今日の人気記事

孤独

96 :名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土) 19:18:20 ID:Mt6
ある分譲宅地を購入して家を建てた。
引越しを終えて一週間ぐらいした頃に、隣の奥さんから苦情があった。
2階の娘がベランダに干した布団が目障りだから中に入れてくれって。
ピンクの花柄のシーツを被せたまま干してたんだが、結構濃いピンクだったから目がチカチカするんだって。
それから数日後に、今度は掃除機の音がうるさいから窓を閉めてかけろと言ってきた。
「すぐに終わらせるので」と言って大急ぎでかけたけど、かけ終わるまでずっと「うるさーい!うるさーい!」って怒鳴られた。
こりゃとんでもない土地を買っちまった・・・と悲しくなったものの、
他の近所付き合いをしてるうちに、みなさんその奥さんとは何かしらトラブル(一方的にね)があったらしくて
仲間がいると思うと気持ちが楽になって、あまり気にならなくなった。
相変わらず掃除機をかける度に叫ばれたけど、イヤホンしてラジオを聴きながら知らん顔してた。
3ヶ月ぐらい経った頃に、掃除中に何となくイヤホンを外してみたら静かだった。
こっちがスルーを決め込んでるからやっと諦めたなと心の中で勝利宣言。
その次に掃除機かけてる時も静かだった。
が、静かなはずだった。その奥さん、心筋梗塞で亡くなってた。
旦那さん、単身赴任中だって言ってのも実は嘘で、離婚して一人暮らしだったみたい。
鬱陶しいお隣さんだと思ってたけど、たったひとりで誰に気付かれることもなく孤独に亡くなったのかと思うと
さすがにちょっと可哀想な気がして、他の奥さん方も同じ気持ちだったようで町内会の有志で葬儀をだした。
大きな声じゃ言えないが、3ヶ月ぐらいで解放してくれて有難うと言う思いも実はある。


397: 名無しさんといつまでも一緒 2009/08/21(金) 09:57:29 0
夫からは慰謝料も請求されず
家もなるべく早く出て行って欲しいとしか言われませんでした。
二人の財産も放棄して私に譲ってくれました。
ただ親権だけは譲ってもらえなかった。
今は月一度数時間会わせてもらっています。
今の私にはその時しか楽しみがありません。
その日のために生きているんです。

彼と夫と私は同期でした。最初にお付き合いしたのが彼でした。
彼との間は彼の地方転勤で清算したんです。その事は夫も知っていました。
その後夫との交際が始まり1年後に結婚。
私は結婚と同時に会社を退職しました。
 
彼が転勤から戻ってきたのがちょうど1年前です。
夫が家に連れてきて再会しました。
それからしばらくして彼からの誘いがあって。本当にバカなことをしました。
このことは当然会社に知られ夫までも退職させてしまったんです。

誰かが言った「最後は天涯孤独・無縁仏」は、言うとおりだと思います。

589: 愛とタヒの名無しさん 2013/06/07(金) 13:09:37.08
性格の悪い女友達の結婚式で、友人一同がドタキャンするという不幸があった。
その新婦は人間関係引っ掻き回すのが趣味みたいな女性だった。
借りパクや寸借詐欺、故意に風邪をうつすなんて事もしていたし
共通の友人の結婚式をドタキャンして悪びれなかった。
そんなこんなで皆で共謀して、派手に縁切りしてやらぁみたいな事になったらしい。
それはまあいい。DQN行為だけど、まあ人の勝手だ。経緯を考えても仕方ない。
問題は、私は出席してしまったという事だ。
当日「新婦友人席」のプレートがある7人掛けの円卓に一人で座る私。
おしゃれして、皆まだかな?まだかな?って震えながら一人で座る私。
みーんなざわざわしながら私を見てた。新婦からもご両親からも問いつめられた。
友人スピーチも、本来予定じゃなかったけど私がやった。
新婦ちゃんは、人望があって明るくて皆から好かれてて…って震えながら話した。
逃げる事も出来ず、食事の味なんか解らなかった。ひとりぼっちだった。
係の人が、お席移動なされますか?みたいにそっと打診してくれたけど、
私が入れそうな円卓なんか無かったし、それが聞こえたらしい周りの人が
渋い顔してこっちを見ながらヒソヒソと「ここは満員だよ」って仕草をした
あの二時間、私は世界で一番孤独だったと思う。

友人達に問いつめたら、みんな「誰かが伝えているだろう」と思っていたらしい。
皆は自宅住まい、私だけ飛行機の距離に住んでた(仕事の都合)。
だから待ち合わせなんかもなかったので私自身確認作業も怠った…。けど…。
のび太がドラえもんに泣きながら何かを訴えてる時みたいに取り乱してしまった。
友人達はメチャクチャ謝ってくれて、奢ってくれたり色々してくれた。
その結婚式を知っている人は「新婦さん、可哀想だったね」と言うけど
何もどう考えても可哀想だったのは私でしょうが!!!!


524: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/14(月) 06:28:58.34 ID:SrsI/Sxk0
誰も見てないであろう時間帯に書き捨てていく

頭もゆるい母が父を裏切り不倫し離婚した。
当時父にプチ虐待されていた自分は
すんなり不倫と離婚の事実を把握し
母について行くことに。
しかしこれが間違いだった。

966: 愛と死の名無しさん 2011/06/07(火) 02:46:50.06
先週私だけが不幸だった 

大学時代の友人の会費制披露宴 
大学からは私含め4人参加予定だったが、3人ドタキャン 

|□□ ◯◯◯◯◯◯ 
|◎□ ◯◯◯◯◯◯ 

◎が私 
□が空席(◯の荷物置き) 
◯が新婦友人 
|が壁 
という奇跡の座席

このページのトップヘ