今日の人気記事

営業

70 :名無しさん@おーぷん 2016/01/08(金) 15:28:03 ID:g3Q
関東で夫婦で会社を興した
先日、取引先の紹介で某銀行を紹介してもらった
某支店の支店長と若い営業が2人してやってきたんだが、支店長の名刺を見たら私の父親と同姓同名だった
さすがにその場で口には出さなかったが、話しているうちに私と支店長の地元(九州)が同じということがわかり、
さらにその他の内容からどう考えても自分の父親にしか思えなくて、話の流れでそれとなく
「私、旧姓○○っていうんですよね。生まれは○○町なんですけど」と言ったけど
別に支店長の顔色が変わることもなく、そのまま仕事の話をして終わった

後日、支店長から個人的に電話をもらったけど、本当に父親だった・・・

30年近く前に両親が離婚して、養育費も財産分与もなく、行き場のない母子を追い出した飲んだくれ親父
私は当時2歳だったので父親の顔を覚えてはいないし、お互い同じだと思う
父親につけられた顔の傷がまだ残っていたので、相手はそれと旧姓・生まれの町の情報から娘だと確信したみたい
当時地方公務員だったのに、いつの間にか某銀行に転職してたとは・・・
そしてまさか地元から1000㎞以上離れたところで出会うとはwww

離婚歴があることを周りに内緒にしているので、余計なことは話さないでほしいと言われたので、
「余計なことってなんですか?営業の○○さんに私たちが親子だって話しちゃうとか?
 あー、でもそれって世間話的にはいい話題ですよねえ」
って何気なく言ったら、いきなり生前分与したいと申し出てきた

でもお父さんには私の他にお子さんがいるそうだし、どうしようかなー、そちらの家庭の問題でもありますよね
と、結論を出さずニラニラしながら様子をうかがってる←今ココ

もうすぐ定年だそうだね、お父さん
定年後も指導役として残るんじゃないかって営業の○○さんが言ってたよ
口の軽い営業がいて困ったもんだね
私が娘だって言ったら、どこまで広がるんだろうね


まあ、余計なことをするつもりはないから安心してください
あなたが亡くなった後に遺留分だけいただくつもりです
そのとき遺産がどのくらい目減りしても、私はそもそもそんなものアテにしてませんから気にしませんよ
それよりもしばらく肝冷やしててくれるほうが嬉しいね


476 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 22:46:02 ID:O1I4NHAK.net
近所に元ネイリストがいる。
道具も一式持っていて、主に専業主婦ママたち相手に「安くやってあげるよお☆」と営業をかけ、ちまちまと小遣い稼ぎ。
確かにサロンでやってもらうよりはかなり安いけど、マニキュアと違って剥がすときもやってもらわないといけないから、だんだん専業主婦たちもお断りするようになった。
そして兼業ママたちにも声をかけはじめ、一度二度はお付き合いするものの、兼業ママたちは華美な爪では仕事に行けないのでリピートなし。

外で誰かに会うと爪をチェックして「あー、そろそろのびてきたね。次いつにする?」と営業。気弱なママは断れずに次もやってしまう。毅然と断ればいいんだけどね。

近所相手に小遣い稼ぎとか、正気じゃないなと思った。

365: 恋人は名無しさん 2010/10/03(日) 20:03:37 ID:vZpqsTC70
俺男…会社員。営業。26歳
彼女…俺の務める会社の取引先の事務員。24歳
彼女兄…31歳

俺が営業回りをよくする会社の一つに、彼女の勤める会社があった。
もともと俺の同僚(こいつも営業)と彼女の先輩子が仲良くて
お互いの会社の若手何人か同士でランチをしようという話になった。
そこで知り合ったのが彼女。

ぱっと見に目立つ顔じゃなくて地味で、悪く言えばモサいんだけど
絶対に人の悪口言わないし、ぼーっとしてそうなわりに
天然じゃない狙ったギャグが言える子だった。
頭の回転が良くてしゃべると楽しい子だったから
すぐ気に入ってメール交換し、しばらくは色気抜きで
雑談メールのやり取りをしていた。
その間にも複数人で何度かランチはしていた。

651名無しさん@HOME 2014/02/24(月) 16:35:55.56 0
全てがちょうど先月片付いたから吐き出させてくれ。

5年ほど前、慎ましやかで俺を立ててくれる人柄に惚れて嫁と結婚することになった。
当時俺はとあるメーカー系の営業マンとしてバリバリ働いていて仕事自体もノってたし
嫁を食わしていける自信もあったので結婚を申し込んで相手の実家に挨拶に行ったんだが、
相手のご両親も独身の義兄も人当たりがよい感じで和やかに話が進んで結婚の運びとなったんだが
実家は家業としてとある機器の販売をしている会社を経営していてもしよければ
結婚を機にうちの会社に来ないかと言われた。
当時いた会社に対しては不満はなかったが直属の上司が俺の営業成績がよかったがために
ちょっと当たりが強くなってたってのもあって少し悩んだものの
嫁の実家の会社に入ることにしたんだがこれが営業がズサンだったのか
固定の客以外からまともに仕事が取れず淡々と仕事をしている感じだった。
(経営が苦しいという程では全くない)

続きます。


324: 名無しさん@おーぷん   2014/07/24(木)02:28:48 ID:???

他スレで正社員・派遣・契約社員等の話が出ていたので思い出して投下

当時28歳の私はバリバリの営業だった
成績優秀で私の売上でで会社を支えてるように錯覚してた

でも走り続けなくてはならない営業は正直きつくて
いつまで走り続けるんだろう
いっそ出来婚でもして潔く専業主婦になってしまおうかと考えてた
当時の彼氏は大企業で安定した人
でも仕事が忙しく、毎日深夜まで残業

会社近くの独身寮に住んでたので週末しか会えないけど
私が営業職で、週末も微妙に仕事が入ったりですれ違い気味

倦怠期で冷めかけてたこともあり
ちゃんと話をして別れるか、
結婚するならそろそろ具体的な話をすべきだし
彼の態度次第では潔く結婚して楽になるのもいいかなと思ってた

そんな時に外回り中に交通事故に遭い入院
家からも会社からも彼氏の寮からも
車で2時間くらいの病院に入院してしまった
母親すら免許がなくて滅多に来れなかった

悲しいことにほとんどお見舞いに来てくれなかった

そして後からわかった話が、彼氏の会社でトラブルがあって
入院していた3週間、彼氏は一度も来なかった


388: 可愛い奥様 2011/08/11(木) 00:16:39.10 ID:g+yuB9w0O
もう何十年も昔々の話。

とある営業をしていて、すごくあこぎな商売をしてた
痴呆のお婆さんに限度まで買わせたり、
身寄りのない障害者を脅して買わせたり……

中々買わない人にはそんなんだからブスだ、
障害者だ、売れ残りだ、幸せになれないんだ、と罵り、
書けないような犯罪さえ犯していた。 

でも当時は悪いだなんて全く思ってなかった。
その時の私はお金が欲しければ奪うしかなかった。

年収は今の価値でいうと一千万ぐらいかな?
本社から表彰もされたっけ。
でも全部浪費に消えてったな……

ありとあらゆる娯楽、
非合法な遊びにもどっぷりはまって、
ある日急に何となく都会に逃げた。

そこからはまあ平凡な生活。

未だにパトカーのサイレンをきくと、
冷や汗が出てくるのに血が騒ぐ。

私の居場所はここじゃないのかもなぁ。


第一話
第二話
第三話
第四話 
第五話 
第六話 
第七話 08:45更新予定
第八話 17:45更新予定

736: タバコ ◆lprVMltXk2 2007/06/20(水) 21:17:43

Gの存在を知らせるのは弁護士じゃなくて俺か妻だ。


妻は離婚を避けるにはどうしたらいいか弁護士に聞いたところ
弁護士は妻の煮え切らない態度を叱責し本命に自分の気持をいち早く
伝えるよう言ってくれたそうだ。


第一話
第二話
第三話
第四話 
第五話 
第六話 23:45更新予定
第七話 08:45更新予定
第八話 17:45更新予定

666: タバコ ◆lprVMltXk2 2007/06/15(金) 21:56:20

ゴルフ仲間は妻とGと夫婦ものの4人で、毎回Gの車で送迎。

ゴルフ終了後4人で食事で帰宅のコース。しばらくして夫婦もの脱落。
プレーは現地でメンバー+され送迎と食事がGと二人だけになった。
この時点で終わるのが常識。

どんな状況でもそれは言い訳としかとれない。
どんな気持ちで受け入れたのか妻の本心知りたくもあり知りたくも無し。
なんだか書き込んでいながら自分がなにしてるのかわからなくなってきた。
悲劇の主人公の気になってるのか俺は?
まるでバカじゃないのか?いいのか?
こんなことしてて。

5階のベランダでタバコ。
車が止まる。白のパンツ女がおりる。手を振って車を見送っている。
時間は24時を過ぎ。
数分して白のパンツ姿の女房が帰ってきた。

こんな光景が毎週見られるようになってきた。
興信所には依頼済みだ。明日の報告が待ち遠しい。
すでに覚悟は出来いる。待ってろよ、地獄を見せてやるから。

136: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/02(月) 13:14:55.41
新卒ブラック会社へ入社して、社会人三年目で妊娠したときの修羅場

夢追いかけて卒業後フリーターになりかけた私が、
両親に説得され慌てて入ったという、当時社員4人のとても小さな会社。

三年目になる頃には社員は13人に増え、
同時に三年で15人退社していた。
社長のパワハラのせいで社員が定着しない、超零細企業だった。
一年目になる頃に私は、この会社で三人目の古株になった。

元々就職したころから結婚は決まっていて、
挨拶顔合わせ、結納挙式が無事終わったのは入社して二年半経ったころ。

正直早く子どもが欲しかったので、結婚して三ヶ月目にして無事子を授かった。

結婚自体は祝福ムードだったが、妊娠したころ2chにちょっとかじっている上司から
「メシウマwww残念だねwww」
と言われる。
上司は結婚したら女は終わりとよく言っており、妊娠した私が世間一般から見て不幸な人間だと認識したらしい。
営業だったので、そのまま退職願を出したけれど、受理されず、
「妊娠したからって甘えんなよ。営業行けよ、出張いけよ」
と勝手に予定を組まされた。
しかも片道二時間とか掛かるのwww駅から徒歩30分なのwwww


このページのトップヘ