今日の人気記事

友情

115: 1/2 2007/06/09(土) 18:59:54 ID:b84jOK1e
 
高校のころの話です。 

ある日の放課後、同じクラスの女子(以下S子とします)から手紙で呼びだされました。 

自分の顔はすごくブサイクで、女子達からは「キモ夫」とか影で呼ばれてるらしくて 
まさか告白はないだろう、と思いましたが、
やっぱりちょっとは期待していたのでニヤニヤしながら指定の場所に行きました。 

そこにはもうS子がいて、「前から好きだった、付き合ってほしい」といわれました。 
もう天にも昇る気持ちですごく嬉しくなってしまい、

「僕でよければよろしくお願いします」と返事をしました。(カミカミでした) 
その後、すごくテンパってしまい、とりあえず一緒に帰ろうかとS子の手を繋いだら
「ぎゃっ」とか変な悲鳴あげて振りほどかれて突き飛ばされて、
「もうギブ!」とかってS子が泣き出しました。

そしたら、脇の部室のベランダから同じクラスの女子4人が出てきて
「よくやったよ、Sちゃん」とかなんかポンポン肩抱きながら励ましだしました。
ポカーンとしてたら、女子たちがこっちをキッと睨んで
「あんたSちゃんになにしてんだ、泣いてるじゃん」とか怒鳴られました。

よくある話だけど、結局自分への告白は、女子たちの罰ゲームだったみたいなんで。
何の罰かは忘れました。

「無理矢理手を繋ぐなんて痴漢だ」「キモ顔の癖に本気にするな」
「とりあえずSちゃん泣かしたから謝れ痴漢野郎」とかいろいろ罵声を浴びせられました。
S子は泣きながら「キモいんだよ!」と手をハンカチでゴシゴシしながら怒ってるし
取り合えず何も言い返せず、S子に向かって本当にごめんなさい、と謝ったんですが

「土下座しろ」とか言われる始末・・・。失恋もちょっとだけ混じってショックでした。




185: おさかなくわえた名無しさん 04/07/30 10:11 ID:wDaHVBu5

じゃあ、ちょいと私の青春時代の話を・・・

私(♂)は中学生の頃、バスケ部に所属してたんですが、
同じ学年のチームメイトにかなり家が貧乏な奴(A君)がいたんです。
バスケットシューズって、目が飛び出るほどの高額とはいかないものの
やっぱり1、2万くらいはするじゃないですか、だからA君は
どうしても親に言い出せなくて、いつも先輩のお古のバッシュで
練習してました。

A君は家庭の事情にもめげずいつもニコニコして、練習はすごく真面目で
実際チームの中でも中心選手でレギュラーでした。
もちろんチームメイトのみんなからの人望も厚く、ほんとにすごい奴でした。

しかし、どの学校にもいるようないじめっ子グループからはいつも
「お前、バッシュも持たんでよく部活にいれるなぁ?」とか
いつも嫌味を言われており、それがA君や私達の唯一の悩みでした。

このページのトップヘ