今日の人気記事

大ウケ

135 :彼氏いない歴774年 2009/06/29(月) 18:01:39 ID:w95NWniL
父親の仕事の都合でほぼ毎年のように転校してた小学生の頃。
いじめられたりはしなかったけど、なかなか友達ができなかった。

6年生になって東京から関西へ転校したときのこと。
転校したクラスでは東京からの転校生と言うだけで、なぜかお嬢様扱い。

お嬢様じゃないと否定はしたものの、チヤホヤされることに悪い気はせず、
「違いますってば、違いますのよ、いやですわん、オホホホホホ」みたいな。

お嬢様を演じるために、木彫りの熊の置物の下に敷いてあるようなレースが
フリフリの敷物を学校へ持って行った。
自分の机に敷物を広げて授業を受け
「東京の学校ではこれが当たり前ですわよ。」などとぬかしてた。

しかし、これがなんと予想外に大ウケ、クラスだけじゃなく学校中で大流行り。
みんな可愛い模様がプリントされたハンカチとか敷物を机に広げ始めた。
それ以来学校中の注目を集め、休み時間にはわざわざアテクシを見に来る生徒までいて
まるでファッションリーダーw

でも、そんな夢のような日も長くは続かない。
ある日、2歳年下の弟が学校の中庭の1m位ありそうな巨大な鯉に噛み付いた。

ファッションリーダーの実弟が起こしたこのショッキングな事件は、学校中に知れ渡る。

『お坊ちゃまは生で鯉食べないでしょ?』ってことで
お嬢様じゃないことがバレて、ファッションリーダーの地位からあえなく転落。

早く転校できる日を祈ったが、私が中学生になることもあり
それ以降の転勤は父の単身赴任となったorz

その2年後・・・
なぜか弟は小学校の生徒会長になり家にファンの女の子が来てました。
生で鯉食ったくせに、今ではイケメン。

長文ゴメン、生理なんだ、関係ないけど。


977 :愛とタヒの名無しさん 2016/11/10(木) 11:34:15 ID:NwQumMwX.net
新婦の母が娘大好きでずっと娘を手元に置いておきたいと常々言っていた
新郎がバツイチなので元々気に入らなかったけど本人は良い人なのと
娘から私の選んだ人に文句つけないでと釘を刺されていたので表面上は祝福して色々準備をしていた
ところがいざ挙式披露宴となると悲しくてさみしくて涙が止まらない
クライマックス、新婦の手紙からの花束贈呈ではとうとう受け取り拒否、
テーブルの間を逃げ回り娘ちゃん行かないで~新郎さんこの子を返して~と号泣
60過ぎのおばさんがまるで小さな子供
最初は笑っていた新婦の父もあまりにしつこいのでとうとう捕まえて無理やり花束受け取ってたw
新婦側はこういう人だと知っているので大ウケしていたけど新郎の親戚側はドン引き、その温度差にヒヤヒヤしたw
でもその後仲良くやっているので不幸ではなかったか
あとで話を聞くとあの花束を受け取ったらもう終わりだと思って耐えられなかったの、とあっけらかんと話していた

このページのトップヘ