今日の人気記事

告白

422 :名無しさん@おーぷん 2014/11/08(土) 09:18:10 ID:APxlnrIdo
高校の卒業式の翌日に両親が妙に畏まって
話があるから座りなさいって言われて何事かと思ったら
俺が両親の子供じゃないことの告白だった。
高校を卒業したら話そうと前々から決めてたらしい。
それまで全く考えたこともなかったからショックよりも
「なんで?」って感じだった。
なにがどうなってそうなったのか、過程が知りたかった。
一滴も血が繋がってないのか、本当の両親が誰かさえ分からないのか
そこらへんを詳しく知りたいと思った。
そんな俺の態度が両親にとっては想定外だったらしく
全く取り乱すことなく質問して来る俺に
却って両親の方が慌ててしまい「ちょ、ちょっとタンマ」とか言い出して
母が珈琲を淹れて、3人でゆっくりそれを飲み、
落ち着いてから1から話してくれた。
かなり長い話になるから簡単に書くと、
母には妹がいたんだけど、子供を産んですぐに自杀殳したらしい。
不倫相手の子供で認知すらされず
捨てられたことを悲観しての・・・だったそうだ。
その子供が俺で、姉である母が引き取ることにしたらしい。
本当の父親が誰かについては、最後まで言わなかったそうだ。


175 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 10:53:47 ID:KSq4x9RO.net
元嫁に「初恋の転校してしまったA君」に似てるからと告白された
聞けばスジを通すためと彼と別れてきたと
怖かったので断ると元嫁友人や元彼まででできて説得された
何事にも一生懸命だが勘違いが多く一緒にいると楽しいかもと友達から始め、こちらから告白、結婚し息子もうまれた
育児も落ち着き元嫁が働きにでて数年「初恋のA君が別部署にいた。気持ちが抑えられない。スジを通すために離婚したい」と言われた。
お互いの両親を呼んだ席で「親権を手放し身軽になりたい」と言い放ち絶縁された
ここまでするのは相手と話がついてるのではないかと元嫁会社にいる友人に話を聞くと自分に似てるその男は「海外事業部のアジアの方」だった
この人のために嘘をついて離婚する気だと心が折れ親権もらい離婚、引っ越した
しかし元嫁は本当にA君だと思ったらしく、会社を辞め1人でいるらしい
こちらを探してるとは聞かないので、A君を探してるんだろうと思う

717 :おさかなくわえた名無しさん 2009/11/17(火) 17:48:24 ID:/Nde6Xx2
中学生の頃、女子の間でモテない男子に告白するという罰ゲームが流行ったが
その主犯格の女子の家がある日火事で全焼した
火元は隣の、罰ゲームのターゲットにされた男子の親の会社が所有する空き倉庫
普段は無人だったので通りすがりの人間による放火という事で片付けられたが
親友だった俺にはこっそり真相を教えてくれた

その男子は今、会社の社長になっている
ぐぐれば一発でヒットする大会社で、「会社情報」をすれば見れる
「ご挨拶」の文章の脇で、高そうなスーツを着たあいつの写真が微笑んでいる

もう四半世紀も前の話だ、時効だろう

943 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/05/12(金) 22:29:00 0.net
旦那は私が初体験だったと思っているけど実際には初体験じゃないこと。

当時は私が24、旦那が28で職場恋愛だった。告白は私のほうから。
「この歳で未経験だから自信が無くて」と断られたので「私がリードするから!」とゴリ押し。
けど当時はかなりアホだったので後から「実は私も初めてだったの~()みたいなほうが喜ぶかな」と路線変更を思いついた。
だからデートのたびにマ○ドナルドのバーベキューソースを隠し持って、偽装工作できるようスタンバイしていた。
けど実際に内側に塗ってもう戻れない段階で、触ったりなめたりしたらバレることに気付いてしまった。
もしもあそこにソース塗ってHする変隊だと勘違いされたらどうしよう!?とパニックになって、準備運動無しで合体した。
そしたらむっちゃくちゃ痛いしどこか切れたみたいでソース染みるし初めて以上の地獄の激痛に襲われた。
演技するのも忘れて「うぎゃああ」みたいに悶絶。がんばったけどその日は最後までできなかった。

結果的に「自分も不安なのに、情けない僕のために経験豊富なフリをしてくれた献身的な彼女」というレッテルで勝手にベタ惚れされて立場が完全に逆転して1年後に結婚できた。
多分旦那が結婚を決断する決め手になったNo.1エピソードだと思う。

528 :名無しさん@HOME 2013/10/26(土) 21:47:15 0
流れ豚切って自分が高一の時の修羅場

4月高校で体育会系文化部に入部

5月同じ部活、同じクラスの女の子(以下A)に惚れてアプローチ

6月第一週Aに告白、成功

6月第二週何故かAのストーカーとして他の女子に攻められる(Aはこの日休み)

6月第三週Aにフられる(デートも一回もナシ)

6月第四週~女子部員のサンドバック

11月鬱になりかね見かねた別の教師により強制退部

214 :名無しさん@HOME 2011/02/05(土) 12:28:54 0
干支がヘビで星座がサソリのいかにも粘着・しつこそうな私は
そのままの性格で
中3のときに付き合ってて振られた相手を地の果てまで追っかけて
30歳のときに結婚したわ。
15年長かった。

117 :名無しさん@おーぷん 2017/09/22(金) 06:26:27 ID:Gnz
中2から高1まで毎年好きな人の誕生日に
付き合って下さい!と同じ人に告白してたけど3年連続でフラれた。
3回目フラれた後、最初は未練たらたらだったけど流石に諦めようと
泣きながら一緒に撮った写真削除したり思い出の品捨てたりした。

4年目のその人の誕生日の夜、「今年は来ないの?」
とメールきて、その年はOKしてくれるつもりだったのか
プレゼントだけ欲しかったのか
賭けでもしてたのかどういう意味かはわからないが
何となく不快に思ったので少し残ってた未練が完全消滅した。

それから数年して「まだ、俺は待ってるよ。
今度はちゃんと君の望む返事をしてあげる。」
とメールがきて、最初は誰からで何の事だかまったく分からなかったけど
数日後、そのメールがきた日付見てあの人の誕生日だと気付いて
あー、電話番号とメアド削除したけど着信拒否ってしないといけないのかー。
と、旦那に着信拒否のやり方教わりながら設定した。
誕生日にこんなメール送るなんて気の毒。

45 :名無しさん@おーぷん 2017/06/03(土) 16:45:35 ID:DB7
一般的にどちらが悪いかご意見ください。

彼女27
俺40
派遣でうちの部署にやってきた彼女に惚れられました。
年齢差もあるので、遊びかなって思いきや、わりと本気だったみたいで、何度か遊んだ後、告白されました。
その時は何となく流して、時間も遅く、家まで送ろうかと思ったんですが、向こうからお願いされて、ホテルに泊まりました。
その後、何度か彼女(1人暮らし)の家に遊びに行き、何度か夜を過ごしましたが、自分は結婚とか興味ないので遊んでいました。
そしたら、彼女から「私のこと、なんとも思わないんですか?」と言われたので「職場恋愛はちょっと嫌なんだ」と伝えました。
そしたら、彼女が仕事を辞めました。
元々3ヶ月ごとの更新だったので、更新せずに辞めるとのことだったのですが、周りからは惜しまれていました。(業務に差支えはありません)
手に職がある彼女はすぐに別の仕事をし始めたのですが、連絡が頻繁に来ます。向こうはすごく本気なのですが、付き合う気は本当になく、告白されましたが振りました。
そしたら「仕事まで辞めたのに」と泣かれました。遊んでいた期間は1年ほどで、好きとかのアピールはそれとなくスルーし続けていました。やはり私が悪いのでしょうか…

750 :素敵な旦那様 2005/11/16(水) 15:10:11
嫁とは高校時代からの付き合いで、色んな苦楽を共有してきて
もうお互いの気持ちなんて知りつくしちゃってると思ってたんだ。

でもこのスレに感化されて昨日ついにタイミングを見計らって言ってみた。
そしたら、嫁の顔みるみる顔真っ赤に染まって、目に涙もいっぱいためて
「ありがとう」
って言われた。

このスレのおかげで、嫁の新しい一面を見ることができたよ。ありがとう。

272 :彼氏いない歴774年 2009/11/30(月) 00:54:06 ID:y+avg7j7
今日というかもう昨日、友達に彼氏ができました。(´;ω;`)

私が好きな人は年上で普段はクール(ギャルな人から見ると怖いくらいクールらしい)な人で、
あんまり群れて騒いだりせずに友達二人くらいで深く静かに談笑してるような人でした。
私と友達と好きな人の三人で、通信高校の夜間授業の終わりで、途中まで一緒に帰ってました。
一緒に帰ってたのはこれが二回目。
ところが人通りの無い帰り道でいきなり友達が、私がいるのに、好きな人の袖を引っ張って、告白した。
私も彼女もお互いの好きな人なんて知らなかったので私は頭が真っ白に。
好きな人は、一瞬、立ち尽くす私の方を見て困ったような顔をして、それから友達に向き直って、
「○△□(よく聞こえなかった)
すごい勇気あるね…ちょっと焦った…
でもはっきりしてる子って好きだよ。…いいよ、真剣に付き合っていこう」
とかそんな感じで、真面目に答えてて、別れ際にも私のことを気遣ってくれた。嬉しいけどくやしいよ…

書いてるとちょっと落ち着いてきたけど、
今は敗北感でいっぱいで眠れない…普段はおとなしい子なのに大胆すぎるよ…
風呂場で泣いたのにまた泣きそうだ。(´;ω;`)

このページのトップヘ