今日の人気記事

好青年

210 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/08/30(水) 01:37:42 ID:SZXUoTHx.net
ちょっと長いです
自分はバツイチなんだけど、以前結婚していた旦那の親族が衝撃的だった

元旦那のいとこに、性格も優しく、顔は超イケメン、職業は医者という絵に描いたような好青年がいた
その彼が「弟がいるから紹介するね」といって会わせてくれた弟さんが、柄本時生そっくり
それは全然いいのだけど、目が常に泳いでいて、挨拶しても俯いたままだし口の端からはヨダレが出ていて、見るからにちょっとアレな人だった
しかしイケメン兄もその親御さんも「またヨダレ出てるwこいつ女の子見るといつもこうなんだよwほんとお前面白いヤツだよなーww」とめちゃめちゃ純粋に笑っている
イケメンくんが婚約者の女性を家に初めて連れて来たときは、興奮して奇声を発しながら婚約者の座っているソファーにダイブしたそうだ
それも「微笑ましい家族爆笑エピソード」として話してくれた
その後も、向こうのご家族と一緒に野球を観に行った際に、まだ小学生くらいの男の子からホームランボールを奪い取り大号泣させている弟さんの姿を見かけてかなり恐怖した
それも親族のあいだでは「行動が変わってて面白い」という共通認識で済まされていた
彼、知的に遅れが…?とは誰も思っていない様子

その後、わたしは旦那の不貞が原因で離婚したのだけど、最後に義実家にお別れの挨拶をしにいったとき、旦那の義両親も息子の不貞を謝るどころか「あの子変わってるからねww」とケラケラ笑っていた
この親族みんな何者なんだと思った

義実家をあとにしたとき、何か大きな暗い館から脱出したような気がしたよ


532 :1/2 2014/08/28(木) 01:49:42 0.net
流れ読まずに投下する

北九州の事件みたいに、私の元彼に自分の母親ごとマインドコントロールされてた時が、ここ数年で最大の修羅場だった

元彼とは趣味のオフ会で知り合ったのだが、最初は本当に好青年で楽しい人だった。
少々正義感が強く、人と衝突する事もあったが、その元彼の前に付き合ってた人が、事なかれ主義の平和主義者という名のヘタレ野郎だった為、全然許容範囲だった。むしろ格好良く輝いて見えてしまっていた。
そんな素敵な人が自分にアプローチしてきた為速攻で付き合い出し、半年後には同棲も始まった。
だけど、ただの同棲ではなかった。
私には母親がおり、所謂母子家庭で更に母親が下半身に軽い障害持ち。杖ナシじゃ歩けない。
そんな母親を元彼は受け入れてくれ、なんと3人での同棲生活が始まった。
しかし、一ヶ月過ぎたあたりから元彼が豹変しだした。
モラハラにありがちだが、私が作る料理にだけケチをつけ始めたのだ。
3人生活なんで家事は母親とローテーション組んでたが、とにかく私が料理担当だと、
「まずい。美味しくない。食べたくない」
を連呼し、作った料理を機嫌の悪い時は捨て、機嫌の悪くない時は私の以外の皿を回収して料理をフライパンなどに無言で戻して目の前で作り直すなどやってくれた。
最初は私自身がメシマズなのかと思い、彼の見てない所で料理を練習し、作った物を母親や友達に食べて貰っていたが、皆
「美味しい」と言ってくれていた。それでも、元彼はその行為を繰り返し、見兼ねた母親が
「全然美味しいよ?どうしてそんな事するの??」
と、尋ねれば元彼は笑顔で
「コイツに遠慮しなくて良いんだよ。家族なんだし、本当の事言ってあげなきゃダメじゃん。コイツの為になんないでしょ?」
と、逆に母親を諭し始め、そんなやり取りを見ているうちに、
「私は味覚障害のメシマズで、友達や母親は気を使ってるんだ。元彼は本当の事を教えてくれてるんだ…」と思い込むようになってしまった。

このページのトップヘ