今日の人気記事

叔母

207 :名無しさん@HOME 2016/12/22(木) 00:56:07 0.net
ずーーーーーっと勝手に叔母だと思ってた育ての親が、亡くなった母の単なる幼なじみだった。

両親が生きてる頃からみんなで旅行したり、母が入院中に家事をしに来てくれたり、小さい頃の母と一緒に写ってる写真とかいっぱいあったから勝手に母の妹だと思ってた。

身内でもない幼なじみの五歳児を面倒みてくれて大学まで出してくれた育ての母。
初めて知った時はショックとかではなく、本当にただただビックリした。

知った時は心臓がバクバクして息が詰まったけど、育ての母は「えー?知らなかったの?」とあまりにもサラッとしてて1人で頭の中が修羅場ってた。


123 :恋人は名無しさん 2009/05/26(火) 13:00:26 ID:N9uH5xDH0
田舎から関東に引越しする前から、何故かほぼ同居状態だった愛人さん。
この人実は、母の実妹。(叔母さんですね)
関東に引越しする前から父には、放浪癖?みたいなモノがあり、
いきなり家出をする人だったみたいです。
関東に引越ししたのも、父の家出が発端。
関西まで進出して結局、関東に落ち着いた。
田舎に戻っても楽しい遊びが出来ない?みたいな感覚で 
私達(母、私、弟)は父の元へ引越し、
その1年後に叔母が父を追いかけるようにやってきた。
そして、一応隣のボロ屋を借りて叔母は住むんだけど 寝る時以外はほとんど一緒。
もう、同居と同じ状態でしたね。
私は、最初これが普通なのだと思っていたけれど、友達が 

「あんたの家おかしくない?何で叔母さんが同居なの?」

っと。その言葉で叔母に不信感を持った小学校高学年の私。
思春期に入っていて叔母の怪しい行動?が、ポロポロ見えてきたわけです。
それでも母が何も言わず 私は何も言わないまま そんな奇妙な生活は続く。
そして私が高校に入学する時 一戸建ての家を購入して引越し。
何故か、叔母さんも一緒に引っ越して完全同居になる。

1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/24(火)22:20:01 ID:Vtz
訳あって、叔母さん(母親の姉:未婚の50歳)と
二人暮らしをしている

その叔母さんがキチガイすぎてつらい

666: 1/2 2011/10/13(木) 17:46:04.99 0

うちの父の妹(以下叔母)は30代なかばで旦那を亡くして
二人の子を女手ひとつで育ててきた。
そんな叔母に再婚話が持ち上がった。

相手は叔母の職場つながりで知り合った人。
子どもができない体だと若いうちにわかったんだそうで
それが原因で50近くなっても結婚せずにいたという話だった。

従姉と従弟(叔母んとこの子二人)も「いい人そうだし優しいし結婚には賛成」と言ってた。 

それが結婚直前になっていきなり破談。  理由は叔母の結婚相手が、盗撮で捕まったから。  しかも写真は小中学生ばかりだったので  「まさか従姉ちゃんを毒牙にかけようとしていたのか!!?」と親戚一同激怒。


783: 1/2 2010/08/30(月) 22:24:32
私が(伯母も?)不幸だった結婚式

新郎は10歳ほど年の離れた私の兄
私は当時中学生

式前に親族控室には私と伯母(母の姉)×2の3人がいた
自分が何していたかは覚えてないんだが、
伯母1と伯母2は何やら話していた
「○○(兄の名前)はお父さんに似ちゃったからねぇ」
「本当にねー」
伯母2人はそう言ってるが、兄は父に全くと言っていいほど似てない。だからと言って母似でもない
何の事だろうと思って「何の話?」と聞いた私

伯母1「アンタのお兄ちゃんのお父さんの話よ!ホラ、アンタとお兄ちゃんは父親が違うでしょ?」


私「え?」

伯母1「え?」
伯母2「え?」


930: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/26(日) 21:37:08.28 ID:wZGWzicU
母の修羅場。
父の家は、戦後間もなくに祖父が病死し、
祖母が自営業で一人で二男二女を育てた。

その祖母も脊椎カリエスを患い、
高校を卒業した父が相続。
治療費と弟妹の学費に追われ、
とにかく金のない家だった。

そんな中、末妹である叔母は
とにかく緩い性質だったらしく、
高校を卒業して間もなく家出し、
無職男と大きな腹を抱え戻ってきた挙げ句、
大型トラックを購入し、
未保険のまま自損事故を起こして
借金を押し付けるなど、
とにかくやりたい放題で、
母はそんな叔母を心底嫌っていた。

もっとも、父母とも
「子供の前で他人に嫌悪を向けるべきではない」
という考えだったらしく、
子供の頃は、
そんな家庭の事情は知らずに育ったのだが。

叔母は隣の市に定住し、
毎年正月と従兄弟達の誕生日にやってきたが、
思えば私自身は手土産もお年玉も
一度も貰った事はなかった。

440: 名無しさん@HOME 2012/04/23(月) 20:09:34.73 0
色々フェイクあり。父から聞いた話。 

父には二人妹がいるんだけど、そのうちの父よりひとつ年下の妹(わたしにとって叔母)は
学生時代から結構男関係にだらしなかったらしいんだけど、大学で男と同棲?して、
地元に帰ってきたときにその男と同棲したいと言った。

父の両親(私にとっての祖母)は
猛反対して、(男が無職借金有りとかそういう人だった)それに反発して叔母は男と失踪。
1年近く連絡がとれなかったらしいんだけど、父と祖父が必死で探して、叔母も無職男と別れて
泣きながら帰ってきた。しかし毒親だった祖母は、「お前みたいな女はうちの恥曝し」と怒鳴り、 また叔母は出ていってしまった。 

私は叔母を一度だけ見たことがあるけれど、ケバイ普通のおばさん。
旦那とイチャイチャしてたのがすごく印象的だった。(親戚の集まりで)
祖父が亡くなるとき、私の姉を見て叔母の名前を呼んでいたのがやりきれなかった。 

そして祖父が亡くなったあと、叔母から電話。祖父に連帯保証人になってほしいと。
父は当然怒って、修羅場。今もどこに住んでるかわからない叔母で、
祖父(叔母から見た父)の墓参りにも来ないし、勿論死に目にも合っていない。
祖父が亡くなってもうすぐ2年経つので思い出して書き込んでみた。


788: 可愛い奥様 2008/10/27(月) 12:07:54 ID:s+vVH2SK0
母方の祖母と同居していた叔母(母の実弟の嫁)が脳梗塞で倒れた。

家のローンの半分を祖母の退職金で一括払いさせ、亡くなった祖父の墓を
移転するからと土地代を払わせて墓石だけ建てたくせに「うちが墓を建てた」と
親戚中に触れまわって、法事の主導権を握り、その癖訳の分からない
新興宗教にはまって、物凄い寄付金を払っていた。
何かあれば「おばあちゃんのせい」と子供たちに言い続けていたせいで、
その家に住む私の従姉弟だけは、祖母の事を極端に嫌っている。
祖母がお風呂に入れ、散歩に連れて行き、子供の頃の服も買い与えたのに。
(叔母は自分の為にお金を使いはたして、いつも「お金が無い」と愚痴ってたから)

子供達が独立して、いよいよ夫婦と祖母だけになった時、
ついに叔母は祖母に「出て行け」と言った。
85歳を超えて、30年以上住んだ地域から出て行っても、
今更どうやって友達を作ったり地域に慣れられるんだ…と周りは悩んだ。
賃貸だってなかなか貸してもらえないし、施設に入れる金も無いと叔母は言った。
夫(叔父)は某一部上場企業の取締役なのに、何故そんなに貧乏なんだ。
しかし、その直後叔母が倒れた。

今は祖母が叔母の身の回りの世話をしている。
洗濯物を取りに行ったり、話しかけたり。
「行かなくてもいいんじゃない?」と言えば「辛い事もあっただろうけど、
実際一緒に住んで楽しい思いもさせてもらったから」と答える祖母。
半身不随で、記憶障害で、言葉もしゃべれなくなり、手も硬直したまま動かない。
長年祖母をいじめ続けた叔母。
まさに因果応報だと思った。


780: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/21(火) 12:53:25.48
小学生低学年のころ叔母に鼠園に連れて行ってあげると
騙されて東京の宗教施設に連れて行かれ修行されられた。

母には「自分の親戚の家に泊まるから子供だけなら連れて行ってあげる」
と嘘。ちなみに旅費もしっかり取ったそうな。

滞在初日からの早朝極寒修行に病弱な私は即発熱&嘔吐が
とまらなくなる。
が、「祈ったら治る!」と病院もつれてってくれずに
毎日、無理矢理修行→倒れる→修行を繰り返す日々。
そして風邪に悪い!と風呂にも入れて貰えなかった。

実際は10日ほどだったらしいが、私には永遠に思えて
「帰れないんじゃないか?」と泣いて過ごした。


765: 名無しさん@HOME 2009/08/28(金) 03:19:26 0
人がいないうちに弟夫婦の話をひとつ。長文。

父方の従妹が、弟嫁に対してクソコトメ化。
弟夫婦が結婚したときの食事会に無理やり割り込んできて
「弟ちゃんのお嫁さん、可愛くな~い!なんでこんなブス(決して不細工ではない)と結婚するの?信じらんない!」
と散々ケチをつけて、言っているうちに勝手にキレて暴れて勝手に帰ったことから始まって
その後も現在に至るまで5年近くの間、あの手この手の嫌がらせやたかりを続けてきた。
そのたびに弟嫁子にクソコトメの父親、私や弟から見れば叔父が平謝り。
そのたびに叔母がクソコトメを庇い、クソコトメはけろっとしたもの。
私一家(弟嫁子からしてみると義実家)からも「コトメは嫁子ちゃんに会わないようにするからね」
「怒ってもいいのよ、追い出していいの!」と言ってきたが、本人はけろっとしたもの。
海のように心が広いのか無理させているのか、何度も何度も話し合ったけれど本人変わらず。
車で20分程度の近距離別居なので、コトメは相変わらず凸を繰り返しては叔父に連れ帰られる5年だった。

今年のお盆のある日。
お寺さんも帰り、我が家一同が揃って、のんびり夕食を食べていたら叔父に隔離されていたはずのコトメ登場。
ちょうど弟夫婦の息子のお節句が今年だったので、席の主役は弟夫婦。
孫可愛いひ孫可愛い甥可愛いと、親戚中の膝の上を転々としていた弟息子に突然コトメが
「何よ、あんたなんか生まれて来なきゃよかったのよ!ブサイク、弟嫁に似やがって!」
と叫んで卓の上にあった小鉢から煮物を引っつかんで投げつけた。
え、正直甥は弟似ですが、と思っている間に弟嫁が立ち上がってコトメの足を払いのける。畳に転がるコトメ。
暴れるコトメの上に乗っかって、腕と足を片手で固めながら静かに話し始めた。


このページのトップヘ