今日の人気記事

助け

536: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/04(水) 01:16:39.80
義弟夫婦が、今離婚騒動中。
義弟嫁はいい人だったから普通に良好に付き合いしてた。
ところが、義弟に学生時代からずっと付き合ってた恋人がいて義弟嫁は略奪婚してたらしい。
義弟が高校から県外だったので、義理親もそのいきさつを知らなかった。
義弟嫁は三男嫁なのに義理親と同居していい関係築いていたし、本当に義弟の事が好きだったんだと思う。
でも、義弟は以前の恋人とやり直したいと言って、義弟嫁の黒い部分とか全部暴露した。
義弟のやり方もどうよと思うが、うちには他人事。
義弟嫁がうちに味方というか協力を要請するので困ってる。
離婚するか乗り切るかもわからない。
どうにか穏便にやり過ごす方法はないだろうか


796: sage 2011/03/19(土) 19:50:00.37

流れ豚切って申し訳ない

時効なので投下 (※長文)

俺=新郎友人として出席した結婚式での話。

新婦(21)
 見た目DQN
 (式までにはまぁまともに見えるようにイメチェン)
新郎(29)
 超エリート・家も金持ち・×1で子持ち(3歳・娘)

友人などから聞いた話だと、新婦が
入籍を必死に急かしていたらしい。
(なので結婚式前に入籍済み)

新婦の見た目や高卒・片親(偏見スマソ)も
手伝って金目当ての結婚か・子供を
虐待するのではないかと
新郎側親戚は微妙な空気だった。
(新婦が子供なんか
 絶対に産まないと言い切っていたそうだ)

新郎側の見栄か
盛大な結婚式・披露宴が予定されていて
式が滞りなく進み披露宴会場へと移動。

会場の準備に少し手間取っていて一同待機。
準備ができ、会場に入るが新婦が来ない。
しばらく待っていると新郎側親戚の席が騒がしい。
そして『新婦は体調の為・・・』とお決まりのアナウンス。
その日はそのまま帰ったのだが後日談に驚いた。

続く
(長文なるので一度切ります)

564: 本当にあった怖い名無し 2013/10/15(火) 00:54:40 ID:xUofi8X30

中学の時の事、俺は二年の後半あたりに色々絡まれるようになってウザい思いをさせられてきてた
ソイツらは校内で2番目にのさばっているA、B、C、Dという4人組み
コイツらはそこそこ進学の事も考えてる連中で、塾にも通ってて
タバコは吸うけど万引きはしないって感じで、そこそこ考えて
遊んでるような連中だ。

俺は普段からおとなしくて、休み時間は推理小説を読んで
1人で小難しい顔をしてたから、その辺がキモがられてたのかなと思う。
そしてあまりに小説を読むのに没頭しすぎて
そいつらが俺に話しかけた事に全く気付かず
シカトした形になったのが怒りを買った決定打だと思う。
最初は体育や技術等で教室から離れた授業から帰ってくると
小説が無くなってた。
本来校則で持ち込んではいけない物だったのでこっちも泣き寝入りだった。
だんだん内容もエスカレートしてきて、体育の授業が始まり、
先生が体育館にまだ来ていない時に視界外からいきなりバスケットボールを
顔面や頭部に当てられる等して、俺はゴルゴよろしく壁を背にして
先生が来るのを待ちながらそいつらの的になっていた。


150: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/04(土) 05:26:31.12 .net
今思い返しても嫁との出会いは激浪の人生だった 

嫁との馴れ初めはネット 
テレホマンなんて言葉が通じる時代で
当時チャットが流行ってた 

自分でアバターを作って交流するチャットで、
親のネグレクトから現実逃避するために
弟と二人で逃げこんでた 

そこで出会ったのが嫁。

当時男のアバターで一人称こそ私だが
豪快なしゃべりでずっと男だと思ってた 
親しくなり3日と開けずチャットで会ってたが、
半年ほどして下品なネタふったらキレられて
女だと判明、しかも年下 

家がめちゃくちゃ遠くて会えたのは1回、
俺が修学旅行で嫁の地元に行った際の
自由時間という超短時間だった
 

一年ほどしたある日、些細なこと(俺が悪いんだが)
で口喧嘩して喧嘩別れ 
その直後親の虐待のため、弟と画策して家から逃亡、
俺は高卒で働きに出て高校生の弟と二人、2年ほどネトゲ廃人に

そんな時、嫁とまさかのネトゲでの再会、
そしてネトゲ廃人であることを
猛烈に批判されて俺の目が覚める

再会当時、親から逃げるために後先考えず
ブラック企業に飛び込んだ俺は気づかぬうちにうつ病発症

それを画面越しで見ぬいた嫁は
早急に会社を辞めるよう命令、しかし親族が全員大反対
嫁に「お前の人生はお前が決めろ、
誰もお前の人生の責任とらないんだぜ?」
といつもの豪快な喋りで言われ
周りの猛烈な批判を跳ね除け翌月には辞職、
同時に夢だった職(IT系)を目指したくなる俺

このページのトップヘ