今日の人気記事

因果応報

691 :名無しさん@おーぷん 2015/12/03(木) 23:00:17 ID:???
小遣い月1000円
門限5時
娘が晩御飯を担当
部屋と携帯のチェックは当たり前
体罰あり
っていう随分と息苦しそうな環境で娘さんを育てている女性が近所にいた
「幸福は人を堕落させる。人生は不幸でちょうどいい」
これがその女性の主張
割と緩い環境で娘を過ごさせていた私は散々馬鹿にされた

その家の娘さん、短大を卒業した後に引きこもりになった
以前はスーパーやごみ捨て場で見かけていた姿も見なくなった
女性の愚痴によると、高校までは親の言うことに従っていたのに短大生になってからは講義もサボるようになり、就活も全くしなかったらしい

その後、娘さんは家で暴れるようになったらしい
その頃にはもう女性と距離を置いてたから人から聞いた噂話だけどね
心療内科にも通わせたけどあまり効果はなかったとのこと

夜になると何かが割れる音が堪えないし、女性はたまに顔や腕に青アザを作っている
断片的に聞こえてくる怒声を聞く限りだと「こんな娘に育てたのはお前だ」「私の青春を返せ」といったことを言っている
因果応報だな、って思った

ちょっと身の危険を感じるようになってきたので次の正月は娘夫婦に帰省させずに私と夫が娘夫婦のところに行こうと思う


467 :名無しさん@HOME 2013/12/03(火) 12:23:57 0
自業自得で義実家とギクシャクして修羅場
若い頃、恥ずかしながら不倫が趣味で、まっとうな恋愛した相手は旦那しかいない
初彼氏が既婚者で初恋愛が不倫だったせいで歪んだしまった自覚はある
不倫してる自分=魔性のイイ女と痛いことを本気で思って周囲に自慢しまくっていた

先日、義実家に泊まった時、旦那の妹二人の恋話に付き合ってたら
私の過去の恋愛について聞かれて、適当にごまかしてたんだけど
トイレから戻る際に二人が「○ちゃん(←私)おにい(←旦那)以外に
付き合った人とかいないんだよ」
「かわいそうなこと聞いちゃったねー」と小馬鹿にしてるのを聞いてイラッとしたのと
お酒を飲んでて多少酔っていたこともあり、過去の不倫話をしてしまった
二人とも最初は面白がって聞いてたけど、だんだん引いてきて、でも私は
既に語りスイッチ入っちゃって止まらず、最悪の過去までばらした
最悪の過去というのは、当時本気で好きだった彼氏の奥さんが妊娠した時に
彼氏がネ果で寝てる画像や私の顔がわからないようにトリミングしたハメ撮り画像を
彼氏が寝てる間に私の携帯から転送→彼氏の携帯から奥さんに送信したこと
ショックで流産&不倫バレで離婚→彼氏は私と再婚という展開になると本気で思ってた

もちろんそんなことにはならず、結果的にはこの行為のせいで彼氏にフラれ私も懲りて不倫から足を洗った
送った時は興奮状態だったけど冷静ななったら自分の行動にガクブルだった
ちなみに彼氏は職場の上司だったんだけど奥さんは無事に赤ちゃん産んで
少なくとも私が退職するまでの二年間は子供の写真デスクに置いたり
家族話したり円満だったみたい(私とは仕事の会話のみだったけど)


修羅場は、この話を旦那&義両親&義兄夫婦にまでばらされたこと
旦那と義両親は「過去は過去だからな…」と言いつつショック受けてたし
なぜか義兄嫁さんが一番怒り、子供のDNA鑑定までやらされた
不倫はとっくにやめてるし、子供は間違いなく旦那の子だと言っても信じてくれない
ちゃんと旦那の子だと結果がわかったけど未だにギクシャク、旦那も微妙な感じ
もうすぐ正月だけど義実家にいくのが自業自得だけど憂鬱でしょうがない

501 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 16:37:39 ID:fTl7OEEp.net
ここいらでいいかな?
苛められてた頃の話、語ってもいい?
スーッとはしないかもしれない。

795 :名無しさん@おーぷん 2015/01/31(土) 11:17:16 ID:JiV
単身赴任だと思ってた父親が、実はずっとばーちゃん家にいたこと。
ちっちゃい頃から「お父さんは単身赴任だ」って教えられてたから
そうだと思いこんでたが、実は車で30分くらいのばーちゃんの家(親父の母親)の家に住んでた。
月イチくらいでうちにドーナツとかお土産持って帰ってきて
半日くらいで帰るから別に不思議に思ってなかった。
ある日親父の勤めてる正確な勤務先を知り、え、近いじゃん?と思ったのが
気づいたきっかけ。
なんとなく母親に聞けなくて、ばーちゃんに愚痴ったらあっさり「うちにいるのよ」って言われた。
じーちゃんがタヒんでばーちゃんが一人になったので
親父はばーちゃんを引き取ろうとしたんだけど
ばーちゃんが住み慣れた家を離れたくないって言い張って
じゃあしょうがないってことで親父が移動したらしい。なんだそりゃ。
なら母親と俺たちも連れてけばよかったじゃん?
でもばーちゃんは「よその人がいると気を使うからいや」だそうで
母親と同居は拒否。
親父は母親に「子供たちがいるからおまえはさびしくないだろ、
かーさんはおまえがいると気を遣うって言うからおまえはずっとそっちにいてね」と
言ってばーちゃん家に来たそうで、双方納得の上だ?と言ってた。

親父は今でもばーちゃん家に単身赴任してるけど
ばーちゃんも80歳こえてヨボヨボしてきた。
ばーちゃんがもしタヒんだら親父は帰ってくるんだろうか?
俺も妹も親父が家にいると、いつもいない人がいると落ち着かないし居心地悪い。
ばーちゃんタヒんだあともそっちに住んだままでいて欲しいが
戻ってくるならその前に家を出たい。

197 :名無しさん@おーぷん 2016/10/13(木) 13:53:00 ID:ykk
母が脳卒中で要介護になった父をいたぶってるのを、知ってて知らないふりしてたことかな
上のDVの人のイラストじゃないけど、体動かせないほとんど喋れない父に色々身体にも精神的にも陰湿なことやってるのを、実家と近距離住まいで何となくわかってた
でも自分に介護が降りかかるのが嫌で、知らんぷり決めて、虐待を疑う父方の伯母から庇ってた
そういやケアマネもちょっと疑ってたな

父は昔から私を名前で呼ばないで「ブス」と呼んでたし、憂さ晴らしに母親を殴る人だったし大嫌いだった
健康診断で何言われても節制しないで甘い物塩辛い物食べて酒飲んで家の中で自分一人だけ贅沢して、還暦で脳卒中起こして、まあ最後4年滅茶苦茶に苛められたとしても良い人生だったんじゃないか

まさか4年で亡くなるとは思わなかったけど、自分の母親の葬式もタヒに目も行けなかったのが辛かったのかな
嫁の両親のタヒに目に嫁を行かせてやらなかったのが、自分に巡って来たとは言え、あの後から急にボケたもんなー

母には知らないふりし続けてるけど、母はどう思ってるんだろう
母も父の葬式の後、急に婚活始めて再婚してしまって、あまり二人きりでは会わないのでもう聞く機会がない

51: 愛とタヒの名無しさん 2013/11/13(水) 22:54:31.98 結婚式の時、従妹の叔母
従妹の結婚式の時、従妹の叔母(従妹の父の弟の嫁)がスピーチで
「従妹ちゃんは以前他の結婚式で、新郎と結婚するのは自分だと騒動を起こした過去もありますが
 幸せな結婚ができるようで嬉しく思います」
会場、一気にざわ・・・ざわ・・・状態。
新婦の従妹は固まってるし、新郎も顔が引きつってる。
私は初耳だったんだけど、同じテーブルに座っていた私の両親や他の親戚も
「え、そんなことあったの?」
「知らない・・・」
って感じだった。
その場は司会の人が「ありがとうございました。では~」と強引に進行したんだけど
会場のざわざわ感は静まらないまま終わった。
で、終わった後。
従妹が「叔母さんひどい!あんな根も葉もないこと、出席した人たち全員に訂正して!」
と泣き喚いていた。
その場ではあまりのことにどうすればいいのか分からず固まってしまったらしい。
しかし叔母「あら事実じゃない。私の結婚式の時に」
新婦&親戚一同「!?」
叔父と叔母の結婚式の時、従妹は幼稚園児だったらしいんだが父の弟である叔父によく懐いてて
「お兄ちゃんは私と結婚するのー!」と泣き出したらしい。
従妹の母が外へ連れ出そうとしたらしいが、身内だけの割とこじんまりとした式だったのが災いし
「まあ子供なんだしいいじゃないか」と誰かが言い出して
「ほら従妹ちゃん、お兄ちゃんの横に座りなさい」と叔母は新婦の席を従妹に奪われ
そこから先はまるで従妹が主役のような、結婚式なんだか七五三なんだかよく分からないまま
終わってしまったらしい。
それまでは子供がやったことだし、と特に従妹を嫌うでもなく普通に親戚付き合いしてた。
だが従妹の結婚式に出席して「私の結婚式をメチャクチャにしておいて・・・」と思ってしまったんだとか。
結婚式の恨み恐るべし。


502: 1/4 2010/03/14(日) 21:23:17
自分が不幸にした結婚式の話。

最近の結婚式で、友人と一緒に新婦への復讐をしてきた。
同じゼミだった女の子(A子)の結婚式。

新婦はキャバ嬢してたり、いろいろな過去があった。
常に4股、5股をしていたり。
そういう意味で派手な女性だった。
でも別に本人は楽しそうだったし、何も気にせず一緒に授業を受けたり、学食に行ったりしていた。

通ってた大学は、地味で古風な、小さな女子大だった。
私はそういうところが好きだったし、祖母の憧れだったのを聞いてたから入学した。
でもA子は「楽しいキャンパスライフ」みたいなのを妄想していて、つまらなかった様子。
そこでA子はみんなを誘って、あるサークルに入った。
20人ほどの男の子が「スタッフ」、参加する女の子が「メイト」と呼ばれる、いわゆるイベントサークル。
その少し前にスーフリとかがニュースになってたけど、あまりの女の子の多さに(70人ほど)、危機感は感じなかった。
今でもそんな甘かった自分を少し悔やんでる。
私はバイトに忙しくて時々しか参加しなかったけど、A子は中心になっている男の子とすっかり仲良くなっていた。

でもある時、みんなで行った旅行。
昼はビーチバレー、夜は花火、民宿に戻ってからはOB以外全員でゲームをした。
「この中で一番○○そうな人は?」という感じのお題が出され、みんなが同時にそのお題に合いそうな人を指差すゲーム。
一番指された人が一気飲みをするという内容。
何度かそんな理由で一気飲みをする羽目になった。


379: 愛とタヒの名無しさん 2010/03/10(水) 19:09:12
そろそろ雑談乙って言われそうな流れだから10年経ってるし時効だろうと投下。

当時、働いてた会社にA子という美人だけど仕事は全くしない社員が居た。
性格も自己中で高飛車だったので部署内でも男女問わず嫌われてた。
そのA子が結婚する事になったという。相手は他部署の営業マン。
はっきり言って結婚式に出席したくなかったが、上司が出席するというので
仕方なく同じ部署の社員は強制参加。
A子の性格を現す様にA子側の列席者は両親を除けば会社関係者とただひとり学生時代からの友人だというB子のみ。
B子は、A子とは対照的に地味な感じの女性でA子にも友達居たのかという感じだった。

結婚式自体は、退屈にセオリー通りに進行。
ブーケトスで誰も欲しがらず床に落ちたブーケをB子が拾ったりしてたくらい。
とりあえず一通りの催しが終わって、司会者が「A子さんの親友のB子さんのスピーチです」と紹介。
此処から不幸の式に発展。


718: 名無しさん@HOME 2008/05/05(月) 21:02:43
 
ちょっと長い話ですけど書かせてください。

色々と職業の事がありますので、フェイクをかなり入れます。 
私のトメ(以後お母さんと書かせてください)は物凄く良トメ。

勿論、そんなトメを生んだ大トメ(以後おばあちゃんと書かせてください)も良大トメ。 

ウトはもう他界しています。 
私は、実の両親が毒でして奴らが作った借金を返すために 
「商売女になって働け!」 
っていわれて、お風呂屋さん系の店で働いていました。

夫はそこにたまたま上司の付き合いとやらで来て、私のリップサービスに真剣になりました。 

最初は「カモだわ」なんて私も悪い心で考えていたんですが、
夫はとてもなんと言うか純粋で、私の話に直ぐに同情しちゃっていました。 
いつの間にか私は彼をカモではなく、「悪質業者に布団とか売られてしまう心配な人」になってしまいました。 

そして、彼は私にプロポーズ。


でも借金がある為に、何度か拒否していました。
嫌とかではなく、私にはもったいないと心から思ったので。

しかし、彼の押しの強さに負けてしまい、じゃあ食事だけ…じゃあドライブだけ…と何度かお付き合いをし、同情ではなく愛情であると結論が私の中で出ました。
彼は、「親に紹介したい」と言うので、躊躇いながらもお会いしました。
勿論、強烈に反対され拒絶され追い出される覚悟です。
実は以前もそういうこと何度もあったので「甘い夢見てるんだ、今日全部覚めるんだよ。罵倒されて。」なんて思いながら彼の家へ行きました。

お母さんは、私を見てニッコリ笑って迎え入れてくれました。

おばあちゃんも直ぐに家の奥から出てきてくれて、丁寧におもてなししてくれました。
「あれ?私の仕事知らないのかしら?」って錯覚するぐらいです。
お母さんは、まごまごしてる私をみて、口を開きました。
「貴方の今のお仕事とか私たちは知ってるの。
でも、私の息子の選んだ人ですもの。それに実際にお話したら楽しい方ね。
何があったかは知らないけど、私たちは未来へ行くの。過去なんて関係ないわ。」
とおっしゃってくれました。

涙がボロッボロこぼれました。

134: 名無しさんといつまでも一緒 2013/05/26(日) 11:36:07.24 0

当方 女 29歳(現在妊娠中)
今の旦那 26歳 以下A
子供   6歳 男の子

元?旦那 33歳 

私の家は自営業で飲食店を経営していますが
元々は小さいお店で
父が仕事を切られたの機に始めました

開業資金は銀行から借りたり
両親の貯金や父の少ない退職金で
店舗を構えました。
近所や近くの工場や学生さんなどの地域で
ひっそりとやっていてお世辞にも
「美味しい」
わけではありませんでしたが

それでも地域の方が頻繁に来てくれたり
集まりで使って頂いてましたので
借金の返済などを本当にチビチビでしたが
生活する分は必要最低限に抑えたら
生活できる範囲でした。

今後 お店の為になれば、
と22歳で飲食店で働く事にし
その職場で元(?)旦那に会いました

お店の雰囲気は良くみんなニコニコ働いており
売上や評判もすごく良かったので
今後の為になると思いました。

飲食店などでありがちな
暴言やパワハラ的な物はなく(TVや知人談)
不思議に思ってました。

メニューも頻繁に変えたりして飽きさせないようにしており
それが売りでもありました。

そこで副料理長をしていたのが元旦那、
アルバイトからの評判も良く賄などの料理がすごく美味しかった
(本当にやさしい味で万人受けするような味付けでした)

最初の印象は頼りない感じで
アルバイトの女の子で思い寄せてる子がいましたが(B子)
(内心プギャーしてました)

例えると「イザ」という時は頼りになるというか
実際に本気になると動きはヤバイです、速い・丁寧・美味しい

料理長をして店を渡すならヤツしかいないが飲み会の口癖でした。

飲み会には元旦那は全く来ないというか
誘っても来ない&来ても年1回
「付き合い悪いなー」
と愚痴るヤツは私だけでした。

逆に私が職場でスタッフの愚痴を言ってたときは
(主にB子 動きがトロイ)


このページのトップヘ