今日の人気記事

婚約破棄

904 :1/2@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 19:20:12 ID:lAc2bkdA.net
相談です。私と婚約者、どちらがおかしいのでしょうか。
同期入社して、結婚を前提にお付き合いを始め、結納もしました。

先日、会社主催の宴会に近いパーティーに、彼の一番上の上司(役員)が、奥様とお孫さんを連れてこられました。
色々あって、上司のお孫さん、Aちゃん(5歳)は私に懐いてくれています。「クリスマスプレゼントは何がいいと聞いたら、
私ちゃんをちょうだいと言われた」と上司が笑い話にするくらいです。

パーティーの場で、彼が上司に「春に入籍します」と御挨拶に行きました。上司夫妻にも式に出席してほしいとお願いし、
後日招待状を送らせていただくことをお話ししていたら、上司は別の上司に呼ばれ、奥様は少し席を外されました。
Aちゃんが「ニューセキってなあに?」と聞いたので、私が「私が彼くんのお嫁さんになるの」と話しました。
そうしたらAちゃんが彼に「貧乏人のくせに私ちゃんをお嫁さんにするなんて馬鹿じゃないの」と彼に言いました。
結構大きな声だっので、周りの参加者(社員ですが)に振り向かれました。


120 :名無しさん@おーぷん 2017/07/19(水) 13:45:22 ID:tfg
人生で一度婚約破棄したことがある
数年付き合った恋人にプロポーズされ、ご両親への挨拶やら新居探しやらを淡々とこなしてた頃、
会社の飲み会から直で私の家に来た婚約者に、
「結婚しても俺に好きな子できたらその時は笑顔で離婚してほしい、子供がいたら母親のお前が愛情込めて育ててくれ、
その時はお金の話なんかしないでほしい、慰謝料とか養育費とかそんなのって俺とお前との愛や結婚や子供への侮辱だと思う、
どんな時も笑顔でいて俺を励ましてくれ、それに頷いてくれたら、俺はお前に愛を誓うから」
と高らかに言われた

スマホの録音機能立ち上げて「ごめんもう一回言って」と言ったら、「しょうがないなー」ともう一回高らかに言ってくれた
細かい所の質問もした
「それは私にも認められた権利なの?」と言ったら笑われた

後日両家の両親の前で録音聞かせながら婚約破棄の説明したけど、
彼は「ただのマリッジブルーみたいなもんだし、飲み会でちょっと脅かされて何か色々考えちゃって、
だいたいこの時かなり酔ってたし」とグズグズ言ってた
立ち会ってた彼兄に張り手くらった後は黙ってたけど

そんな奴だと見抜けなかったのかと言われるだろうけど、見抜けなかったなあ
前からそういう言動が無かったなら一時期の気の迷いだと思って、と知人には言われたけど、
気の迷いで済まして忘れるにはあまりに劇的な宣言でちょっともう無理だった
愛を誓うとか言う割には、お前の愛は軽すぎて鼻紙一枚ほども頼りにならないなって感じだったし

172 :名無しさん@おーぷん 2017/06/11(日) 10:48:11 ID:Bly
婚約破棄した時の修羅場。
大学時代から3年付き合って結婚することになり、
ふたりで見学に行ったり模擬披露宴に参加したりしながら式場をココ!と決めて
一応双方両親に式場が決まったことを報告した。
で、これから細かいことを決めて行かなきゃって時に
彼のお兄さん夫婦が合同披露宴にしないかと言い出した。
お兄さん夫婦はデキ婚で披露宴をせずに入籍だけして数年経っていた。
でも奥さんの方が、やっぱりウエディングドレス着たかった披露宴したかったと言い
子連れ披露宴なんてかえって素敵かも!ってお花畑状態になっていた。
披露宴をやりたいならやればいいけど、合同でしなくても勝手にやればいいじゃんと思ったし
2歳の女の子にドレスなんか着せたら絶対可愛いし、そっちが主役になっちゃうじゃんと思い
私は嫌だとハッキリ言った。
でも彼も彼のご両親も「それは良い考えだ!きっと賑やかな披露宴になるし
この機会に親戚筋にもきちんと長男嫁を紹介できる」ってノリノリ。
うちの親戚にはここんちの長男嫁なんてなんにも関係ないのに。
しかも合同披露宴とか言いだしっぺのお兄さん夫婦、披露宴しなかったのはデキ婚ってだけじゃなくて
お金がないからだって言ってたし、その時も決してお金があるようにも見えなかったから
親がその分出すのかなと思ったら、私たちの披露宴に合流させてもらうだけみたいなノリ。
つまり自分たちの衣装代は出すけど他は出さなくてもいいってつもりだった。
彼は私が神経質に考えすぎる、もっと柔軟になれとか説教してきて
でも私は絶対嫌だと拒否した。
そしてうちの両親が、彼が親やお兄さんの意見に賛同してることに危惧を抱き
彼の両親に「ふたりの式場が決まった今の段階で出てくるような話ではない。披露宴は別々に」と申し入れた。
そこから双方の両親も険悪になって、私もこれじゃきっと結婚しても
彼は私の味方になってくれないと判断、破談にした。
後日、破談理由を知った共通の友人たちが一斉に「ないわーーーーーー」と彼を批判。
で、それまでは私が我儘だと認識していた彼も、自分ちがおかしいと気付いたらしく
復縁をしつこく迫られたけど拒否。
でもこの時勇気を出して破談にしたおかげで後に素敵な夫と知り合えたでヨシ。

270 :恋人は名無しさん 2016/12/26(月) 00:55:20 ID:7bWoPAlO0.net
彼氏に婚約破棄されそうで困ってます。思い直してほしいので仲直りの方法を教えてください。
2ちゃん書き込むの初めてなので変なところあったらごめんなさい。

この間二人でドレス選びに行きました。
その時は彼もニコニコして綺麗だよって言ってたのに、後日彼のタブレットを見たら2ちゃん(このカップル板だったと思います)で本当は似合ってなかったって書いてたんです。
私の顔とか隣のお嫁さんの方が綺麗とか悪口まで書いてたので喧嘩になりました。
彼氏の言い分は
・ネットで陰口みたいに書き込みしたのは悪かった
・でも似合ってないのは本当
・自分が口出ししても良いけど私が本当に着たいものを着れば良いと思ってたからしなかった
・隣の子が若くて美人だから比べてしまったのも本当
・正直私は美人ではないけど好きだから笑顔が可愛いと思うし何より優しい性格に惚れたから見た目は関係ない
・そもそも式場選びの前に着物が似合うと思うよって和婚を提案した
と開き直ってばかりでした。
しかもそんなんじゃ私の怒りは収まらないのに夕食の買い出しに出かけてしまって、帰ってきたと思ったら別れようと言われ愕然としました。

672 :名無しさん@おーぷん 2014/12/04(木) 17:47:25 ID:3X7
婚約破棄された上に結婚詐欺で訴えられそうになった修羅場。

3年付き合った彼氏と結婚話になり、両家の顔合わせも終わり式場も予約した。
ところが、父が交通事故で急逝。
葬儀だなんだとバタバタしつつ、彼側に式延期を申し入れ。
するとナマポボッシーになったからと婚約破棄、慰謝料請求。
当然お断りして、こちらから慰謝料請求。
すると彼側は「(父のいわゆる社会的地位が高い職業)の娘」という肩書きを一方的に変更(?)した
のだから結婚詐欺だと主張。
埒があかないので、弁護士に入ってもらってさくっと終了。

彼側では、結婚前に父がいない家=母子手当・生活保護をもらっている という認識だったらしい。
これ以降出会いもなく33の誕生日を迎えてしまったので記念カキコorz

490: 1/2 2010/07/07(水) 15:32:11
同僚の新婦A子は数年前に婚約破棄した経験があった。
理由は婚約者の母親が「大事な跡取り長男にふさわしくない女だ」と反対したからだそうな。
なぜふさわしくないかというと
・顔が気に入らない
・四大じゃなく短大卒なのが気に入らない
・痩せすぎ。あの体型じゃ立派な男子(次の跡取り)は産めないに決まってる
・家柄が気に入らない。祖父母の代が農家なんて平民じゃないか
・同い年なのが気に入らない(もっと若いのがいい)
ということらしかった。
要するにいいがかり。たぶん誰が嫁だろうと気に入らなかったんだろう。
ちなみにA子はすらっとしてるけど別に痩せすぎではない。
当時の婚約者は100%母親の味方でA子をかばわず、そのまま婚約破棄となった。

そんなA子も数年かけて失恋の痛手を癒し、彼氏ができて結婚が決まった。
私を含む同期の同僚数人も招待してもらえた。
披露宴が始まると、新婦側の友人席(たぶん元同級生とか)がザワザワしている。
別のテーブルだったからはっきりは聞こえなかったが、元婚約者が勝手に来てたらしい。
勝手にというか、本来招待した友人にかけあって
「どうしてもあいつとやり直したい」と泣きついて、出席を代わってもらったらしい。


341: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/23(金) 00:33:50.11
もう終わった話だし、吐きだしに来た。

昨年、付き合っていた彼女と婚約した。俺は一人っ子。彼女も兄以外に兄弟はいない。
俺の両親は、子どもの世話にならないと、自ら老人ホームを希望していて、貯金もしている。
逆に彼女の両親は、俺達が結婚すると挨拶に行ったとき、兄も含めて「仕事辞めるから
これから老後までずーーっと面倒見てね」と言うようなスタンスの人達だった。
もちろん、揉めた。
介護したくない、ではなく、何でまだ働ける年齢(60代)で健康なのに、娘夫婦に寄生する気
満々なのか、本気で意味が分からなかった。しかも兄はひきこもりでもう15年経っている。
精神病院にも連れて行ったことはなく、お金もジャブジャブ与えている。
2回ぐらいしか遭遇していないけれど、本当に獣のような匂いがしているわ、挨拶すら
まともにできないわ、むしろ「何でうちに知らない人が~! ママ~!」みたいな感じで、
就職して自立なんて夢のまた夢みたいなクリーチャーだった。
彼女自身は、「親なんて嫌い。でも育ててもらった恩があるから~」と、結果的には
煮え切らない態度で、家族側に立っていた。
だから結納はおろか、具体的な話が進まず、結婚したいのにできない状態が続いた。

業を煮やした俺は、彼女の家に乗り込んで、直談判したんだ。
同居はしない。不慮の事があったら面倒を見ないわけじゃないけれど、基本、世帯は別なので
自立してほしい。あと兄は将来的に面倒を見ることは期待しないでほしい。
この3点が自分の考えで、これに賛同してもらえないなら、婚約破棄したいと言ったんだ。
普通の親ならここでウンと言うかと思ったけど、逆ギレされた。


665: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/04(土) 22:58:12.74
昔、友達の離婚騒動と自分の婚約破棄騒動が巻き起こったのが最大の修羅場。
既婚者の友達に「こいつが結婚?生意気☆ミャハ♪」ということで元婚約者を寝取られて
私、元婚約者、友人夫婦と全員の両親との話し合いが最大の修羅場。
ばれて、そこから阿鼻叫喚の嵐だった。
元婚約者父は涙を流しながら鬼の形相で息子を殴り、皆で慌てて止めた。殺しかねなかった。
友人父も同じ形相で泣きながら娘を殴った。
元婚約者母と友人母は驚く程やつれていて、我が子の悪行に号泣と失神寸前。
友人旦那とその両親は怒りを抑えながら、話を進めていた。

私の被害が一番少なかった。慰謝料だけで済んだから。一番の犠牲者は4歳の友人娘。
被害の様子を聞いて、私達家族まで泣いた。
友人と元婚約者は勘当された。
元婚約者は慰謝料の為に必死になって働いているそうだ。悪行がばれて、クビには
ならなかったけど、左遷された。
友人は共通の友人全員から縁を切られて、慰謝料と養育費の為に身を粉にして働いているそうだ。
馬鹿二人を転落しすぎるくらい追い詰めるのもやばいらしく、寸止めになった。
二人の両親は家を売ってまで、慰謝料を支払おうとしたけど、両親は悪くないから、それはやめてもらった。

友人娘が旦那さんとその両親と楽しく暮らして、無事に小学校入学の報告があったときは
安心して、家族全員で涙した。


835: 名無しさん@HOME 2011/08/08 02:47:40
自分的には修羅場話です。

Aと付き合って結婚話をお互いの両親として、結納の日取りも決まっていたよ。
結納の打ち合わせをするために両家集まったら、Aの父親にAに妊娠させた
彼女Bがいることを、打ち明けられて謝罪された。そりゃ寝耳に水で呆然自失。
Bは、私の小学校からの友達でその頃も、よく遊んでいた幼馴染だったので余計に。。
彼Aのことも、早くからBに紹介していたんだ。Bは、Aに一目ぼれしたとかで
私に隠れて猛アタックを繰り返して、とうとう妊娠に持ち込んで親に直談判して
結婚出来ることになったと、自慢していたと後から聞いた。

Aから慰謝料を貰って破談になった。Aの両親は平謝りで、周りに破談の
原因はAだとはっきり言ってくれたが、Bの両親は、Aが私よりBの方を
選んだのだからしょうがないと近所に言いふらし、ブスは可哀相とあげつらって
くれた。たしかにBは優香似の美人だけどね。

そんな噂が、嫌になり実家を出て、会社近くにアパートを借りて住む事にして
なんとか忘れるように努力していた。会社を結婚で辞める事にしてなくて、本当に
よかったよ。実家の方の話は、聞かせてもらわないようにして、忘れよう忘れようと
頑張っていた。
それなのにAとBの結婚式の招待状が送られて来たんだよ。どうやって住所を知ったのか
わからないけど、転送じゃなくちゃんとアパートの住所だった。


337: 名無しさん@HOME 2011/06/23 10:38:02
10年ほど前の話。
お付き合いしてた彼氏から交際半年でプロポーズを受けOKした私。
彼のご両親に会う為彼の実家にお邪魔した。
そこで彼のご両親から、
・彼には兄がいて離婚して息子を引き取ってる。
・そのお兄さんが近々再婚するんだが前の妻の子は新しい家庭には不要。
・その子を養子にして育てなさい。
・跡取りだから大事に。
・跡取りは二人もいらないから男の子は産まないように。
・といってもそんな器用な真似は出来ないだろうから子供は産むな。
彼もうんうんとうなずいてるし一瞬どうしたらいいかわからなくて
異様な空気が漂ってる気がしてすごく怖かった。
でも「それが息子(彼)との結婚を許す条件だ」と彼父の言葉に覚醒して
「許していただかなくて結構です。この話はなかった事に」と逃げ出した。
追いかけてきた彼にバカじゃない?おかしいよといいながらダッシュ。
後日彼から説得されたけど無理無理無理無理といい続け、そしたら
婚約破棄で訴えると言われたのでどうぞと言ったら連絡が来なくなった。


このページのトップヘ