今日の人気記事

同情

556 :名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水) 16:05:42 ID:6oT
>>459さんの薬の話を読んで、昔の知り合い(とすら明記したくないが)と、その因縁を思い出した。

そいつ(仮にAとする)はとにかく薬や病気というものをなぜか毛嫌いしていた。
例えば誰かが「胃が痛いから集合時間より遅れます」と連絡すると、その人は本当に胃痛以外の事は何一つ言ってないのに
「『胃が痛い』と言うのは『私は精神的に疲れています』と言ってるのと同じだ。周囲に同情してほしがってる。そういうのは卑怯だ。」
「私は本当に精神的に追い詰められても絶対周囲に言ったりしたりしない。相談なんかもってのほか。精神科で薬を処方してもらうのが正しい(キリッ)」と断言。
誰かがAの前で薬を飲むと
「な、な、何それぇえええーーーーっ!!!」と昭和の漫画みたいなリアクションで叫ぶ。
叫ばれた人が「え?どうしたの?ただの風邪薬だよ?」とオロオロしていると、Aは今にも泣きそうな幼い子供みたいな表情でその人をジトーーーっと見ていた。
その表情がなんというか「ほんとに?ほんとに?嘘でしょ、嘘だってわかってるんだよ?」とでも言いたげな、何とも言えず不気味だったのを覚えている。
何の薬だと思ったんだ。

自分はこのAに変に心配されていた。
Aは、当時流行っていたスピリチュアル系の本を「これあなたにぴったりだと思うの」としきりに勧めてきた。
Aのその行為の意味が本気で分からなかったが、そういう本も実際読んでみると結構良い事が書いてあったりして面白い部分もある。
なのでAの前でそういう本を読んでると
「ちょwwwなにこれwww運命とか天使とかwwwおっかしwww」とm9(^Д^)のAAみたいな顔で笑われた。
勧めたのお前だろ。

その後本当にAがらみで色々あって(あまりに長くなるので割愛)自分は本当に精神科のお世話になる破目になってしまった。
しかしAはそんな自分をえらく気持ち悪がるようになり、外出先で会うと「ヒッ…」みたいな反応をする。
Aが結局なにがしたかったのか未だにわからない。


459: 1 2013/01/28(月) 14:29:16.60
全くの赤の他人の結婚式の話でも良いかな。
去年の年末に出張で横浜のカプセルホテルに泊まったのよ。
最近の女性向けカプセルって中々小奇麗で過ごし易いので、
普通の旅行者も泊まってるし、就活生やイベント帰りや、
様々な人がいる。しかしそんな中で異様な二人組がいた。

なにやらロビーで受付の人と揉めている、20代とおぼしき女性二人。
場にそぐわぬ華やかなパーティーワンピースを来ている。
ロビーで寛いでいた私は聞くとは無しに聞いていたんだけど、
どうも、自分たちの部屋はどこだ、ここはホテルじゃないのか、
カプセルホテルに予約なんかした筈は無いと揉めている。
この建物は上が高級ホテル、地下がカプセルになっている。
入り口や名称は同じなんで、間違える人もいる。
その二人はどうやら会社の先輩の結婚式に来たようで、
明日ホテルで挙式するから前泊して欲しい、
費用はこちら持ちで予約しておくから現地に来てね、と
先輩(多分新婦だと思う)に言われていたそうだ。
で、自力で来てみたらなんとカプセルの方だったと。
それで、まさかそんな筈は無い…って吃驚していたようだ。
でも結局間違いなくて、二人は一泊2000円のカプセルに
推し篭められる事になった(一番安いブース)。


359: 名無しの心子知らず 2006/08/08(火) 14:49:04 ID:nXyzNBgC

二人目を出産した時、隣のベッドの人から「上の子の赤ちゃん返りひどくて。
そちらも大変そうですね。お互いがんばりましょう」と声かけられた・・・
「すみません一緒にしないで下さい。」と言いそうになってしまった。
うちの上の子3歳で入院中だんなに連れてこられる度に泣きながら
「おかあしゃん早く帰ってきて。」とか「赤ちゃん抱っこしちゃやだ」って
言ってた。

隣の人小学6年生の男の子。学校帰り毎日病院に来てベッドに入って
お母さんにべたべたしてる。首に手を回して「寂しいよ」とシクシク泣いてる。
それが隣のベッドのだんなさんが迎えにくるまでずっと続く。
鼻の下のヒゲが若干濃くなってきた感じの男の子。
はっきり言って気持ちが悪かった。


このページのトップヘ