今日の人気記事

友やめ

645 :名無しさん@おーぷん 2014/09/13(土) 11:39:32 ID:phNKa2dRZ
友達というかは微妙だし、叩かれ覚悟で。

上京し、旦那と結婚前からよく行っていたイ○ラム国のカレー屋の店長。年も近くて仲良くしてた。
時々「自国age日本sage」発言はあったものの、その時はスルーしてた。

ただ、私の妊娠が判明して前みたいに頻繁には来れないからって報告し、つわりで食べるものが限られるからって伝えたのに店長一人でヒートアップ。
サービスだと自国のピクルス(胃液が逆流しそうなくらい酸っぱい)を出してきて「自国では妊婦はコレを絶対食べる!」と言われた。
まあ、このくらいは予想してたので見てないところで持参した袋に詰めて、旦那の朝ご飯になった。
断っても理解しないだろうし。

ただ、信じられないのが、自国の蜂蜜を渡してきて「赤ちゃん生まれたら母乳の前に絶対蜂蜜飲ませて!」と言われた。その時用の蜂蜜プレゼントだって。
さすがに何言ってんだ!!ってなってボツリヌス菌や日本や海外で起きた蜂蜜が原因のタヒ亡率を説明しても理解しない。
自国では蜂蜜は絶対だ!!って譲らない。じゃあ自国でやれよ。
日本ではあり得ないことだし、蜂蜜はいらない。自国の常識と日本の常識は違うと言い、その日は喧嘩別れみたいになって帰った。
後日調べたら新生児、乳幼児のタヒ亡率ランキングでその国はトップクラスだった。
まあ、衛生面の問題もあるだろうけど、蜂蜜が原因の気もする。

その後、旦那も子育てについてうるさく語られたらしい。でも店長は子供いないし未婚。子育ての経験皆無らしい。
呆れてこのままFOする予定。
ただ、近所なのでたまに顔合わせるのがめんどくさい。

ちなみに他のイス○ム国の知人数人に聞いてみたところ、確かに風習は残ってるけど今は危険だからやらないと言っていた。

こんな事で長年仲良くしていた人を切るのは寂しいが、子供が生まれてから、また自国の未経験子育てご高説されるのは激しくストレスになりそうなので縁を切る。
ただ、その前に傲慢さが増していく店長のせいでお店が潰れそう。
カレー美味しかったのに残念だ。


600 :名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日) 04:47:59 ID:HO6av72Ax
歩き飲みをしなかったらアスペ扱いされた
アスペはながら作業が出来ないんだよ
それに私ちゃんは以前から妙なこだわりがある、同じ話をする
相手の気持ちを考えてない
ってぼろ糞言われた

私が歩き飲みしなかったのは、ペットボトルだったから歩きながら飲んで万が一こぼすのが嫌だったから
スクランブル交差点で歩き飲みして自分にかかるならまだしも、人にかけたくない
こだわりがあるってのも、友達がほぼ毎回遅刻してくるから時間守れって口をすっぱくして注意しているだけ
その時に連絡取るのに、携帯買わないの?って聞いちゃうから
相手の気持ちを考えていないってのは察してよって事なんだろうけど
待ち合わせ前に美容室行って改札出ないで、柵の内側で私を待っていたとか言われても
私美容室行くこと聞いてないし、柵の内側にいることなんてエスパーじゃないんだから知らない
つか、出かける前の時間に美容室行ってるの?それで当初の待ち合わせ時間1時間ずらさせたの?
それで遅刻?毎度毎度1時間近く待たされる私の気持ちを考えろよ
遅刻+靴擦れ(素足スニーカー)で、コンビニで靴下買えばって言ったのに人の絆創膏あてにして、足引りながら痛みで不機嫌になられて
イライラ爆発して友達に言って、友達置いて帰ってきた

家かえってアスペって調べたら、それこそ友達の言動そのもの
自覚なくて人のことをよく指摘できたよね

こんな時間なのに着信しやがるから吐き出し

580 :名無しさん@おーぷん 2014/08/18(月) 02:35:09 ID:wFlOPEObx
友達をやめたので書き込む。相手は年上の友人女性.30歳。
・肩が触れただけでこの人痴/漢ですと叫びだす(一緒に歩いてて通行人と喧嘩になったことあり)
・今年初めて彼氏ができてから、元カノに嫉妬の嵐。ブサイク、服もダサいなど罵倒しそれに同意しないとキレだす。
(彼女の容姿に関して、美的センスのない私はどうこう言う立場にないが、
ムッシュかまやつさんがきゃりーぱみゅぱみゅの服装をしていると思ってくれればほぼ間違いない)
・私はいつもいじめられてきて不幸だ、友達がいなくて不幸だし彼氏はそれをわかってないと泣き出す。
・私はいつも苦しんできた、が口癖。私がとにかくかわいそうの一点張り。
・他人なんかどれだけ不幸になってもいい、私さえ幸せであればいいからすべて滅びてほしいとのこと。
・口癖は「てめえタヒね」(注意すると、これは周囲の人すべてに言うので悪口ではないとのこと、確かに全員に言っている)
・「そんな毎回何時間も人の悪口言われても困るよ…」と一言いった友人(私とその一人しか友人はいないらしい)の悪口を延々二時間。
・とにかく通行人にも身内にもすぐに激昂し、自分の悪口や感情に賛同してもらえないだけでイラつくとのこと。
・「二度と私の愚痴聞かせてあげない!!お前その言い方失礼すぎるよ?タヒね」と言って友人関係をやめたらしい。
共通の知り合い(目上の人)を挟んでいたため、良い面を見ようと一年くらい頑張ってきたけど、そのもうひとりの友人さんに心底同情した。
初めてこの世にはどう対応してもダメな人間がいるんだと思った。もう無理すぎる。

95 :名無しさん@おーぷん 2016/04/14(木) 17:16:32 ID:ITe
高校時代にストーカーしてきた男がフェイスブックで友達申請してきた!
どうしようかなって思ったけど、もう何年も前のことだし私には婚約してる恋人がいるし平気だよね!
今ならただの友達として仲良くなれるかもしれない!

→すごいフェイスブック監視されるようになって気持ち悪い!アパートも特定されてすぐ近くにきてるよ(はぁと)って電話が来る!助けて!


という連絡をよこしてきた友達をこの前切った。
過去にストーカーしてきたことを水に流して実名と顔と住処晒したフェイスブックで友達になって痛い目見るって、お前のようなのは人がいいとは言わん。ただのアホだよ…。

そのストーカー被害のあった高校時代からの友達で色々心配してたけど、自分から危険に突っ込んでいかれちゃこちらも呆れるわ。

90 :名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火) 22:53:28 ID:h4h
5年くらい付き合いのあった友達A子を切った
A子はイ谷に言う「真似っ子」と言うジャンルに当てはまる人
付き合い始めの頃、ペットボトルに付いてるカバーやキーホルダーと言ったものを揃えられていた。
馬鹿な私は「似たような感性の持ち主なんだなぁ」と呆けていた
A子の行動は段々とエスカレート
化粧のしかたやちょっとした仕草まで真似をするようになった
好きになる異性のタイプまで寄せて来たので気持ち悪くなって少し距離を置くようにした。
暫く経って、私にも結婚したい相手が出来て、結婚式の招待状を送る人をどうしようかと婚約者と話している時に、ふとA子の事が頭に浮かんだ。
「あの時は一時的な真似っ子状態だったのかも」と、よせばいいのにまた呆けて久しぶりにA子に連絡を取ってしまった。
結婚する事を伝えると、とても喜んでくれて祝福の言葉と式の参加を申し出、招待状を送付した。
式自体は恙無く終わり、夫婦共に招待した友達と二次会をしている所でA子がやらかした。
ベタなんですが「酔っちゃったみたぁ~い」とフラフラしながら夫の横に座り撓垂れ掛かるA子。
夫はどうしたらいいのか分からないと言った目で私を見る。
その場の空気を悪くしてしまうのは気が引けたので、A子を反対側に身体を寄せさせて「大丈夫?ウーロン茶飲んだ方がいいよー」と介抱する。
私からのウーロン茶を受け取ったA子はそのままウーロン茶を私にぶっかける
「なぁんでアンタが先に結婚してんのよぉ…私が夫君と先に出会ってたら夫君は私を選んでた筈なのに…ずるい!タヒねばいいのにー!」
もちろん場の空気は最悪。
これ以上A子をここに居させられないと判断した私は、タクシーを手配し、夫側の友人に助けて貰ってA子を帰らせた。
酔っちゃった と言うのは完全にフリでした。
私と夫の結婚式を潰したかったようです。
それから私はA子との交流を完全に切り、式後に予定のあった夫の転勤に着いていき、住所も知らせず引越しました
A子に情報が行きそうな相手には引越し先は教えず携帯も番号を変えてLINEでのやり取りのみに切り替えました。
未だに分からないのですが、何をもってして夫がA子を選ぶと思ったのか謎です。
A子には凄い自信があったみたいですけど。
見た目や性格に至るまで全く似てないんですけどね。
私はチビですヒョロヒョロ。とろくさい性格と良く言われ、A子は高身長で良くいえばグラマラス、悪く言うとぽってり体型。性格は倖田來未みたいに何でもズカズカっとモノを言う感じ。

167 :名無しさん@おーぷん 2016/06/11(土) 09:07:23 ID:D1Z
自分は2ちゃんではたたかれるシングルマザー。
でも実際の生活では特になにか避難されることもなく、周囲の人も助けてくれてたんだけど。
友人の一人が急に手のひらを返してきたんで、友やめしました。

きっかけは私の娘が、職場の憧れの先輩への差し入れを手作りしたいとなったこと。
うちのキッチンでは嫌だと言うんで、友人の家のキッチンを借りた。
しばらく後、また娘が差し入れを作りたいって言うんで、また友人に頼んだら断られた。
なんか冷たいよね。
結局友人だと思ってたのは自分だけだったんだとがっかりしました。

1 :名無しさん@おーぷん 2017/05/23(火) 07:47:49 ID:QyB
俺はアラフォーのおっさんで、もう恋愛とか結婚とかどうでもよくて、
出世も何も考えず自分一人が生きていける収入でのんびり暮らしている。
なのに結婚して子供がいる友人たちが、
「結婚して初めて大人になるし、人生の意味もわかる」
「一人でいいとかガキみたいに拗ねてないで、理想を低くしてちゃんと結婚しろ」
とか言ってきてた。
それがうざかったから、ほとんど流して無視してたんだけど、
友人の一人が
「お前にぴったりの人がいるから紹介する」
って言ってきて、三ヶ月ぐらい断り続けてたんだけど、
「マジで食わず嫌いやめろよ。それお前の悪い癖だよ」
とか言われて、マジ説教されて、それもうざくて渋々その女性に会うことに…

456 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/30(土) 02:09:31 ID:sRfOcffm
私女の子。
今一人暮らししてるんだけど、実家住みの友人にGW実家に帰るなら部屋の鍵貸して欲しいと言われた
理由を聞くと、「彼氏とお泊まり、ホテル高いからもったいない」と言う
さらに、「彼氏に手料理食べさせたい」
「ホテルは色々持ってかなきゃいけないけど、ここなら全部そろってるから」
「少しの間だけでも同棲気分味わいたい」などと言う
いや無理無理、絶対無理
てか、リア充にはこういうの普通なの?
知らない男に食器やらお風呂トイレやベッドまで勝手に使われるなんて絶対無理、想像しただけで気持ち悪い吐きそう
その友人の図々しさにも我慢できない
もう友達としてやっていけないと思う

35 :名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水) 00:23:01 ID:9hD
誰でもいいからただただ聞いてほしい!
該当スレがなかったからこちらに

今度私の誕生日で、友達から「誕生日にかこつけて集まって飲み会しよう!?」って提案があった
オッケーだしたら、「明日SNSで連絡するね!」って言われて翌日SNSを確認したらその友達からブロックされてた
はぁ!?何この手のこんだ無駄な嫌がらせ
そんなに私のことが気に入らないならまどろっこしいことしてねーでさっさと関係切れよ!
とイラっときてしまい、アドレス帳からメアドと携帯番号削除した
私の携帯の設定で、登録してない連絡先は拒否するようになってる

暫くしたら別の友達経由で「誕生会提案してくれたのに拒否とか酷くない?嫌ならその時いいなよ」と連絡がきた
「いやいや先に拒否したのあっちでしょ、SNSブロックしてるじゃん、本人に確認しなよ」
と返事
すると事実か浮かび上がってきた
誕生日を提案してくれた友達の知人が誕生日ならサプライズがあったほうがいいと意味不明な理論で勝手に友達の携帯を操作し、私のSNSのページをブロック
ブロックしたのを言い忘れて放置
友達は気付かないまま、何故私がメールまで拒否したのかわからずキレる
共通の友達経由で苦情
ってのが一連の流れだった

あーそうなんだ、お互い被害者なんだね
で仲直りできたら良かったけど、何故か友達の怒りがおさまらない
「あんなに仲良かったのに私がブロックしたと思ったんだ。最低、謝ってよ」
はぁぁぁぁ!?意味わからねーよ
むしろ携帯他人に操作させたあんたが事の発端を引き起こしたんだろ
なんで私が謝らなきゃならねーんだよ頭湧いてんじゃねーの!

イライラしてそのまま友達をやめようと思っている

48 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/26(金) 06:13:38 ID:luTY7oJ4.net
昔友達だったA子は盗癖のあるぶりっ子だった
二人で遊びに行った時(その時は盗癖を知らなかった)に、カバンを置いてお手洗いに行って帰ってきたらカバンの中に入れていたゲームのカセットが数本無くなっていた
「あれ?カセットが無くなってる?」と気付いた私はカセットを探したが見つからず、
まさか知らない人がカバンを漁った?と恐怖を感じた
だが、それなら近くにいたA子が知らない訳がないと思いA子に、「まさか誰かここに来た...?」と聞いたがA子は「うーん、知らない。分かんない。私じゃない。」の一点張りで、
一緒に探してもくれたが、A子はその場でくるくる回るのみ(本当にその場くるくる)
色々と不自然な点から、まさかこいつが盗ったのでは?と思い始めた
「まさかだけど、A子が盗った?」と聞くと、「私、知らないよ」(目を逸らした)
怪しさMAXだったのでA子に許可を取って、A子の身体調査させて貰った
するとシャツの胸ポケットから4本のカセットが見つかる
A子は「私知らない!分かんない!どうしてここにあるの!?」と否定したが、A子の服から出てきた以上、A子の仕業なのは確定
A子にどうして盗ったのかと問いただしたが、私知らない!とだんまり
流石にキレた私はその場でA子を置いて帰った

このページのトップヘ