今日の人気記事

動揺

574 :名無しさん@おーぷん 2017/07/02(日) 18:04:39 ID:6W6
私は出産で退職して下の子が入学まで専業だったんだけど
まあ育児が一番忙しい時期だったし専業主婦はマジで大変だったよ。
体力的にも精神的にもね。仕事の方が全然楽だったわー
出産後、テレビでワイドショー見ている時のあの惨めさは忘れられないわ。
なんだか社会から忘れ去られたような不要になったような・・・

現在は普通に働いていますが、先週の会社での出来事
私の向かい側の席に中途採用の若ママがいる。
保育園の迎え時間があるみたいで、終業時間ごろにはソワソワし始める
最初のうちは慣れないから仕方ないと、手伝ってあげていたんだけど
もう半年になるし、仕事量はみんな同じで前任者もキッチリ時間前に終わってたし。
だから「そろそろ自分でどうにかしてね。」と言った。
だって同じ給料もらっているんだから、自分の分の仕事はしてもらわないとさ。
トラブルのあった時とかいつもと違う時は手伝ってあげたけど。
私は残業はしない主義なので、ほぼ毎日定時。気合で絶対定時に終わらせる。
で、上がる時にたまに「ちっ」って音が聞こえて、何の音だろうな?と思ってたんだけど
金曜日の帰宅時、また「ちっ」って音がしたら、若ママの隣のベテランさんが
「ちょっと若ママさん、あなた机の上で鼠でも飼ってるの?」って言い出した。
「ちっ」って舌打ちの音だったらしい。
あの、動物をかまいたい時の「ちっちっちっ」ってのの単発が舌打ちなんだね。
で、ビックリして「舌打ちって、どうやって覚えたの?お母さんがやってたの?」
って聞いたら、若ママもビックリしてた。
「私、今まで舌打ちって聞いた事なかったから気づかなかったよ、
若ママさん気を付けないと、子供が覚えちゃうよ、気を付けなー」
って言って帰ってきた。
ちょっと動揺していて思わず言っちゃったんだけど、帰宅したらベテランさんから
メール来てて、若ママ、あの後泣いちゃって仕事終わらせないで帰ったらしい。
後始末は上司がやったらしいので、明日なんか言われるかなー?
若ママ不満があるとしょっちゅう舌打ちしていたらしいけど、気づかなかったわ。
というか、舌打ちってどこで覚えて、やるようになるもんなんだろ。
やっぱり親がよくやってたから覚えたのかな?


785 :名無しさん@おーぷん 2017/01/30(月) 00:17:29 ID:QEQ
息子と娘の両方を持つ人なら分かってくれると思うんだけど、娘より息子の方が可愛いんだよね
よく懐いてくれるし、言葉や情緒の発達も娘より遅いからいつまでも可愛い子供でいてくれる
昔に比べて今の女の子は自由や平穏を認められてるから、なんで同じ女なのに時代が違うだけで、って気持ちになって、憎くなっちゃうってのもあるかもね
なんでこの子は叩かれないんだろう。
なんでこの子は締め出されないんだろう。
なんでこの子は欲しいものを買ってもらえるんだろう。
なんでこの子は親戚にセクハラされないんだろう。
娘の学費の算段を立ててる夫を見た時は頬の内側を噛み締めすぎて血が出てしまったよ。
なんで私は奨学金で行ったのに、なんで生まれる時代が違うだけで、って。
私は特に自分のことが嫌いだから、娘を見てると自分を見てる気分になって、自分への苛立ちを娘にぶつけてしまうんだよね
一種の自傷かな
だからちょっと息子に甘く、娘に厳しくなってたかもしれない
確かに私にも非はあるよ。
だけど子育てに完璧なんて有り得ないんだから、咎められる謂れはないと思う
あの頃は霧の中を走ってるような気持ちだった。いつも胸の中で怒りと憎しみが渦巻いてた。
だって子供って胃が小さいから数時間おきに授乳しないといけないんだよ。
娘を何時間かに一度抱き締めないといけない。
吐き気がするよね
この数年で眉間に薄くシワの跡が残ってしまった。
私は必タヒだった。
今も苦しいけどね。
小学校高学年~中学生にもなると、小さい頃とはまた違った悩みが浮上してくる。
娘は自由を求める。私はそれを阻む。
他のお母さんへの助言をしておくとすると
「お母さんも○○できないくせに」には「私は○○ができなくて苦労したから苦労させたくないの」
「弟は○○が許されるのに」には「違う子供なんだから育て方が違って当然」
って返せば黙ってくれるよ
自分があまりよい親でないことは承知してる
だけど私だって苦しいんだ
今は私が生杀殳与奪を握ってるんだから、子供の間は幸せになろうなんて考えないでほしい

それで、どうも娘が私のこと学校で愚痴ったみたいなのよ
担任から呼び出しを食らった時は何事かと思ったけど、開口一番「娘さんとは、普段どんなお話をされてるんですか?」と来たもんだから、なんだか察した
この担任、マスカラはだまになってるし、口回りが少し荒れてるからファンデーションがよれやすそうなんだよね
何年か前の誕生日に夫から貰ったポンテヴェキオのネックレス着けていってよかった
だって担任、もう30なのに子供どころか結婚もしてないから
いい牽制にはなったと思う。この時点で復讐はできてたと思うけど、少し悪戯心が芽生えて「失礼ですが、先生にお子さんはいらっしゃいますか?」って聞いてみた
いないの知ってるんだけどね
「おりませんよ」って言われたから「子供もいない半人前の貴方が文句を言ってはいけませんよ」って間髪入れずに言った
担任は見るからに動揺した
子供がいないから偉そうなこと言えるんだよね。ああいう人って
「貴方はまだ子供がいないから精神が幼いんです。だから私を許せないのですよ」って、更に畳み掛けてみた
担任は目が泳いでいた
放課後の教室で私と担任しかいないから、こっちも人目が気にならなかったから気が大きくなっていた
最後の仕上げに「貴方も子供を持てば私の気持ちがわかりますよ」って言ったら黙った
まだなにか喋りたそうだったけど、相手にするのも馬鹿らしかったから帰った
呼び出しの件で娘を叱らなかったのは私としての精一杯の情

560 :名無しの心子知らず 2010/06/09(水) 14:21:32 ID:4UTUIOmo
実兄と大型SCへ買い物に行った時のこと。
サッカー台で袋詰め中、急に目がかゆくなったのでUVグラスを外して台の上に置いた。

次の瞬間、流れるように自然な動きで私のUVグラスを装着した泥ママ(多分二十代前半)

ポカンとする私をガン無視で、そのままベビーカーを押して歩き出した。
我に返った私が「ちょ、ちょっとそこのお母さん!」と声を掛けると、
チッと舌打ちして振り返った。
ちょうどレジで会計を済ませた兄が「どうした?」と私のところへ。
私に男の連れがいたのに気付いていなかったのか、ちょっと動揺したように見えたが、
「人を泥棒呼ばわりするつもり?」と開き直る泥ママ。
このUVグラスはホームセンターでネ果売りしていた安物を適当に買ったものなので、
確かにレシートやケースといった証拠品がこちらの手元にはない。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/23(土) 20:19:06
前置き長いけど、今日あったことを何かに残しておきたいので報告。

結婚して1年後、俺の身体的事情で子供が望めないことが判明。
嫁に離婚を切り出すと(辛かったけど、俺から言うべきだと思った。)
「私のこれからの人生に、子供を産むことしか幸せがないとでも思ってるの?
あんまりバカにすんじゃないよ。確かに子供がいなきゃ味わえない幸せもあるけど、
夫婦2人で色んなことを身軽に楽しむ幸せだってあるでしょ?
私は行きたい場所も勉強したいこともまだまだいっぱいある。
それをあんたと共有したいと思ったから結婚したんだよ!!」
と凄い勢いで怒られた。

お互いの親や親しい友人にも事情は説明し、
それ以外の人間からは心無い詮索を受けることもあったが、
嫁はいつでも明るくフォローしてくれていた。


結婚後4年目(今から1年位前)嫁が衰弱した子猫を拾ってきた。
元々大の猫好きなのは知ってたし、俺も嫌いじゃないので自然と家で飼うことに。
しかし最初の頃、嫁が妙に申し訳なさそうにしているのが気になった。
「余計なこと言ってくる人がいるかもしれないのにごめんね?
どうしても見捨てられなくて。」とか。

俺は「建てたばっかりの家を猫に傷つけられるからかな?」とか思ってたんだけど、
俺だけで俺実家に帰省した時に母から
「子供の代わりにペットを可愛がって、虚しくならないの?」と言われ
嫁はこういう状況も想像して俺を心配してたんだと気づいた。
ちなみに父がすぐに母を諌め、母も泣いて謝ったのでその後確執はない。
もちろん嫁に同じことを言ったら絶対に許さないとは伝えたが。


42 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 17:16:08 p.net
小学の時、低いフェンスある溜め池近くの原っぱで友達Aとままごとしたり遊んでいてたら、乱暴で大嫌いな友達Bが混ざってきて、つまらなくなったから私は先に帰った。
夕方、Aがまだ帰らないって電話来たけどお前知らないか?と母に言われたけど先に帰ってきたから知らないと答えた。
Bに電話してAちゃんの事聞いてみたら、動揺してて、あんたのせいだしって意味不明な事言われて切られた。
夜遅く、Aちゃん溜め池から遺体でみつかった。
今も私のせいで池に落ちたのかと、思い出して辛い。でもBが何かをずっと隠してる気がしてる。

556 :名無しさん@HOME 2010/04/23(金) 16:24:01 0
今しがたの話なんだがwww

アポなしトメが来たんだがトイレで頑張ってたため出られなかった。
いつものように合鍵で入ってきて「とっとと鍵あけなさい!全く嫁子は使えない」と
文句言って入ってきたら出迎えたのはうちの母。
「いつも娘がお世話になっております。その鍵はトメさんが預かってくれていたものと
聞いております。ありがとうございます。わたくしがお預かりいたします。」と言って奪ってくれた!!
トメは動揺したまま渡してそのまま帰っていったそう。
ママンありがとう!!

923 :愛とタヒの名無しさん 2017/09/26(火) 13:50:24 ID:FCFRn2xM.net
かなり大昔の結婚式
付き合ってた頃から新郎両親は反対していた
何故なら新婦は関西で5本の指に入る底辺高校卒
ヤンキーではなかったが、勉強はからきし出来なかった
新郎両親はそれが気に入らず、怪しい占い師を引っ張ってきて「一緒になったら不幸になる」などと嫌がらせをしていた
そして結婚式にもこの占い師(新郎の叔母だった)を出席させた
それが披露宴が始まってからも「不幸になるのは確定なのに結婚なさるのですね」などと不吉なスピーチをかましてくれた
今までは占いなんて信じてこなかった新郎新婦だが、その日に限って「子供は間違いなく障害児」という一言があった
これに新婦が動揺した
自分たちは不幸に耐えられても、子供を巻き添えにしたくない
たかが占いなんて…と言ってきたけれど、胸に不安が雨雲のように広がってしまった
新郎はずっと新婦を庇っていたが、とうとう耐えきれず二人で退室
二度と戻らなかった
新郎両親と新郎叔母は「そもそも家の格式が違い過ぎるのだから不幸になるのは確実」「うちにはもっと相応しいお嬢さんに来ていただく」などと言ったので
新婦両親も「そうですね。うちももっとマシなお宅にお嫁にやりたいですし」
「おたくの息子さん(新郎)は高校は出ていないのに鑑別所は出ているようですし、もっと相応しい方とご結婚なさって下さいませ」
と返し、破談になった
お互いに会社関係者なしで親族も少数だったけど、後始末は実に気の休まらないものだった
披露宴費用は全額新郎側が払わせられた
新婦はずっと塞ぎ込んでいたが、後にお見合い結婚した
そしてデキ婚を疑われるスピードで子供が出来た
後に聞いたけれど新郎はずっと独身を貫くとばかり見合いも無視し続け、新婦が2人目を無事出産したと聞いてからようやく結婚
ただし実家とはほぼ絶縁しているらしい

618 :名無しさん@HOME 2009/02/07(土) 00:17:59 O
夫がウトメにお金を貸して欲しいと言われ、私に兄の遺産から貸してやってくれと言ってきた
何に使うかは知らないけどなんか切羽詰まってるから貸して欲しいと
いくらか聞いたら一千万!はあ?
そんなん貸せるか!と言ったら、もう貸すって言ってきたから断れないよと言うので私が直接ウトメに断りに行った

一千万必要になったのは、コトメの2回目の不倫がバレてコトメ旦那から慰謝料請求、不倫相手奥からも慰謝料請求されたらしい
ウトメは仕方ないからお兄ちゃんに頼んであげる♪と旦那に頼んだ
コトメの1度目の不倫の時にうちを託児所代わりにしてコトメ子を放置したので、私が烈火のごとく怒ったから、使い道を言わず私に貸せとなったらしい

ウトメからバレても旦那は
「一千万なんてコトメ払えないし、親父とお袋も無理だし。お前はお金あるからさあ。家族だから助けてやろうよ。一千万くらい上げたって大丈夫だろ」
貸すからあげるに変化してるよorz

私が貸さないと言ったらウトメは人でなしだの鬼だの言ったのを旦那は
「親父達も動揺してるんだよ。悪気がある訳じゃないよ。お金貸してくれたら言わないって」
といって完全に私を悪者にした
私を説得するのは無理と思ったのか、子供達の学資保険を解約しようとしたので離婚しようと思い弁護士に相談


コトメ旦那に慰謝料とは別に養育費を請求されてパニックなコトメを可哀想にと言う旦那、子供達よりコトメを優先する旦那なぞもうイラン
コトメを慰める会を昨日義実家で開いてる間に出て行く準備を子供達とした
「ママ大丈夫だよ。今時×1なんて珍しくないし、もうすぐ春休みだから転校しやすいし」
と言って引っ越し準備を張り切ってやってくれた
子供達にこんな事言わせる自分が情けないorz
新しいマンションは快適だ。母ちゃんこれから頑張るからねー

長文スマソ

511: :2011/10/28(金) 22:28:04.10 0 ID:


鬼男と解って付き合っていて、次々と女漁りをしてきた男の話を全部奥さんに話してしまった。
奥さんが「ウソよ、ウソよ」って動揺していたのを覚えてる。
でも奥さんは私の言葉を信じてしまった。

その後、私は呼び出されて鬼彼の前でもう一度確認させてくれと言われた。その時、言っていなかったもっと過去の話までした。
鬼彼が「やめろ!」と怒鳴った。
そうしたら拍車がかかってしまって声が大きくなってしまった。
二階にいた子供たちが泣きながら私に「やめろ!」と言ってきた。
すると奥さんが「続けて!」と言った。私は続けた。

そうして、奥さんが妊娠している時から長く付き合い続けてきた女の名前を言った。
すると奥さんが顔色が変わって悲鳴を挙げた。
奥さんがずっと疑っていた人らしい。
それを何ども鬼彼が否定してきた女性だったみたい。
それを私が明らかにしてしまった事で 奥さんに何かが切れてしまった。
鬼彼は私に今までの女遍歴を語って気分良くなっていたのは私が
とても従順で優しい女だと思っていたかららしい。
この事をある既婚男性に話したら「優しくないよ、君は」って
苦笑いしていた。

私はどうやら優しくない人間だったみたいです。

このページのトップヘ