今日の人気記事

変貌

608 :名無しさん@おーぷん 2017/08/13(日) 12:20:38 ID:rfd
私が赤ん坊だった頃の母の修羅場。

私がまだ1歳にならないくらいの頃だそうなので25年以上昔の話。
梅雨が終わりかけで薄曇り、気温も高くなく、赤ん坊抱いて軽く散歩するには良さそうな昼下がり。
母は私を抱いてご近所さんにお裾分けか何かをしに行ったその帰り。
家とご近所さんの中間で、それぞれから100メートルちょっとというところに、田舎の古い住宅街にしては道が広くなるところがあって、そこに1台の乗用車が停まっていて、
「すいません、○○ってどっちですか?」
乗用車に乗っていた男性がそんな風に声をかけてきた。
母は男性の聞いてきた地名か施設かなにかがよく聞き取れず、乗用車に近寄りながら聞き返す。
「○○はどこですか?」
男性はそれを繰り返すものの、母はその場所に心当たりが無かったので、近くの交番の場所を説明してあげることにした。
最初はふんふん頷きながら聞いていた男性だったが、あまりに何度も何度も聞き返してくるので妙に感じた母が男性の様子を伺うと、先ほどとは様子が違ってきていた。
目は変にぎらぎらしてきているし、ニコニコしていたのがのっぺり無表情に変わっていて、そのくせ口元だけ不意にニヤッとしたりする。
直感的に危険を察知した母は、後は交番で聞いて下さいと話を切り上げて車から離れた。


619: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/18(土) 03:33:04 ID:zA9UFZ0N
前に、高校の頃の同窓会に行ってきた。皆が近況や昔話とかで盛り上がる中、一部の女子がとある生徒のことを馬鹿にしていた。 
馬鹿にされていた子はA子というクラスメートで、高校の頃超デブな女だった。一部の女子がそんな彼女をターゲットにして執拗なイジメをしていたのだ。 
内気な彼女はイジメに対抗する勇気もなく、結局卒業するまでそのイジメは続いたらしい。 
「あのデブどうなったのww」「ここに来るわけねーじゃんww」とか馬鹿話で盛り上がり、近くにいた俺らグループがしらける中、そのA子が現れた。 
その瞬間、皆が( ゚д゚)ポカーンとなったのを覚えている。特にイジメ女子達。 
なんとA子は、黒髪の美少女に変身していたのだ!かつての面影は髪の色くらいしかない、痩せた彼女は非常にスレンダーだった。
そのくせ胸は結構あった。彼女に何があったのかというと、実は彼女、大学で告白されたらしい。
相手は金持ち、とかじゃなくて普通の大学生だったが彼女自身は非常に嬉しかったそうな。
だが、こんな太った自分じゃ相手に釣り合わない、と思ったらしくその日から猛烈なダイエット。
結果として、半年で十数キロ以上痩せ、今の美少女姿に。今では二人は恋人同士、結婚を前提としたお付き合いだそうだ。


このページのトップヘ