今日の人気記事

土下座

215 :名無しさん@HOME 2018/01/11(木) 19:52:12 0.net
一昔前の話です。
当時、2歳の長女と未満児の双子の長男次男を育てて疲れ果てていた。
さらに夫が事故にあってもうめちゃくちゃだった。
そんな大変なときに義兄嫁が育児を助けてくれたのでとてもありがたかった。
あのとき義兄嫁が来てくれなかったら私も倒れていたと思う。

だけど3ヶ月目に義兄嫁と義兄嫁のお母さんがきて「あなたの状態で3人育てるのは大変すぎるから、義兄家に一人養子にほしい」といわれた。
義兄嫁は「双子を引き離すわけにはいかないから長女を養女に」って言ったけど今思えば女児のほうが育てやすいからかも。
義兄は義兄嫁とその母のいいなりで当てにならない、夫は入院中。
私もおかしくなってたのか、毎日言われてるうちにそのほうがいいかも?と思うようになってた。
でも長女を手放したくないしで泣いてたら夫の入院先の看護婦さんが話を聞いてくれて、施設を教えてくれた。
赤ちゃんのほうが覚えてないだろうから、夫の入院中、双子を施設に預けた。
そのことで義兄嫁と母親から罵られたけど、産んだ子を養女に出すくらいなら一時的に施設で預かりのが良かった。

今で思い出すのが最後に義兄嫁が「子供をちょうだい」て土下座して床に頭をドンドンぶつけてた姿。「「
義兄嫁の母が「こんなにしてるのに!あんたは何も感じないのか」と泣いていたが、私は何も感じなかった。
それでようやく諦めてくれて、それっきり来なくなった。

夫が退院してからは双子も施設から帰ってきて家族5人の暮らしに戻った。
義兄嫁とは会わずに10年たって、今義兄嫁が癌になったと義兄が知らせてきた。
義兄は私に「義兄嫁を許す」と言ってほしいそうだが、許すも許さないももう興味はない。
だけで思い出すともやもやするからここに記録します。


  • カテゴリ:
730 :名無しさん@HOME 2013/01/13(日) 16:31:08 0
みかんの流れに失礼します。

さっきやっちゃったDQ返し(トメ相手、ウト鬼籍)
ウトが鬼籍に入り、旦那がひとりっ子な事もあって引き取り同居。
同居になってから嫌味が始まった(石女、ごくつぶし等々…)

913 :1/2 2015/12/04(金) 10:47:01 0.net
長くなってしまったので苦手な人スルーしてください

この前彼氏と歩いてたら男の人にいきなり土下座された
「許してくれ!本当に俺を愛してくれるのは君だって分かったんだ」と泣き叫ばれた
大の大人が泣き喚いてるのとか怖いし気持ち悪いし、まずこの人知らない
「人違いだと思います…私あなたの事知りません…」と言ったら更に号泣
彼氏からも周りからも不審な目で見られたけれど、知らないもんは知らん
怖いし警察呼ぼうかと思ったらその男が私とのツーショット写真出してきた
何?合成?ストーカー?気持ち悪すぎて彼氏と走って逃げた
彼氏の誤解解くにも時間かかって最悪だった

という話を友達にしたら「それ2年前に付き合ってた○○さんじゃない?」と
誰それ?って言ったらすんごいびっくりしたみたいで
「浮気されて別れた人じゃん、浮気相手とのデート見せつけてきたりした人!」
本当に記憶になくって、ラインとかFBとかのSNSの履歴を漁りまくった
ラインは某ゲームのグループに入ってるから、探すの大変だったけれど該当無し
でもFBの友達の友達にその男がいた上、ご丁寧にブロック済み
ブロック解除してTL見たらガンらしくて終末医療に入ってる段階とかあってなんかもうドラマか漫画?
「最後に本当に愛した人に会いに行ったら拒否された」とか長々ポエムってたし
でも本当にその人を知らないし、なんなら今の彼氏と付き合う前4年は彼氏いない
でもその友達は元彼(仮)に会ったこともあるらしくて、私の妄想彼氏の線は消えた
変な空気になって友達とその日は解散にしてもらった

  • カテゴリ:
315 :名無しさん@HOME 2009/02/27(金) 18:07:56 0
詐欺かも知れないんでこっちに投下。

昨年末、大掃除でバタバタしていて忙しいときにアポ無しで来た
トメとコトメ。
本棚を整理していて本がリビングにでっぱなしになっていたんだけど、
それを断りもせずに捨てやがった。
しかも、私が目を離した隙に同人誌をトメ車に積み込み、わざわざトメ宅にその本を持ち帰り、
のちのち廃品回収に出すという念の入れよう。
ちょっと恥ずかしいんだけど、私はヲタクで、捨てられた本は同人誌。
(夫もヲタで夫とはコミケで知り合ったコミ結婚なので、夫も私の同人誌のことは知ってた)
大掃除終了間際になって本が無いことに気付き、トメコトメに問い合わせたんだけど、
最初はしらばっくれてて、持ち出したことがバレると
「あんな漫画本、いい年したひとが見るなんて非常識だから捨ててきてあげた」
と堂々という。

私以上に同人誌大好きな夫がキレて、二人で仕返しの作戦を練りました。

623 :名無しさん@HOME 2015/10/10(土) 08:41:27 0.net
旦那26(大卒) 私23(高専卒)
結婚して1年
近距離別居

私の両親どっちもいない理由(幼い頃に事故で亡くした)、おじいちゃんおばあちゃんに育てられた、お兄さんが独身なこと、私が170センチに近いこと、私の年齢、妹が大学生なこと、私の顔、学歴、出身地、好きな食べもの(ラーメン)、嫌いな食べ物(レバー)…その他モロモロ
書き上げればキリがないけど、これら全てが気に入らないみたいで勝手に家に押し掛けてはネチネチ嫌みを言われていた。
その都度旦那とウトが〆ても反省の色全くなし。

子供が出来てからはそれが更に加速し週3は家に来ては嫌みをお経のように唱えて帰ってた。
子供の性別が女と分かってから、
大卒ではない馬鹿嫁の為に、私が良い名前を!
と、言い出して名前を勝手に考え始めた。
旦那が俺達が考えるから口出すなと言っても、勝手にフィーバーして何個か候補をあげてきた。

一回切ります。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/12/18(金) 13:33:55
疲れたというか、心が壊れた。
嫁は普段から上から目線で俺に接する。嫌だと思いつつも家のことはきちんとしてくれてたから、時々優しいからガマンしてた。
が、昨日帰ったら、俺の部屋がえらく綺麗にされてた。ガキの頃友達からもらった手紙や俺実家家族の集合写真など、俺にとってかけがえのない物を全てすてられてた。
前から俺の部屋だけは構わなくていいと言ってたのに。
「前から気になってたんよ。大掃除のついでに捨てたよ。いつまでも古いモンにこだわらんでもいいんじゃない?」と言われた。
捨てたと言われた途端、何の感情も湧かなくなった。
声も出す気にならなかった。
俺の反応に違和感を感じた嫁が何やら言い訳してたが何も聞く気にならなかった。

今朝嫁が泣いて土下座してたが相手にせず家を出た。


俺が悪いのか嫁が悪いのかもい知らん。
ただ奴とはもう一緒に過ごす自信はない。



愚痴すまんね。

518 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/03(金) 21:12:54 ID:t/7eS9vh.net
おととい、エイプリルフールだと甥っ子に
「ドラえもん、今度の映画で終わるんだって。前の作品の焼き直しだもん。つまんないよね」
と言った。
5年生になるのにドラえもんを心のバイブルにしている甥っ子。
この嘘を信じてしまいまして、おいおい泣いて、テレビ朝日に抗議するとまで。
「エイプリルフールだから」と言っても「そんなこと、エイプリルフールじゃ言わない!!」と大泣き。
私、土下座して陳謝して何とか許してもらいました。「電話する!タウンページ!」と止めるのも聞かずにページをめくる甥っ子の鬼気迫る表情。

子供でも絶対に越えてはいけない一線があると知りました。

672 :名無しさん@HOME 2015/11/10(火) 18:55:22 0.net
母親(実母)と父親(育ての親)との幼稚園から小学校まで修羅場です。長文すみません。
・幼稚園のとき、動物園に行って私があれとこれほしいとダダこねた。その帰宅途中の山中に「俺の子じゃないからいらない」と父親に路肩に投げられた。
車になんとか乗せてもらい、母親に土下座をして詫びろと言われ土下座。身の安全のため顔色ばかりうかがって生活していた。

小学校時年一回は必ず大喧嘩があった。原因は母親の謎の借金。
・小1の冬 母親が突然「この子いらないんでしょ!!コ○してやる」と包丁持って居間のテーブルの周りを鬼ごっこをした。助けを求めてもスル―する父親が印象に残っている。
母親につかまって冷たい包丁あてられた。父がやめろと言ってくれて未遂で終わり、怖くてそのあと近所の友人の家に夜中に逃げた。
・小2の冬 自室で嵐が過ぎ去るのを待っていた。修了式で配られた紅白饅頭を楽しみにしてた。翌朝居間に行くと壁にべったり紅白饅頭はりついていた。包丁も壁につき刺さっていた。
居間はあちこち破片が散っていて、酒臭かった。しばらく食べ物に困った。
・小3~5年 自室で鍵をかけ避難。自室に来るもんなら窓から外へ逃げ出すことができるように避難グッズを準備。2階から飛び降りる気だった。
母親が自○未遂しようと二階の吹き抜けから明らかにすぐちぎれそうな下帯を首にかけてみたり
シャワー室にカッター持ち寄って手首切ろうとしていたみたいだけど浴室で爆睡していた。
・小6の終業式から帰宅時 玄関から灯油臭かった。母親が父親に灯油かけられていた。「○○(私)も帰ってきたからみんなで氏のう」
と言われた。「氏んじゃ嫌!生きたい」と必しに言ってなんとかおさまった。
ただ、その日から父は明らかにおかしくなっていた。母親は私に「お父さんはあんたを襲おうとしている。」と虚言を吐き、前夫の
元へ行こうと提案。前の夫は私の実父ではないがそこに受け入れてくれた。そこからもきつかったし氏のうと何度も思うことがあった。
色々あって、受け入れてくれた前の夫はなくなったし、母親は借金作ってとんずらした。

65 :名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土) 08:26:37 ID:107

結婚式に参列したら新婦から顔の傷をpgrされて修羅場になった。

中学の時の事故が原因で私の額には傷がある。
メイクと前髪である程度は隠れるけど、傷の場所が眉間に近いことから完璧に隠すことはできない。
両親と祖父母が女の子の顔に一生ものの傷があることを憂いて整形や皮膚移植にだいぶお金をつぎ込んでくれたんだけど、それでも完全には消えなかった。
思春期のころはそれなりに苦しんだけど、周囲の助けがあったから乗り越えられた。
事故に遭ったのが中三の受験シーズンで退院した時にはもう学年があがっていて、高校進学が一年遅れたけどそれ以外は普通に大学を卒業してOLをやっていたし、ちゃんと恋愛して結婚もした。今は専業主婦。

ある日、高校時代の友人から結婚式の招待状が届いた。
この友人をYとする。
私が地元を離れてしまったことで直接会うのは地元に戻った時くらいだったけど、私の結婚式にも参列してくれたし、行きたい気持ちのほうが強かった。
でもおめでたい席に顔に傷がある私が行くことで水をさすことになりはしないか心配で、Yに一度電話でその旨を伝えたら、彼女はそんなこと気にしない。それより直接祝ってくれるほうがうれしいと言ってくれたので喜んで参列させてもらうことにした。
まだ手のかかる子供たちは旦那と同居の良ウトメさんが見てくれることになって、小旅行のつもりで行っておいでと送り出してくれた。

途中までいいお式だった。
元々美人な花嫁だけどウェディングドレス姿はまた格別にきれいで、優しそうな旦那さんと並んでいる姿に感動した。
(もう入籍はしていたから旦那さん。)
今思うと私って能天気なんだなぁって思う。私はひたすら感動していたんだけど、一緒に参列していた高校時代の友人たちは、Yが時々私のことを忌々しいものを見るみたいな目で睨んでいたんだそうだ。
でも私は気付いていないし、注意を促してその場の水を差すわけにもいかないから黙っていたらYが自爆した。

Yが私の顔の傷のことや高校進学が遅れたことを、大学時代の友人と論ってpgrしはじめた。
小さい声で言っているのならそのグループ内の会話で済んだんだろうけど、Yは少し離れた席に座っている私に聞こえるように言ったものだから会場内に響き渡った。途中からシーン…って耳が痛くなるような空気になったから余計に声が響いた。

「あんな傷があるのに、よく恥ずかしげもなく参列できたよねー」
「あたしだったらあんな傷があったら恥ずかしくて外に出られないけど、あいつ図太いからwww」
「あいつ、落ちこぼれなんだよ。高校に進学するの遅れてんのwww」
「かわいそうだからお情けで呼んでやったのに、勘違いしちゃって馬鹿だよねwww」
「あいつの旦那、よくあんなのと結婚したよねwww よっぽどもてない男なんだwww」
「妥協、妥協www」

とまあ、こんな会話を大声で。
新郎が小声で止めようとしていたけど、そのせいかますますムキになってヒートアップしていくのが少し離れた場所にいた私からもわかった。
新婦側だけでなく、新郎側の親戚まで大顰蹙を買っていることに花嫁とそこのグループだけが気づいていない状態。
居たたまれなくなった私が、席を立つべきか聞こえないフリに徹していたほうがいいのか悩んでいたら、顔を真っ赤にしたY母が鬼の形相で娘に近づいて行ってビンタした。
pgrされていた私が思わず飛び上がるくらい物凄い音だった。
で、一喝。
「あんたって子は!! 〇子さんに謝りなさい!!」
お母さん、実名報道は勘弁してください…って思ってたら、Y父と旦那さんがつかつか私のほうに歩いてきて、その場で土下座した。
土下座なんてテレビのなかでしか見たことがない私パニック。慌てて私も土下座した。
お互い土下座したまま「とんだ恥をおかけして……」って感じでひたすら謝罪。
その間もYとY母が口論していて、「花嫁の顔をぶつ!?」って感じでキレている娘と「あんたの態度は遠路わざわざ来てくれた人に、いい年をした大人がやることなの!?」って感じでキレていたそうだ。
「その年までロクに仕事もしないでふらふら、それに引き換え〇子さんは学生の時から自分でバイトしてうんぬん……」
私は高校生の時、Y母のパート先でアルバイトしたことがあって、その時のことまで掘り返してY母はYを怒鳴りつけていたみたい。
(土下座中の私に聞き耳を立てる余裕はなく、周囲にいた友人たちに後から聞いた)

このページのトップヘ