今日の人気記事

奴隷

403 :名無しさん@HOME 2008/11/16(日) 15:37:19 0
伯父の家に、結婚の報告に行ってきた。
伯父は、父の兄で祖母と同居なのだがいわゆる祖母はクソトメで
伯父は絵に描いたようなエネらしい。
伯母は、ここではエネmeといわれてしまうような待遇を受けているが、
50過ぎなので仕方ないかもしれないが
かわいそうだなと思っていた。

で、伯父と祖母が私の結婚相手のことを色々聞いてきたので
「長男だから、ご両親と同居するよ(嘘)」というと
祖母も伯父も、同居なんてするもんじゃない
嫁にいったら奴隷のごとく使われて、実家に帰るのもダメっていわれるかも
しれないとかあーだこーだ言ってきた。
チラッと見ると、伯母は能面のような顔をしていたので
やはりクソトメとエネなのかなと思い、
「どうして、同居だとそういう扱いを受けると思うの?伯父さんもおばあちゃんも、
おばさんに対してそういう扱いをしているっていうことだよね?」
といったら
「うちは違うよな、よくしてやってるよ」
と伯父も祖母もいうので
「よくして、っていうのはしてもらってるほうがいう事じゃない?」
ときくと、おばさんが
「そうね、よくしてもらってるわ。私がお風呂に入るときは水風呂だったり
妊娠したと言おうものなら、旦那の子供なのかとか言われたかな。これも
嫁のつとめだから、私ちゃんがんばってね」
といった。
さらに伯母さんは続けて
「流産したら、嫁だけが悪いっていわれるんだから、気をつけるのよ」


30 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 21:27:38 ID:Y7bbsX8X.net
中学生の時、同級生を脅して体にタトゥーを入れさせたこと

見てるだけで鼻に付く子だった。
上品で礼儀正しくて勉強できて優等生っぽいこと言ってて、大人に媚びてる感じがした。
むかついて取り囲んでぼこりまくったらすぐ泣いた。
ネ果で土下座させてそれからは私たちの奴隷状態。言う通りにしなければ暴力でしつけ。
お金出してと言えばすぐ出した。芸をしてと言ったらどこでも芸を始めた。
服とか漫画とかも取り上げた。店に行って「あれ取ってきて」って言ったらすぐ盗んできてくれた。
つまらない授業の時はその子に奇声出させて面白くした。
ネ果で廊下歩かせたり、トイレに行くの禁止しておもらしさせたり、思いつくことはなんでもやったよ。
で、中学生でもタトゥー入れてくれる店があるって聞いたから、その子にタトゥー入れさせた。漫画のタトゥーw
別の高校行ってから連絡とってないけど、あの子の体に間抜けなタトゥーが入ってると思うと笑えてくる。
もちろん、旦那や子供には言えないことだ。

602 :名無しさん@HOME 2012/01/05(木) 08:27:22 O
義兄嫁が距離ナシ上等な事がわかった今年の正月
トメはかなりの良トメなんだけど
良トメになるべく本とか読んで努力してたらしい

それが近所に住む義兄嫁に
何のために合い鍵を渡してると思ってるのか、もっと活用してくれと言われて
本のアドバイスと違うと混乱するトメ
「だってそんな事したら嫁に嫌われるって書いてあるのよ?」
と言うトメに義兄嫁は
「そんなお嫁さんばかりじゃないですよ」とニッコリ

その場にいた自分は沈黙してしまったorz
我が家も近距離だけど合い鍵とか渡してねーYO!

614 :名無しさん@HOME 2009/12/17(木) 18:13:54 0
上手いはじめ方がわからないのでいきなり書き始める
義理家族構成はトメ、義姉、旦那の三人(ウトは鬼籍)。義姉の家と私達夫婦の家は徒歩三十分。
義姉はトメと同居して養っている。

トメは、例えば私をわざわざ呼び寄せて掃除をさせ、自分は何もせず、掃除させたところを眺めて
「まあ、ちっとも綺麗になってないじゃない。掃除もまともにできないのねpgr」というようなことをする人。
(呼びつけるのは義姉のいない間)他にも洗濯や料理など…

ある日そんなことを繰り返していると、突然、仕事に行っているとばかり思っていた義姉が現れた。
何故か裁縫道具や洗濯ばさみ、書類とかを綴じるクリップ、ガムテープなどを持って。

ニッコリ笑う義姉。青ざめるトメ。何処に隠れていたのか、全然気づかなかったと本気でビビる私。
そして義姉は、聞いたことないような低い声で「選べ」と言った。
「え?」と戸惑うトメと私。義姉は持っていたものをテーブルの上に並べ、
「選べっつってんだよクソババア。てめえの口を塞ぐものだよ。
好きなのを取れよ。私のお勧めはお口チャックかな、本当の意味での」
さーっと青ざめていくトメ。綺麗な言葉遣いの義姉しか知らない私も同じく。

そしてトメと私を正座させ、説教する義姉。内容としては、
トメへ→嫁子さんはあんたの奴隷ではない、という趣旨のこと。
     実の子供にここまでされて、情けないとは思わないのか。
私へ→トメのいうことをきいてこっちに来る余裕があるのか?自分の家のことは?
    何よりどうして弟に相談しなかった。
    あなたはお母さんの奴隷ではないんだよ。ちゃんと自分で考えて行動する権利を持った人間だから。

正確には覚えてないけど大体こんな感じで、こんこんと諭してくれた。おかげで眼が覚めた。
確かに自分の家と他人の家の家事できるほど器用じゃない…
とりあえずトメは少しふてくされてたけど、私に対して謝罪した。

133 :名無しさん@HOME 2017/10/10(火) 20:26:15 0.net
長文注意です。

同居の元ウトメ&元バカ旦那にいびられ毎日朝4時にトメの怒声で起こされ家事掃除ウトメ自営の手伝いを日が暮れるまで無給でやらされていた。旦那からの生活費もなかった。
旦那は働きに出ていたから「俺まで4時に起されたら仕事にならない」と同居して2週間で私の寝室は2畳の物置になった。
義実家敷地内の工場みたいな場所で食事の用意の時以外ずっと昼間でも暗い豆電球ひとつ、エアコンもない。
夏は裸になっても全身あせだくでひどい汗疹になり、冬は土下座して貸してもらった石油ストーブ(灯油をもらう時も頭を下げてお願いしなければ貰えなかった)で1日3人分ほどの作業ノルマをこなした。
暗い、臭い工事に一人でいるので(ウトメの作業場は別)ウトは私をモグラと呼んでいた。

食事も味噌汁のカス、運が良ければ漬物と米を1日2回だけだった。
傍目から見てもガリガリだったと思う。トメの口癖は「こんな鶏ガラ抱く気にならんやろから孫はみれんねぇ!あーあ!ハズレくじひいたじゃ」。
それを元旦那とウトやほかの親戚の前で言われると毎回恥ずかしくて消えたくなる気持ちだった。

ある日トメの機嫌の悪い日にお客に出すからなんかお菓子買ってこいと無一文で放り出された。買ってこれず困る姿を見たかったのだろう。

このいびりはトメのお気に入りでどれだけお金がないんですと言ってもあとから出してやるから早く行け!!と追い出された。それが真冬でも台風の日でも。

しかしその日は何故かお金も持っていないのに街まで歩こう、と思った。
出発した時小雨が降っていたがあの工場にいるよりいいやと思った。

すみません、続きます

401 :名無しさん@HOME 2016/10/25(火) 23:28:39 0.net
私、二歳児育児中の舅と同居嫁。
義理兄の嫁がちょっとおかしい‥?と思うので聞いてほしい。

シャイで全然喋らない、うちの夫に挨拶しない、
舅は恥ずかしがり屋さんなんだよーと言ってる。
が、舅やうちの夫がいなくなると私に超マウンティングしてくる。
海外旅行たくさんした。習い事をしていた。ダイビングした。
最新機器を買った。勉強ができた。友達多い(何故か10歳以上年上ばかり)。
そういう話をしてから、あなたはどうですか?と聞いてくる。
私は最初はマウられていることに気づかず、
あーレベル高い人きた!って喜んで返答してたら、
私が同じような経験があると「はぁ?」とか、「~じゃねーし」(小声で聞こえない)
とか、普段の口調とは違う口調でキレる。
子供に指輪を見せてから、触ろうとすると、あんたが触れるレベルじゃない!
とか言って引っ込める笑
など、奇行を見せだした。

152 :名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木) 08:49:12 ID:xrB
私は結婚を機に退職。
旦那に家の事を任せたいって言われたから。
旦那はとにかく食べる事が大好きだけど外食は嫌い。
他人がいると気が散って食事に集中出来ないから。
なので旦那に美味しいご飯を食べさせたくて料理教室に通った。
それなりに料理のレベルは上がったしレパートリーも増えた。
栄養面も頑張りたくて栄養士の資格も取った。
けど旦那は満足しなかったから料理教室も続けつつ調理師学校に行った。
旦那親族が集まってやる宴会でみんなには大絶賛されたけど旦那は満足しなかった。
だから調理師学校卒業後某和食屋で修行させてもらった。
大将はすごく優しい人で下っ端の私にもいろいろ丁寧に教えてくれた。
この頃には食べた人にこれはお金取れるよと言われるくらいだったけどそれでも旦那は満足しなかった。
もう辛くなって旦那と離婚した。
つてもあったし協力してくれる人達もいたから自分でお店を出した。
そしたらオープンした日の夜、帰り道で旦那に刺された。
幸い友人と一緒だったから命に別状はなかった。
旦那は「お前は俺だけに料理作ってればよかったのに!」って喚いてた。
あの人は結局何がしたかったんだろ。
私の料理に満足してくれてたんだろうか。

225 :名無しさん@おーぷん 2016/09/17(土) 02:33:10 ID:Hkr
寝付けないので、私の修羅場を。
長いので読みにくいと思うので苦手な方はスルーでお願いします。

嫁ぎ先が本当に地獄だった
新婚から義実家で同居、テンプレのトメ。
最初こそ守ってくれていた夫だったけど半年もするとエネになった
その辺りからトメから毎日暴力を受けたし、ウトは空気。
家事と大姑の介護で日々戦争みたいなものだった
外にも出られない、風呂や食事も3日に1度くらいになっていった
携帯も持ってきた私物もすべて捨てられ、テレビも新聞も見れなかった
その時には私も洗脳状態みたいなものだったと思う。

結婚して1年を過ぎた頃に妊娠が分かった
すごく嬉しかったのだけど、病院には殆ど行かせてもらえなかった
初回の検診と出産のみ。
妊娠中は特に色んなことを言い付けられた
出産してからは子どもと触れ合う時間もなかったし、
何の為に生きているのか分からなくなってしまいました
そこからは殆ど記憶になく、ぼんやりとしている

ある日、実家の母から電話があった
嫁いで5年経ったのに1度も会ってもいなければ声も聞いていなかった。
声を聞くととめどなく涙が出てきてうまく話せなかったが何かを察したらしく
「帰っておいで」と言ってくれた。
それを聞いた瞬間、家を飛び出して走っていた
隠していた財布だけ持って地元行きのバスに飛び乗った。
駐車場に母の車を見つけた時、また泣いてしまった
何も聞かずに実家に連れて帰ってくれた
父は私を見て固まったけど母と同じで何も言わないし聞かないでいてくれた。

次の日に、離婚したいと言った私を叱らずに力になるよと
言われた時は本当に安心した。
義実家からジャンジャン電話が実家に掛かってきたらしいけど母がうまく丸め込んでくれた
その日のうちに2ちゃんねるの家庭板を読み漁って
レコーダーと小型カメラを買ってもらい携帯を契約してもらった
両親からお金を借りて義実家に帰った。
戻るとトメから叩かれ、夫からは靴べらで殴られたけど
あと半年の辛抱だと思うとぜんぜん痛くなかった

ずっと辛くてタヒんでしまうかもと思っていた結婚生活がようやく終わると思うと踊りだしそうになった。
ずっとレコーダーを離さず、隙を見つけてカメラを設置し
毎日携帯のメモに日記を書いた。
子どもにはお母さんは遠くに行くけれどどうする?と聞いたらお母さんと一緒がいい
と言ってくれたので子どもと逃げることにした。
そして、全てを回収して荷物をまとめて家から出ていった

868 :名無しさん@おーぷん 2017/09/11(月) 00:50:19 ID:bub
母子家庭になる家庭は大半が父親が駄目男だったからとか理由じゃないかなって思うわ。

母子家庭の母親って「旦那にも息子にも苦労ばかりさせられて 支えてくれる人も無く 私不幸に絶えてきました?」みたいな影と顔をもつ人で、正直みていて気持ちのいい人間じゃなかった。
不幸がお似合いなかんじ。
私からしたら自分勝手で「相手をちゃんと選ばずに避妊もろくにせずに子供を産んだ」って感じの人ばかり。
生まれてくる子供がどんな思いで育つかとか想像もせずに自業自得って感じが多い。
母子家庭の子が「自分の母親は片親だけど~してくれたから」みたいな話を聞くたびに口では素晴らしいお母さんだね ぐらいはいうが内心は「子供作って家庭やるなら当たり前でしょ」みたいな内容ばかり。
昭和初期じゃあるまいに高校行かすぐらい計算して子供作るべきだし、奨学金なんて借りなくていい苦労や借金負わせるべきじゃないんだよ。
そういう家庭の子供がまともに育つ気がしない。
母子家庭の男性と話す機会があったけど「守ってくれなかった父と それをカバーするだけの力の無い母親から、当たり前の愛情と安全を与えられ無かった事で満たされず常に何かに焦って苦しんで生きてきた」って言っていた。

この人は家庭を築く事は諦めて独身貫くみたいだけど大半は自分の母親の奴隷探しか恩返しのための生贄求めて結婚したがるから気をつけたほうがいい。
稀にまともな人いるけどそれを探すより普通に自分と似たような一般的な男性と付き合ったほうが早い。

718: 名無しさん@HOME 2008/05/05(月) 21:02:43
 
ちょっと長い話ですけど書かせてください。

色々と職業の事がありますので、フェイクをかなり入れます。 
私のトメ(以後お母さんと書かせてください)は物凄く良トメ。

勿論、そんなトメを生んだ大トメ(以後おばあちゃんと書かせてください)も良大トメ。 

ウトはもう他界しています。 
私は、実の両親が毒でして奴らが作った借金を返すために 
「商売女になって働け!」 
っていわれて、お風呂屋さん系の店で働いていました。

夫はそこにたまたま上司の付き合いとやらで来て、私のリップサービスに真剣になりました。 

最初は「カモだわ」なんて私も悪い心で考えていたんですが、
夫はとてもなんと言うか純粋で、私の話に直ぐに同情しちゃっていました。 
いつの間にか私は彼をカモではなく、「悪質業者に布団とか売られてしまう心配な人」になってしまいました。 

そして、彼は私にプロポーズ。


でも借金がある為に、何度か拒否していました。
嫌とかではなく、私にはもったいないと心から思ったので。

しかし、彼の押しの強さに負けてしまい、じゃあ食事だけ…じゃあドライブだけ…と何度かお付き合いをし、同情ではなく愛情であると結論が私の中で出ました。
彼は、「親に紹介したい」と言うので、躊躇いながらもお会いしました。
勿論、強烈に反対され拒絶され追い出される覚悟です。
実は以前もそういうこと何度もあったので「甘い夢見てるんだ、今日全部覚めるんだよ。罵倒されて。」なんて思いながら彼の家へ行きました。

お母さんは、私を見てニッコリ笑って迎え入れてくれました。

おばあちゃんも直ぐに家の奥から出てきてくれて、丁寧におもてなししてくれました。
「あれ?私の仕事知らないのかしら?」って錯覚するぐらいです。
お母さんは、まごまごしてる私をみて、口を開きました。
「貴方の今のお仕事とか私たちは知ってるの。
でも、私の息子の選んだ人ですもの。それに実際にお話したら楽しい方ね。
何があったかは知らないけど、私たちは未来へ行くの。過去なんて関係ないわ。」
とおっしゃってくれました。

涙がボロッボロこぼれました。

このページのトップヘ