今日の人気記事

444 :名無しさん@おーぷん 2014/11/21(金) 14:36:51 ID:0hyLxQx3x
我が家の一人娘は、顔どころかオツムまで両親に似てしまい中学生になった途端ガクッと成績が下がり始めた。こりゃいかんと塾に入れるも塾の授業も分からないと泣きつかれる始末。旦那と話し合って家庭教師を頼むことに。やってきたのは大学生の先生。おっとりした女性で娘もすぐに懐いた。親としてはせめて平均点にと思っていたのだが、何と学年30番に入った。本人もびっくり。先生に夫婦でお礼を伝えると「いやいや娘ちゃんが頑張ってたので。私は見守りだけなので。」と。だけど先生が来てから娘はなんというか勉強の要領が格段に良くなった。おまけにお手伝いもしてくれるようになった。前はブーたれてたのに。
娘に聞くと「大学生になるとねー人暮らしになって、ママのやってるお仕事も一人で全部やんなきゃいけなくなるから予習のつもりでお手伝いしてた方がいーよって先生が言ってた。」と。もう何というか感動した。週2回に増やして欲しいと娘もやる気になっていたので、先生に契約変更をお願いすると、お断りされてしまった。先生は医学部で看護を専攻してらっしゃるのだけど、将来色々な職業の患者さんと接することを考えて週一で色んなバイトを掛け持ちしてるんだって。工事現場のバイトや警備のバイト、飲食店や本屋、果ては農家のお手伝いまでそりゃもう幅広く経験してた。「知ったかぶりで生活指導なんてされたら、私が患者ならムカつきますからね。その仕事のキツさとか特徴とか身を以て学んでみたいなと思いまして。女だから断られる仕事も多いですけど、大分私もしつこいので。拝み倒しました。」と仰るので何で家庭教師もしてるのか聞くと「小児の患者さんで、学校を長期間休むと親御さんも本人も勉強の遅れを心配なさるんですよ。院内学級とかもあるんですけど、少しでも勉強教えられたらいいかなって。甘い考えですけど。」って。娘は感動して、勉強頑張って先生と同じ大学にいきたいって言い始めた。そんで早速2人で部屋に篭って勉強してた。娘のやる気は持続して、ついに学年一桁に順位を上げた。旦那も私も心配になるくらい頑張って、県内有数の進学校に入学。そこでも勉強頑張って、なんと宣言通り先生と同じ大学に合格。先生が大学院に進学したので高校卒業まで面倒みて貰えたのが幸いした。
うちは本当に先生に恵まれたけど、他所の家庭はやる気のない大学生ばかり派遣されて散々だったらしい。もしもうちに派遣されたのがあの先生じゃなかったらと思うと少し怖い。
にしても看護の教科書ってお高いのね…。タイムリーに少し家計が修羅場よ。


11: 名無しの心子知らず 2011/01/13(木) 10:26:21 ID:ll5p1s3O
誰もいないようなので、初めて24した記念にカキコ。
新興住宅地在住。周りのお宅は若くお子さんも小学生・幼児が多い。
こちらは、子供は高校生なので普段は近所付き合いは挨拶程度。
お隣は小学生一人っ子。午後から夜まで自転車が何台も置いてあり
子供の歓声みたいなのが聞こえている状態だった。
ゴミ捨てで出会ったとき、お隣の奥さんからたいした友達でもない子が
兄弟まで連れて来て毎日七時まで居座り夕飯までねだる。
親は参観日も来たことがないので会ったこともないし、電話一つない。
子供が遊びたがるので我慢していたが、おもちゃが無くなったりし始めた。
どうにも嫌になった。断ち切るにはどうすればいいかと相談された。

子供の環境を整えるのも親の仕事。まず放課後を埋めてしまうこと。
習い事を入れるか中学受験を考えているなら、塾に入れるかだよと言いました。

それから中学受験塾に入れ体力作りに空手に通わせて放課後暇なしにして
その兄弟が来てもいつも居ない状態にした。子供も塾で友達が出来て
日曜に遊びに行くようになった。ありがとうと言われたのが最近。

新興住宅地なので年末年始は留守宅が多く残っているのは近所でうちと
もう一軒くらい。28日早朝実家のもちつきの手伝いに出ようと車に乗ろう
としたら隣の玄関に人影が見えたような気がしたけどそのまま出発。

夜餅をかついで帰ったら隣から子供の泣き声がする。見に行ってびっくり。
いつもの兄弟ともっと幼い子で三人座っていた。一番小さい子は薄着で
顔色が紫でぶるぶる震えている。一番大きい子に聞いたら「お母さんが
出かけるから、いつもの家で正月ご飯食べていろと鍵を掛けられた。」
ちっちゃいリュック持ってました。
お隣は子供は塾の講習もあるからと早くから実家に行って、そっちから
通わせるためにずっと留守。




394: 名無しの心子知らず 2013/07/20(土) 20:07:08.77 ID:6TRtz3RR

子供が小学入学したらトメが勝手に塾 スポーツクラブ 習い事教室の手続き、「もう入金も済ませているから」。
金土日月が通う日でトメが子供を軟禁している状態、子供は初期教育が…云々在り来りな事を話すが本音は「向こうの祖父母に逢わせたくない」とこれまた在り来り。
いずれ全部辞めさせ良い塾に変えて費用も持って貰うよ。


276: 名無しさん@HOME 2012/06/28(木) 22:55:36.22 0
今から30数年間の修羅場。 
当時、私は12歳の中学受験ど真ん中。 
塾から帰ると両親が鬼の形相。 

「お前、塾をサボって万引きしまくっているんだって?」 

と父が私をグーパンチした。 
勿論冤罪。 
私の鼻血に興奮したらしい母は、父の竹刀を持ち出して私を乱打。 
「違う」と言う余裕もなく、私は頭をかかえて丸くなり身を守る。 
両親益々ヒートアップ。 
私は両手足を縛り上げられ、殴る蹴る、竹刀乱打のサンドバック状態。 
ついには、髪をバリカンで丸坊主にされた。 
翌日、全身痣だらけの坊主頭の私は、縛られたまま隣町の文房具屋に連れていかれた。 
勿論初めて行く店。 
両親は私を店主の前に転がし、2人で土下座。 

「この子・・・誰ですか?あの万引き犯はこの子じゃないですよ。 
 名前が一文字違いの子ですよ。」 

両親、なんだ~人違いか~で満面の笑み。 
私は何故か縛られたまま再び車の後部座席に放り込まれ、帰宅。 
ちなみにこの時の記憶は、両親の頭からまるっと消えている。 

10年前の私の結婚式で、父が 
「娘に手を挙げることなく、育て上げました」 
とドヤ顔で語ったときは、流石に殺意が沸いた。

このページのトップヘ