今日の人気記事

嫌な予感

85 :名無しさん@HOME 2015/01/12(月) 01:34:40 0.net
母親と叔母に杀殳されるかと思った修羅場

高校生のころ、バイトを終えて自宅に帰ると父・母・近所に住む叔母の3人で宅飲みの最中だった。
2階のリビングで「ただいま」と声をかけ3階の自室に上がろうとすると母親に呼び止められた。

母「ちょっとそこに座って」

酒癖悪い姉妹(母・叔母)なので嫌な予感はしたが、逆らうとすぐに手をあげる母なので、素直に母の前に正座した。
すると自分の顔の真横からものすごい衝撃を受けた。
叔母に殴られたらしい。

叔母「くぁwせdrftgyふじこlp!!!!」

なに言ってるかわからないがその後2分くらいボコボコ殴る蹴るされた。
辛うじて「出ていけ~!!!!!」と言ってるのだけ聞こえるので、怖くてバイトの荷物持ったまま家の外へ逃走。
ちなみにこの間、父と母はなにもせず見てた。

猛ダッシュで駅の方へ走る私を自転車で追いかけてくる父。
自転車と脚なので駅で捕まる。
でも命の危険を感じてたから今までに無いくらい泣いて叫ぶ。騒ぎを聞きつけ間もなく警察登場。

いったん切ります

ごめんいったん切る


802 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 16:40:30 ID:e0JbrklH.net
昨日の話。
私は四十代喪女。
仕事帰りに会社の近くの大衆酒場に寄るのが日課なんだけど昨日いた一見同士のオッサンとオバハン2人組。
そこはカウンターがコの字になってる店で、隣同士に座っていたオッサンオバハンが意気投合して話が盛り上がっていた。
ああいう店ではままある事なのでさして気にもしてなかったが、しまいに男がオバハンの肩や腰を抱き始めた。
なんとなく嫌な予感がしてガン見してたらベロチュー。
うげっ、と思ってもなぜか見続けていたら2回目のベロチュー。
そこで思わず私の心の声がダダ漏れ。
「きっしょ!!」
それでも気付かない2人は3回目のベロチュー。
また心の声がry
「ちょっと!ここはそんな店ちゃうで!」
私の声があまりにデカかったのか一斉に注目を集めるオッサンとオバハン2人。
そこからは光の速さで会計して帰って行ったがベロチューまでしといて別会計なのには呆れた。

178 :名無しさん@おーぷん 2017/05/12(金) 19:54:22 ID:6S9
スレチだったらスルーしてください
フェイクあり

何年も疎遠にしてた元同級生Aからメールがきた
久しぶりだね!○日に(場所名)で遊ぼう、という内容
特に気になるのはその日付
その日は私が縁を切った元友人Bの結婚式当日
(以前、共通の友人からその日に式があるのを聞かされていた)

嫌な予感がしてその共通の友人に連絡してみたら
どうやらAもその結婚式に呼ばれているらしい
場所も式場と近い場所だった

学生時代のAは私とAの友人C(同性)をいきなり呼び出して
自分は「じゃあ私はこれで」とすぐ帰ってしまったことがあった
Cも私も初対面なので全く面識が無く
しかも友人を紹介するなんて全然言われてなかったので
お互い(この人誰?)ってなって結果すぐ解散
あとでAに事情を聞いたら、仲良くなってほしかったからとの答えだった

この過去から、絶対Bと私を引き合わせるつもりだと確信
Aに問い詰めたら「ええ~!?もう分かっちゃったのぉ~?ww」と白状
私を式場に連れていく→サプライズで私がにこやかに登場→新婦B感激→仲直り
という筋書きだったらしいが、これが実現してたらと思うと怖い
Bもせっかくの晴れ舞台に私が出てきたら嫌だろう
私はBの式をぶち壊そうなんてこれっぽっちも思ってないのに

606 :名無しさん@おーぷん 2017/10/04(水) 19:43:40 ID:jHH
打ってたら熱くなり、長くなったけど読んでくれるとありがたいです。


恙無く、健康で幸せに暮らすことは大事だなという話。

10年前、当時の職場はブラックだった。勤務時間もそこそこ長く、残業代はつかないし精神的にくる。体重も結構減った。
インカムを使っての仕事で、お客様と接してる間も何か上司の気に入らないことがあれば耳元で
「そんなのあり得ないでしょ。そのお客は〇〇〇なんだからそんな提案はおかしい。何やってるの?!信じられない」
と早口でまくし立て凄い剣幕で怒られる。
オーナーの怒りに動揺したり、現実逃避なのかお客様目の前だからインカムの声が漏れていないか、逆に心配になったりしてた。

上司の息子(家族経営)もなかなかで仕事のヘルプをしていて立ち位置が悪かったりすると足を踏まれたり「邪魔」と言われたりお客様の前でも不機嫌&私の存在無視など当たり前。

私は元々気が小さく、威圧的な人が苦手でどんどん萎縮していった。そしてネガティヴ思考の輪廻にハマり、ミスをする→ミスを恐れるあまり消極的な行動→それも怒られる→自分を奮い立たせて行動するもミス……の連続。
それでもなんとか1年半位頑張っていたがその頃にはもう自分の中で「もう、次ミスをしたら絶対辞めよう」と思って過ごしていた。

そんなことを思っていたからかある日ついにやらかした。
その日は強制的に帰宅させられて、運転しながらずっと泣いてた。
その次の日は無断欠勤した。

今考えるとあり得ないが、当時のその職場は無断欠勤→退職の流れがデフォルトだったので、人生経験の浅い私はその例に習ったんだと思う。突然蒸発して何も無いまま消えた先輩もいた。
私は2日ぐらい無断欠勤して3日目にめちゃくちゃ緊張しながら出勤。そして退職の希望を話した。
1時間位オーナーと話し合うも平行線。すぐに辞められると思っていたが意外と引き止められていた。
次は別の先輩と話し合うことになりその先輩がいる普段仕事をしている場所に移動することになった。
その移動先はいつもなら自分の車で移動するのに何故かその日はオーナーの車で行くよ、と言われ何か嫌な予感がしたのでこっそりポッケに1万札とスマホを入れて乗った。

167 :名無しさん@おーぷん 2016/12/19(月) 08:27:14 ID:Rr8
少し前の話。
とある休日、恋人がいない俺は某風俗店を利用した。
待合室で順番を待っていると別の客が来店したのだが、それがなんと職場の先輩であるS氏。
俺はスマホをいじる振りで無視をしようとしたが、S氏は俺に気付き話しかけてきた。幸いすぐに順番が来たので離れることが出来たが、この時点で嫌な予感がしていた。
週が明け、職場でS

このページのトップヘ