなってきたし、在宅稼業も安定してきたし、次の更新やめようか悩む。


395 :名無しさん@おーぷん 2017/11/07(火) 18:19:40 ID:MjJ
胸の手術痕をクソトメとクソコトメに散々pgrされていたら、コトメ子が胸の手術をすることになった。

胸糞注意。
私自身は気にしていないけど、手術痕を気にされている方が見たら不快になる内容なので先に謝ります。ごめんなさい。

私は先天性の心臓疾患で生後すぐに手術した。
今はどうかはわからないけど、当時の医療だと新生児の体が小さいと手術できない場合もあったそう。でも私は母が4000gオーバーで産んでくれたので、生まれてすぐに転院して緊急手術となったらしい。もちろん私は覚えていない。
それ以降は幼少期に定期的に検診を受けていたくらいで至って健康に育った。中学からずっと陸上部だったけど支障が出たこともない。
結婚もしたし、子供も自然分娩で三人産んだ。

そんな私の天敵がトメとコトメ。
旦那を二人して熱愛。私は最愛の息子ちゃん、お兄ちゃんを盗んでいった泥棒。
義実家と私たち夫婦で温泉旅行に出かけた際に、二人は私の胸の手術痕を見るなり「欠陥品の嫁なんて聞いてない!騙された!」と大声で喚かれた。
騙すも何も、私と旦那は三年の同棲の末の結婚なので、旦那は私が生まれてすぐに手術をしたことも、そのおかげで今まで健康に暮らせていることも承知している。
ウトさんのお祝いに、私たち夫婦が全額費用を出した旅行だったのに、人目も憚らず「欠陥品」だの「騙した」と連呼した二人のせいで旅行が台無しになった。

それを皮切りに妊娠すれば「欠陥品がまともな孫を産めるはずがない」「奇形の子は奇形」「欠陥品の嫁が産んだような子を孫だとは思わない」「うちの血が穢れる」と散々な祝辞をいただいた。
そのたびにウトさんと旦那は激怒して二人を〆てくれたけど、最愛の~を盗んでいった憎い嫁を攻撃する格好の材料を二人が手放すわけもなく、私だけでなく私両親にも電話で同様の罵倒を浴びせていたと後日聞いた。
(妊娠中の私を気遣って両親は黙っていた)
この二人は長男出産時に誰も教えていないのに産院に押しかけてきて「欠陥品の子がまともに育つわけない」と言い放った。

私や私実家だけでなく、子供たちにまで同様の暴言を吐き続け、何度改善を訴えても改まらなかった。
温厚なウトさんと旦那もとうとう忍耐をつんで、旦那が私家に婿養子に入ることになった。その際に、ウトさんは生前贈与で私たち夫婦にまとまったお金をくれた。
同じ地方に住んでいるので繋がりを完全に絶つことはできなかったけど、必要最低限の付き合いだけにとどめていた。
(遠方に越すことも考えたけど、私両親の介護の問題があって座礁している)

600: 名無しさん@HOME 2013/09/24(火) 14:46:14.59 0
数年前の終わった話ですので。 
コトメが出産したけど、
予想通り子供に先天的な障害がいくつもあった。 
予想通りと言うのは、23週ぐらいから育たなくなっていて 
医師から先天性の障害の可能性を示されていたから。 

コトメは安静にして栄養を取って点滴をするために、
産むまでずっと入院をしていた。 
障害があるかと言われてコトメは
半狂乱になってふさぎ込んでいた。 
生後一か月ですべての検査の結果が出て、
いくつかの障害が判明してからはもっとひどくなった。
それでも数か月後に保育器から出られて退院できることになったが 
コトメはその退院の日に病院に行かなかった。 

一緒に行くはずだったウトメがコトメ宅に行ったのだが、
鍵がかかったままでいつまでまってもコトメは戻らず。
病院に頭を下げて退院を待って貰って 
コトメの行方を探すも見つからず、
急いで職場から戻って来たコトメ夫が家の中をみたら
コトメの服や貴重品がきれいに無くなっていて、
置手紙と記名済みの離婚届があった。 

「自分の人生にどうしても
障害のある子供のいる情景が想像できません。 
他の土地で一人で暮らします。
離婚して貰っても構いません。子供もいりません。 
両親にも私はいないものと思ってくれと伝えて下さい。」
と書いてあった。 

捜索届を出したりしたけど、
友達達も誰も話を聞いて無く
二人の定期貯金がきれいに下ろされていて
金目のものはすべて持ち出されていた。
換金したのではとみられた。 
コトメ夫は最初は戻って来てほしいと
一生懸命友達や知人に聞いて回ったけど 
貯金をすべて下ろされているのを知った時に、離婚届を出した。 

子供はコトメ夫の実家が引き取ってくれたけど、
ウトメと私達夫婦で出来る事をと頼み込んで
病院での付添や医療費は無料でも
何かとかかる費用を負担させてもらった。
数度の手術をして、可愛く笑うようになったが
不幸なことに亡くなった。 
わずか一歳だった。 

葬儀は身内だけで行われたけど
ウトメと私達夫婦は頼み込んで参列させて貰った。 
それから数年してコトメ夫が再婚して子供に恵まれたと知った。
幸せになって欲しい。 
コトメの行方は本当にわからない。ウトメも隠してない。
トメがたまに泣いて 
「シんでいてくれた方がいい。」と言うようになった。
いつか戻って来る日が来るんだろうか。

このページのトップヘ