今日の人気記事

入院

37 :名無しさん@おーぷん 2018/01/26(金) 11:24:53 ID:Kv5
わたしが小学校に入学したての頃の話。長いです。
もう10年以上前の出来事だし、変なところがあったらゴメン。
下校時に友達と一緒に帰っていたら、途中でその子の父親と鉢合わせた。
父親は自転車に乗っていた。
乗せていってあげるよと言われたけど、その自転車には補助席も荷台もついていなくて、子どもが2人も乗るスペースなんてない。
最初は断っていたけど、「大丈夫大丈夫」と押し切られて半ば無理やり乗せられた。
うまく説明できないんだけど、まず父親が普通にサドルに、わたしがフレームに跨った。友達は後輪のカバー?に乗って、チェーンケースに足をちょこんと引っかける感じ。
側から見てわたし達は中国雑技団か何かみたいな状態だったと思う。
でも乗ってるわたし達はプロの曲芸師ではないから幾らも進まない内に破綻した。
正確に言うと、わたしの足が前輪に巻き込まれて自転車がつんのめった。
わたしには視界がぐるんと回って道路に叩きつけられたことしか覚えてないんだけど、母から聞いた話によると、
わたしは前方に投げ出されて顔から道路に落下。
体の数カ所を打撲&擦り傷、特に顎を強打したせいで大量に出血した。
友達も詳細は知らないけど入院するくらいの怪我を負ったらしい。
父親はほぼ無傷。
その後、誰かが呼んだ救急車で病院に運ばれた。
病院には先生と母が駆けつけて、みんな大騒ぎだったと思う。
治療を受けて2週間ほど入院したんだけど、傷は痛むしまともにご飯が食べられなくて辛かった。
わたしも修羅場だったけど、事故の後始末や対応に追われた母も修羅場だったと思う。
なにしろ友達の親が入れ替わり立ち替わり病室にやってきて、謝罪とお金の話をしていたそうだから。
最初二言三言謝っただけで、友達の治療費もあるから慰謝料は勘弁してくれとか、保険を使ってくれとか、まるで誠意が見られなかったらしい。
わたしは唇が腫れ上がっていて、隙間からドロドロの食べ物を流しこんで食事をとっていたんだけど、そんな時でもお構いなく突撃してきたみたい。
わたしの両親は凄く怒ってかなりの額を相手から搾り取ったそうだ。
この一件で友達との縁は切れた。
何故今更この話を書きこんだかというと、例の父親が自転車の前と後ろに男の子を乗せて走っているのを母が見かけたから。
全然懲りてない。
子どもに罪はないから、あの父親だけ大怪我してほしい。
わたしの歯を返して。


  • カテゴリ:
717 :名無しさん@HOME 2014/04/22(火) 20:37:06 0.net
うちが似たような感じで、義兄嫁が入院した時に義兄家の一人っ子を半月ほど預かった
甥は1歳で私が在宅の仕事だったから預かれたけど、新婚で子なしだったから大変だった
それなのに義兄嫁は「入院でかわいそうなアテクシ」「子供と引き離されたアテクシ」で頭いっぱい
退院して少し元気になた頃に、溜まっていたであろう恨み言を言われた

もっと子供を連れてきて欲しかった
子供にTV(NHKの幼児向けです)をみせるなんてひどい
一人でスプーンで食べさせるとか勝手なことしないで

説明しようにも「子供がいないから私の気持ちなんてわからない」

で、とりあえず夫を介して「以後は預かりません」でその話は終わり
その後私も妊娠出産した(私は里帰りしました)

甥が3歳の時に義兄嫁妊娠
切迫気味とかで、おいの預りを頼まれ断固拒否
向こうは忘れてるフリしてきても、私は覚えてます

義兄嫁がお腹さすって泣きながら「それでも人の子の親なの」とか叫んでたけど知らない
義兄が有給とったり、甥を託児所にいれたけど流産したそう
初期流産は胎児の側の問題が大半なのに、義兄嫁の中では私のせいらしい

うちが二人目妊娠出産の時にわざわざ「うちをあてにしないでね」と言いに来て
私の母と鉢合わせして発狂して帰った

39 :名無しさん@HOME 2009/01/19(月) 04:18:56 0
姑の妹が私の兄家に電話してきて、「私さんはあんまり姑の面倒を見ない」
だとか、「一体私さんは何をしているんだろう?」だとか延々小一時間。
いやいやいや、姑はそうとう精神を病んでいて、こっちに危害を加える
恐れありなんだ。普通近づかないって、そんな人には。
多分、電話相手が兄嫁さんだから、ネチネチ言ったんだろうし、
姑の妹は姑家が実家みたいに勘違いしてるから、はっちゃけたんだろう。
で、兄嫁さん「いや~、だって、嫁姑ですよ。嫁姑、面倒見たい
わけないでしょ?妹だって忙しいので、だいたい面倒って、入院してる
んだし、あれは精神病だから、下手に顔見せたら、また、興奮したり
わけわかんない事言ったり、悪化しても困りますもん。だって、精神病
だから~。」と精神病を連呼。
うちは両親が亡くなってて、兄嫁さんが母代わりなんだって
事知らなかったのかな?
ついでに兄は父代わりなので、色々あって姑の妹怖がってる。
「主人が帰ってたら、伝えますね~」とトドメをさしといたわ~と。
そしたら、「いえっ、あのっ、お兄さんには・・」と電話を切ったらしい。
実母が亡くなる前に「兄嫁ちゃんは本当にいい子だから、大切に、仲良く
するのよ。」と言ってた訳がよくわかった。
もう、両親アボンで、実家なしの娘だから、何言ってもいいだろうと
いう姑一族から、守ってもらってる。感謝。

708 :名無しさん@HOME 2013/09/19(木) 08:58:05 0
あ、上げてもうた・・・・

さてぶった斬り&連投になってスマソ
そして、グロ?と長文注意。
私が中学上がりたてのときの家庭内修羅場。
当時、兄も高校にあがりごく普通の生活を送っていた家族。
ある時、兄が風邪を引いて寝込んでしまった。
母は普通の風邪だと思って普通の看病をしていた。
市販薬とかも飲ませてみるけど何日経っても治らない。
とうとう兄の意識が朦朧としてきてほっぺた叩いても「うぅー・・・」としか言わない。

続きます

656 :桜井の父 2016/11/25(金) 21:03:16 .net
「白い冬凍える夜は
君だけの毛布になろう」
とか小っ恥ずかしいセリフでプロポーズして早25年
娘も息子も独立し孫まで出来た
可もなく不可もなくただ平穏に家族仲良く幸せに暮らしてくたと思ってた

だが妻は違った、5年前から若い男を毛布にしていた

458 :名無しさん@おーぷん 2016/08/26(金) 12:09:18 ID:Ga3
大学からの帰り道に、知らないおばちゃんにすれ違い様、唐突に平手打ち食らって、
よろけた弾みに縁石につまずき、路駐の車に頭強打→失神、入院
2日後に退院したんだけど、おばちゃん現行犯で逮捕されてた

見ず知らずのおばちゃんになんでそんなことされたんだと不思議だったんだけど
おばちゃんの小姑に私がそっくりだったのが原因なんだって
おばちゃんは小姑にいじめられた精神的なストレスで流産してて、私を殴った日は
流産の処置を済ませて退院した日だった
正面から私が歩いてくる姿が若き日の小姑を思い出させたらしくて、
タヒんじゃった子供のことを思うと半狂乱になったんだって

私と車の持ち主双方と示談が成立して、おばちゃんは起訴猶予になった
直接謝罪したいと申し出があったけど、会うのが怖かったのでお断りした
おばちゃんは離婚されて遠方の実家に帰るから、もう会うことはないだろうし
安心して欲しいって言われたけどしばらく通学が怖かった

それから毎月、おばちゃんから現金が家に届いた
両親から慰謝料はもうもらってるから、これ以上はいらないって連絡してもらったら
お中元とお歳暮(おばちゃん地元の名産品)に変わった
5年たって、私が転職を機に実家を出ることになり、さすがにもういいですよって
私から直接おばちゃんに電話して初めて話をした
普通のおばちゃんって感じでものすごく謝罪されて、仕事頑張ってねと励まされた

おばちゃんの近況を聞いたら、全部わかった上でプロポーズしてくれた男性がいて
今その人の子供がおなかにいるって聞かされた
「今度は小姑も姑もいないから安心なの」って笑ってて、なんとなく怖かった

241 :本当にあった怖い名無し 2011/06/30(木) 14:40:06 ID:Vn9h8hXS0
心を壊して入院してたことがある。退院したのは30歳の時。浦島多呂子とでも。
私の記憶は大学生活の途中で途切れ、24歳位からの牢獄じみた生活で再開されてる。
空白の期間に何かあって、幻覚の幸せな生活の中に埋没して、戻れなくなったのね。
そこから日常生活に戻るまでに色々とやったけれど、興味がある人いるなら書くわ。

413 :名無しの心子知らず 2013/11/27(水) 20:32:01 ID:3HHwFLye
キノコがよく生えてる公園が好きでよく散歩に行ってた
そこでキノコ見てたら子供が、これ食べれんの?って聞いてきたからおーwww食べれるよwwwって冗談で言ったらほんとに食べてしまった
周りの子どもたちも食べだして綺麗なきのこを選んで食べてた
その時はへー食べれるもんなんだなぁとしか思ってたかったのだが、後日また散歩に行くと、母親たちがビラ配りしてた
なんでも子供に無理やりキノコを食べさせた奴がいるとかで犯人探しをしていたようだった
その母親のリーダー格の目がヤバかった
具体的に言うと、目が左右で違う方向に向いていて完全に精神異常者のそれだった
これ以上関わりたくないのでしばらくはその異常者のせいで公園にいけなくなってしまった

179 :名無しさん@おーぷん 2016/03/04(金) 21:36:45 ID:NuU
うちの母親の神経がわからんというか確実にイカれとる
母はある健康法のインストラクターのようなものをしている
正直宗教まではいかないまでもどこか胡散臭く、俺はその健康法が好きになれなかった
実際、他人から見ると奇異に見えるような健康法で、ある種の気持ち悪ささえ感じるものだった
でもインストラクターを始めてから母は生き生きしていたし、誰に迷惑をかけるまでもないならと放っておいた

それがいけなかったのか分からんが俺としては絶対に許せないことを母はやらかした
以前、俺が命を落とす危険のある病気で入院したとき

同じ病室には、やはりタヒの危険と隣り合わせの人達ばかり入院していた
中でも隣のベットの青年はまだ20歳そこそこなのに、子供もつくれない身体になり毎日辛く苦しい治療に耐えていた
ときには啜り泣く声が聞こえてくるときさえあった
若くして彼に降りかかった不幸を思うと同じ病気ながら可哀想で仕方がなかった

なんだかんだで俺は治療が成功し、ひと足先に退院することとなった
母が迎えに来てくれた
有難いと思った
しかしトイレで席を外して病室に戻るとだ
母が何とあの健康法のパンフレットのようなものを病室のみんなに配っていたのだ
慌てて確認したパンフレットにはこう書かれていた
××をすると健康になる!
病気にならない!
笑顔が一番!笑っていれば福がくる!!
幸せになる!

血が沸騰するかと思った
寄りにも寄って母はあの青年にもそのパンフレットを渡していたのだ

その場で怒鳴りつけたい気持ちを抑え、母の非礼を詫びて病院を出た

家に帰ったあと当然のことながら沸き立つ激しい怒りを母にぶつけた
なんて無神経なことをしてくれたんだ!
半年後生きているかもわからない人間に、××をすれば健康になる?
子供をつくれなくなり地獄の治療に耐え、笑いたくても笑えない人間に笑えば福がくる?
ふざけるな!!少しは相手の気持ちも考えろ!

それに対する母の反応は驚くべきものだった
「だったらいつまでも後ろをみて落ち込んでいれば良いっていうの?!」
、、、は?違うだろ、そうじゃないだろ
確かにいつかは気持ちに区切りを付けて前を見なきゃいけないかもしれない
でもそれはその人それぞれのタイミングというものがあるはずだ
少なくとも入院中でタヒの恐怖に怯え、苦しみに耐えているときに切り替えられる人なんてそういないだろう
そしてそんなとき、他人に前向きになれなどと言われたところで不快なだけだと何でわからないんだ
結局何を言っても母には伝わらずついぞ反省の弁を聞くことはなかった
今でも思い出すと本当に怒りが込み上げてくる

ちなみに母は今でも元気にインストラクターを続けている

921 :1/3 2008/08/18(月) 17:21:50 0
他スレで、コミケって単語見て思い出した。
私の夫って、所謂オタクって奴で、コミケとか秋葉原とか大好き。
後、典型的な、デブ体質で、心配だから今、ダイエットさせ中。
何で結婚したの?って言うと、優しい所に私がホレたかなー?
で、トメとウトとは、同居なんだけど、こいつがまた、典型的に、イヤミ言いまくり。
子供が出来ないのは、嫁のせいだ。(結婚して1ヵ月後に言われましたが)
夫が太ってるのは、嫁のせいだ。(元々なんですが)
夫がオタクなのは、嫁のせいだ。(元々ry
後は、ご飯がまずい、掃除がなってない、とか典型的な事。
私も結構エネmeな体質で、最初は我慢していた。
けど、結婚して1年たった時に、胃潰瘍で倒れた。
夫は、うすうす気がついてたけど、私が何も言わないので、思い過しって思ってたみたい。
ほぼ1ヶ月の入院中、何度も何度も謝られた。
夫は、一つずつ、私がトメとウトにされたことや、言われた事を聞いてくれた。
その全部を、口を挟まずに、信じてくれた。
そして、
「ごめんね。別居の準備をしておくよ。本当に僕がヘタレでごめん」
と、可哀想なほど謝ってくれた。
「でも、証拠はとっておかなきゃね。」
と、この時期、夫は色々と、家で細工もしてました。

このページのトップヘ