今日の人気記事

医者

248 :名無しさん@おーぷん 2015/10/05(月) 21:59:15 ID:G0S
10年以上前だけど、当時長男がかかってた小児科医の神経が分からん話。

長男(当時3歳)が、某副反応で問題になった予防接種の第1期2回目を接種した3日後ぐらいに38度を超える発熱。
予防接種をしたかかりつけの小児科(2次救急の市立病院)を午前中受診するも、風邪だろうと言われ薬を処方され帰宅。
その日の夜、薬も飲ませたし座薬も使ったのに、ついに熱が40度を超え初の熱性痙攣をおこした。
初めての子で初めての熱性痙攣で、母親失格かもしれないけど、とにかくパニックになってしまった。
震える手で何とか119番し、状況や子供の年齢、住所などを伝えていると、子供の唇が紫になり始め明らかにチアノーゼをおこしだした。
気が付いたら通話状態の電話を放り出し、人工呼吸と心臓マッサージしてて、救急隊員も到着。(自宅から徒歩5分の所に消防署があったから到着が早かった)
救急車に乗せられ、受け入れ可能だった最寄の市立病院(小児科なし、かかりつけとは別病院)で呼吸を安定させる処置をしてもらった。(処置してくれたのは整形外科の先生)
呼吸が安定したので、処置をしてくれた先生も同乗してくれて、救急車でかかりつけの小児科へ移動。
救急入り口で待っていたのは、午前中長男を診察した小児科医。
ほっとしたのもつかの間「お母さん、救急車は計画的に使いましょうよ」と小児科医に言われる。
最初に処置してくれた先生が「呼吸が一時的に止まっていた」と説明するも「整形外科の先生ですよねぇ?専門外ですよねぇ?」と信用しない。
そのまま入院となり、回診の度にチクチク嫌味を言われ、入院中何かの検査をしたはずなのに、結果を絶対に教えてくれない。
24時間付き添いだけど回診中は病室から追い出され、中で何が行われてるのか親なのにサッパリわからない。
回診後の説明をする時の主治医の態度も悪く、腕を組んで壁に寄りかかり、嫌味たっぷりでイヤイヤ説明する状態。
その状態で心が折れそうになりながらも、長男は順調に回復し5日目で無事に退院。(この時点で検査結果は教えてもらえないまま)

ここから先は叩かれ覚悟で書くけど
帰宅後、あまりに理不尽で悔しくて、実母に愚痴る→実父の耳に入る→実父激怒
かかりつけの市立病院がある市の市議に実父の友人がいたので、激怒した実父が市議に直談判。
友人からの直談判を抜きにしても、病院の対応には問題があるとして(主に検査結果秘匿に関して)市議が病院に働きかけてくれて検査結果判明。
案の定某副反応だったと判明。
この件が原因かわからないけど、経過観察で通院したら、主治医だった小児科医がいなくなってた。
その後かかりつけの小児科は変えたし、長男もその後は大きな病気をする事もなく中学生になった。

何で10年以上経った今になってこの話を書いたのかと言うと、10月に市内に開院した個人病院の院長が、当時の主治医だったから。
リアルで話すと病院の悪評になりそうだから、ここで吐き出してモヤモヤした気持ちを捨てたい。
長文、駄文失礼しました。


227 :愛とタヒの名無しさん 2016/02/20(土) 19:13:17 ID:DOewvDve.net
新婦友人で出た結婚式。
式が始まる前、友達と喫茶室で話していたら従兄が来た。
そこで彼が新郎友人として来ていると知り、また新郎は医者だということも初めて知った。
帰って友達に話すと
「知らなかった」「まぁ、どうせ私たち数合わせだからね」と笑っていた。
式も終わり教会の外でブーケトス。そこへものすごい音がした。
誰かが「事故だ!」と言った瞬間、新郎始め新郎側にいたほとんどが走り出した。全員で向かうは事故現場。残されたのは新婦と新婦側列席者と新郎親戚一部。むくれる新婦。
しかし周りが「仕事柄、体が動くんだね」「かっこいいね」と言っているので、まさか文句を言うことはできなかったらしい
しばらくして新郎だけ戻ってきたが、タキシードは血で汚れていた。
「すいません。まだかかるんですが、お前は帰れ。式の途中だ、と追い出されました」
みんな笑いながら拍手していたが、新婦だけは笑っていなかった。
披露宴はいかに新郎が果敢に人命救助をしたか話されたが、新婦の笑顔はなかった

この二人、結婚生活は短かった
だが、あの新婦の顔ではさもありなんだと友人たちはみんな思っている
医者だから結婚したんだな。どんな仕事かちゃんと分かっていなかったんだな。バカだね、と

508 :名無しさん@おーぷん 2015/05/29(金) 12:32:39 ID:P4p
以前賃貸マンションの1階に住んでた時、裏の空地でボール遊びする子が絶えなくて
1階専用庭にボールが飛び込んでくることがよくあった。
ボールを返すたびにボール遊びは止めてねって注意してたけど全然聞き入れてもらえず、
小学校に連絡して注意もしてもらったけどダメ。
外壁にドーン!って当たることもあったから生まれたばかりの子がビックリして泣き出すし。
ある日、ソーラー式の壁掛け時計を買って
窓際で設置場所を考えていた時に軟式野球ボールが飛んできた。
窓ガラスをぶっちぎりで割って部屋に飛び込んできたんだが、その時に割れたガラスが私の眉の上を切った。
一瞬にして視界が真っ赤っか。
何事かと飛んできた夫は血まみれの私の姿を見てこんな顔になってた→ (゚Д゚;) ヒィィィィ
血がどくどく出て止まらなくて、クラッとしてきたので救急車を呼んだ。
傷は8センチ、幸いそう深くは無かったけど20針ほど縫った。
ボールを投げたガキは逃げて誰だか分からず、その後も謝りにも来なかった。
なので「ボールは証拠品として保存してあります。警察に届ける前に申告してください」と貼り紙をした。
そしたらすぐに母親と共にミスド()を持って謝りに来た。
母親は「母子家庭で生活が苦しく、子供にはゲームひとつ買ってやれないので外で遊ぶしかなかった」と
聞きもしない事情を一気にしゃべった。
「借金で首が回らず、給料日まで生活がもつかどうか・・・」「別れた夫からの養育費も滞ってて・・・」みたいな事も言い出して
暗にガラス代も治療費も請求しないでちょんまげ、とでも言いたそうだった。
傷は医者が言うにはそれほど目立たなくはなると言うことだったし、
前髪で十分隠せる場所だったこともあり、そう大袈裟にするつもりはなかったのに
その態度にムカついたので、顔に縫い傷付けられたんですから本来なら慰謝料を請求したいところですが
ガラス代と治療費をキチンとお支払い頂けるなら慰謝料までは請求しませんと言ったら涙目で了解した。
生活苦は本当のようで保険にも入っていなかったらしく、まるで請求するこちらが悪人のようだった。
母子家庭だろうがなんだろうが、子供がやったことに親が責任をもつのは当たり前だろ。
こちらとしては十分譲歩したつもりだったのに、その母親の友人とやらが同じマンションに住んでて
私たち夫婦が冷酷かのごとく触れ回られた。
まぁ、まともな人はちゃんと判断してくれたけどね。

ちなみに、その夫は映画やドラマのスプラッターな場面が観れなくなった。
血まみれの妻の姿を思い出してガクブルしてしまうそうだ。
血を流していた側の私は全然平気。

132:おさかなくわえた名無しさん2005/05/26(木) 17:49:35 ID:g3NJQ0h7
つま先の骨を1ヶ月ほど露呈して生活した事がある。
手術で爪の部分を切断したのだが、段々白いモノが伸びてきた。
最初は「爪の台が残っていて生えてきたのかなぁ」と楽観していた。
が、しばらくすると爪と言うには、丸くて堅いブツに変化。
どう見ても鮭の中骨状態のモノが、つま先からチョコンと飛び出ている。
処が、医者は「骨が出る訳ない。爪だ、爪!」と取り合ってくれない。
致し方なく様子を見ていたのだが、やがて化膿し始めるまでに。
この段階で、骨は肉から2・3㍉は飛び出していた。
で、担当医が休み&その上の医師の診察日を狙って、再度診てもらいに行った。
えぇ、上役医師の診断では、しっかり“骨”でしたよ。甚く同情されました。
毎日、自分の骨を見て生活してたんですもんね。
それどころか、触っちまったよ。アハハハ…orz


659: 名無しさん@HOME 2011/11/13(日) 12:53:16.18 O
母の修羅場
三番目の子を出産するとき、中々子供が出てこないので助産師が馬乗りになってお腹を力一杯押した。
子宮破裂。
母は何かおかしいから切ってくれと訴えるが、医者も助産師も気付かず母失神。
やっと気づいて緊急帝王切開。
子供は長いこと呼吸が出来なかった為心配停止状態だったが辛うじて蘇生。
重い脳性麻痺となり、母は殆ど寝ずに看病するも生後五ヶ月でタヒ去。
その間父は浮気しまくり。経済的・肉体的DVしまくり。
父と離婚成立するも、帝王切開時に子宮と卵巣を全摘してしまった為29才にして更年期障害になる。
落ち着いた頃には、ドップリそうかにはまってしまいましたとさ。
約20年ぶりに父から留守電入ってたので記念カキコ。


328: 名無しさん 2014/04/09(水)02:27:00 ID:9uJtnewSN
初めて出産時、4000グラム近い巨大児で帝王切開した。
が、麻酔が効かなかった。全然眠くない。
ていうか触られてる感覚あるし。
次の瞬間、物凄い痛みを感じた。もちろん暴れたよ。
取り押さえられて、もう一度麻酔された。
効かない。

そ の ま ま 手 術 続 行

死 ぬ っ つ ー の !!!!!!!!!!!

意識が飛んだよ…。

ちなみにハッキリと覚えてるんだけど
意識が飛んですぐ幽体離脱のような状態になった。
天井から気絶してる自分を見下ろしてた。
そしたらどっかの穴(排水溝?)に引きずりこまれた。
んで青とピンクの部屋があって、ピンクの部屋に入ったら
現実の私が目を覚ました。

子どもは無事に産まれてた。
ただ、男だとほぼ確定してたはずが、女の子だった。
医者が「あれー?お母さんのお腹の中に忘れてきちゃったのかな」と言っていた。

んで腹の中で育ちすぎた娘は他の子よりずっと大きい。
そして産まれた瞬間から目がバッチリと開いていた…。
しかも産声がない…。
ただじっとすごく大きい目をギョロギョロさせて周りを見ていた…。

以上。
そんな娘も大きくなりハーフに間違えられる美人に育ちました。
ただ産まれた瞬間から目開いててしかも泣かないってありえるの?
娘の産声が聞けなかったのが心残り。
しかも最初自分の娘ながら少し怖かったなー。今は大好きですがw


655: 素敵な旦那様 2006/02/03(金) 06:53:46

今年に入ってから、胸が急に痛み始めた。咳も止まらない。 医者に行き、レントゲンを撮ってもらったら、肺に影が写ってた。 医者からCT検査を勧められるも、仕事で時間が取れず、放置してた。 家事と育児に追われる嫁には、余計な心配を掛けたらいけないと思い、 「大した事無いよ。暫く様子見てくださいってさ」と誤魔化した。 ある日、いつもの残業で深夜に帰宅すると、嫁が神妙な顔をしている。 「お医者さんから電話があったけど‥」と切り出した。 医者は、CT検査の事で電話をしてきたらしい。(余計な事を)と思いつつ、嫁に話をした。 「CTだったら会社の検診で希望すれば撮れるし。今年は希望するからさ」 「検診って半年以上も先じゃない。手遅れになる病気だったらどうするのよ」 「今は咳が出るだけだから。そんなに大層な病気じゃないよ」 そんな調子で、喧嘩になった。 「勝手にすればいいじゃない。万が一の事があっても、子供は私が一人で立派に育てていくから」と嫁は捨て台詞を残して、その日から別々の部屋で寝る事となった。 ある時、家に置いている「家庭の医学」にしおりが挟んであるページを開けたら、 そこには「肺癌」の事が詳しく書かれていた。 レントゲンの白い影、明確な自覚症状が無い‥、自分に当て嵌まる事が多かった。 それで、検査を受ける事にした。

349: その1 2010/06/24(木) 15:26:54 ID:qhAnaoKh0
 
かなり前の話&まとめ下手で長文ですが… 

私子…21歳・大学生 
A子…21歳・フリーター・私子の顔見知り 
B男…35歳・医師・私子の従兄 
C子…36歳・バツイチ・会社員・B男の婚約者 
(当時の年齢) 

従兄のB男の結婚が決まった、とある日親から報告があった。 
B男の父親も医者で、奥さんと離婚後に子供を引き取ったものの仕事が忙しくて育てられないので…と 
うちの親がよく預かって、我家には私が生まれるちょっと前からいて、
まるで兄妹のように育てられた仲だったから、

35歳にしてやっと結婚する気になったのか、とちょっと嬉しかった。



親によると相手の女性はうちの近所に住んでいてB男と同じ中学に通っていた女性で、 

なんでもB男の初恋の相手らしいw


その後違う高校にいき、友達を通じて何度か会うことはあったけど、恋人関係まで発展せず
大学になると完全に連絡が途絶え、それぞれに違う人生を歩み、C子も違う男性と結婚。

ところがC子さんの旦那が結婚して2年ほどで事故しして実家に戻ってきて
たまたま同窓会だか飲み会だかで二人が再会。
その後付き合いがはじまり、やっと結婚が決まった…という流れとのこと。

そりゃめでたいね、お祝いしなきゃね、と家族揃って喜んだ。

大学いってから忙しくなり、我家にはあんまり顔を出さなくなったB男も、
結婚の相談(既にB男の父親は故人、母親は海外で再婚済みなので、うちの親が親代わりになっている)や
C子の実家も近いこともあり、またしょっちゅう顔を出すようになった。

ある日、B男と待ち合わせをして一緒に買い物をしていた(結婚関係の買い物のお付き合い)。
その時たまたま、以前バイトしていたところで一緒だったA子に合った。
A子は嬉しそうに「デート?デート?」といってきたので
「いや、従兄で今日は買い物に付き合ってるの」と説明をしてその場は別れた。


58: 愛とタヒの名無しさん 2012/03/27(火) 08:33:11.60
参加した兄が微妙に不幸だった話。

兄は放射線科の医師。マイナーなので知らない人も多いと思うけど、
「放射線科」という科がある。
その兄が大学時代の友人の式に出席。
友人に「席次表に勤務先とかも書いていいか?」と言われ承諾。

当日。

歓談の時間になると新郎友人(医師が多い)席に来る新婦友人。
その中で兄はポツン。友人と話そうとしても、新婦友人が割り込んできて兄の事は無視。
「・・なんだこの人たち・・」

しかし披露宴の終わり間際から変化し、二次会では兄にも積極的に話かけてきた。
それとなく新郎に聞くと

新婦から
「私の友達に頼まれているんだから、医師の友人を呼んでと言ったじゃない。
 放射線科って、技師さんでしょ?あなたにとっては技師さんでも良い友達なんだろうけど・・」
…と言われ、
「アイツも医師だよ。マイナーだけど、放射線科という科があるの」と答えたらしい。

それが披露宴の後半で新婦友人にも伝わったとのこと。
婚活したいのはわかるけどね。。


349: その1 投稿日:2010/06/24(木) 15:26:54 ID:qhAnaoKh0
かなり前の話&まとめ下手で長文ですが… 

私子…21歳・大学生 
A子…21歳・フリーター・私子の顔見知り 
B男…35歳・医師・私子の従兄 
C子…36歳・バツイチ・会社員・B男の婚約者 
(当時の年齢)

従兄のB男の結婚が決まった、
とある日親から報告があった。
B男の父親も医者で、
奥さんと離婚後に子供を引き取ったものの
仕事が忙しくて育てられないので…
とうちの親がよく預かって、
我家には私が生まれるちょっと前からいて、
まるで兄妹のように育てられた仲だったから、
35歳にしてやっと結婚する気になったのか、
とちょっと嬉しかった。

親によると相手の女性はうちの近所に住んでいて
B男と同じ中学に通っていた女性で、
なんでもB男の初恋の相手らしいw

その後違う高校にいき、
友達を通じて何度か会うことはあったけど、
恋人関係まで発展せず
大学になると完全に連絡が途絶え、
それぞれに違う人生を歩み、C子も違う男性と結婚。

ところがC子さんの旦那が結婚して
2年ほどで事故氏して実家に戻ってきて
たまたま同窓会だか飲み会だかで二人が再会。
その後付き合いがはじまり、
やっと結婚が決まった…という流れとのこと。
そりゃめでたいね、お祝いしなきゃね、と家族揃って喜んだ。

大学いってから忙しくなり、
我家にはあんまり顔を出さなくなったB男も、
結婚の相談(既にB男の父親は故人、
母親は海外で再婚済みなので、
うちの親が親代わりになっている)や
C子の実家も近いこともあり、
またしょっちゅう顔を出すようになった。

ある日、B男と待ち合わせをして一緒に買い物をしていた
(結婚関係の買い物のお付き合い)。
その時たまたま、以前バイトしていたところで
一緒だったA子に合った。
A子は嬉しそうに「デート?デート?」といってきたので
「いや、従兄で今日は買い物に付き合ってるの」
と説明をしてその場は別れた。

このページのトップヘ