今日の人気記事

友やめ

1 :名無しさん@おーぷん 2017/05/23(火) 07:47:49 ID:QyB
俺はアラフォーのおっさんで、もう恋愛とか結婚とかどうでもよくて、
出世も何も考えず自分一人が生きていける収入でのんびり暮らしている。
なのに結婚して子供がいる友人たちが、
「結婚して初めて大人になるし、人生の意味もわかる」
「一人でいいとかガキみたいに拗ねてないで、理想を低くしてちゃんと結婚しろ」
とか言ってきてた。
それがうざかったから、ほとんど流して無視してたんだけど、
友人の一人が
「お前にぴったりの人がいるから紹介する」
って言ってきて、三ヶ月ぐらい断り続けてたんだけど、
「マジで食わず嫌いやめろよ。それお前の悪い癖だよ」
とか言われて、マジ説教されて、それもうざくて渋々その女性に会うことに…


456 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/30(土) 02:09:31 ID:sRfOcffm
私女の子。
今一人暮らししてるんだけど、実家住みの友人にGW実家に帰るなら部屋の鍵貸して欲しいと言われた
理由を聞くと、「彼氏とお泊まり、ホテル高いからもったいない」と言う
さらに、「彼氏に手料理食べさせたい」
「ホテルは色々持ってかなきゃいけないけど、ここなら全部そろってるから」
「少しの間だけでも同棲気分味わいたい」などと言う
いや無理無理、絶対無理
てか、リア充にはこういうの普通なの?
知らない男に食器やらお風呂トイレやベッドまで勝手に使われるなんて絶対無理、想像しただけで気持ち悪い吐きそう
その友人の図々しさにも我慢できない
もう友達としてやっていけないと思う

35 :名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水) 00:23:01 ID:9hD
誰でもいいからただただ聞いてほしい!
該当スレがなかったからこちらに

今度私の誕生日で、友達から「誕生日にかこつけて集まって飲み会しよう!?」って提案があった
オッケーだしたら、「明日SNSで連絡するね!」って言われて翌日SNSを確認したらその友達からブロックされてた
はぁ!?何この手のこんだ無駄な嫌がらせ
そんなに私のことが気に入らないならまどろっこしいことしてねーでさっさと関係切れよ!
とイラっときてしまい、アドレス帳からメアドと携帯番号削除した
私の携帯の設定で、登録してない連絡先は拒否するようになってる

暫くしたら別の友達経由で「誕生会提案してくれたのに拒否とか酷くない?嫌ならその時いいなよ」と連絡がきた
「いやいや先に拒否したのあっちでしょ、SNSブロックしてるじゃん、本人に確認しなよ」
と返事
すると事実か浮かび上がってきた
誕生日を提案してくれた友達の知人が誕生日ならサプライズがあったほうがいいと意味不明な理論で勝手に友達の携帯を操作し、私のSNSのページをブロック
ブロックしたのを言い忘れて放置
友達は気付かないまま、何故私がメールまで拒否したのかわからずキレる
共通の友達経由で苦情
ってのが一連の流れだった

あーそうなんだ、お互い被害者なんだね
で仲直りできたら良かったけど、何故か友達の怒りがおさまらない
「あんなに仲良かったのに私がブロックしたと思ったんだ。最低、謝ってよ」
はぁぁぁぁ!?意味わからねーよ
むしろ携帯他人に操作させたあんたが事の発端を引き起こしたんだろ
なんで私が謝らなきゃならねーんだよ頭湧いてんじゃねーの!

イライラしてそのまま友達をやめようと思っている

48 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/26(金) 06:13:38 ID:luTY7oJ4.net
昔友達だったA子は盗癖のあるぶりっ子だった
二人で遊びに行った時(その時は盗癖を知らなかった)に、カバンを置いてお手洗いに行って帰ってきたらカバンの中に入れていたゲームのカセットが数本無くなっていた
「あれ?カセットが無くなってる?」と気付いた私はカセットを探したが見つからず、
まさか知らない人がカバンを漁った?と恐怖を感じた
だが、それなら近くにいたA子が知らない訳がないと思いA子に、「まさか誰かここに来た...?」と聞いたがA子は「うーん、知らない。分かんない。私じゃない。」の一点張りで、
一緒に探してもくれたが、A子はその場でくるくる回るのみ(本当にその場くるくる)
色々と不自然な点から、まさかこいつが盗ったのでは?と思い始めた
「まさかだけど、A子が盗った?」と聞くと、「私、知らないよ」(目を逸らした)
怪しさMAXだったのでA子に許可を取って、A子の身体調査させて貰った
するとシャツの胸ポケットから4本のカセットが見つかる
A子は「私知らない!分かんない!どうしてここにあるの!?」と否定したが、A子の服から出てきた以上、A子の仕業なのは確定
A子にどうして盗ったのかと問いただしたが、私知らない!とだんまり
流石にキレた私はその場でA子を置いて帰った

このページのトップヘ