今日の人気記事

家庭

142: 名無しさん@HOME 2012/01/23(月) 12:16:02.44 0
義実家完全同居で0歳2ヶ月育児中
さらにコトメも里帰り中

基本かなり良い義実家ではあるんだけど、トメのおせっかいがすごくて自分のペースを乱されて激しく心労
2階が私たちの寝室で、完母だし基本育児はそこで篭ってる

赤が2階で寝たらわざわざ1階に下りてまでご飯食べたくないし(せっかく寝かしつけても温度差と階段で絶対起きるから)
トメの食え食え攻撃かわすの面倒くさいし。

「赤寝てるし自室でパン食べるから私のお昼は気を使わないでください」って言ってるのに
ラーメン作ったからラーメン食べる?パンばかりじゃだめでしょうってしつこい
パンもラーメンもチャーハンも炭水化物で大して変わりないわ
ほっといてくれ



3: 名無しさん@HOME 2012/01/14(土) 16:38:59.77 O
ウトメがうざすぎる
娘(2歳)に食事あげてるとき、ウトメもご飯をたべながらも、ずうーーーっと娘を見てくる。
娘の隣の席は私だから、必然的に私もウトメからの視線を感じ、精神的に疲れる。
食事で疲れるとか人生初だわ。

トメが遊び歩くから、ウトの面倒(食事)など私に押し付け。
私たちが出かけるときは「どこ行くの?」ってうるさいくせに。
自分は「お願いしまぁす!」ってだけ言い残して、出かける。
自己中すぎて大嫌い。完全二世帯だったら、まだ我慢できたはず。
完全同居はきつい。しかもウトになにもやらせないトメだからさ。

187: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/03/14(日) 22:07:23
結婚して9年、家庭の格差がこんなに辛いとは思わなかった・・・
俺の母親:×2父違いの妹あり、職業自営、市営住宅で育つ。俺の父親:離婚後は未婚、職業銀行員。俺は中学から
バイトして必死で学費を稼ぎ、公立高校→地元の夜間短大→昼間4大に編入して卒業。→高校時代は勉強がイヤにな
ってね。
嫁は何不自由無い家庭、父親:銀行員、母親:専業主婦。結婚当初から家庭に格差が有るのは分かっていた。
一人目の子供を授かれず第一回の不和、原因は俺が素直に妊娠を喜べず嫁が不安になり流産。なんとかやり直し、
一人目の子供を授かる。その後も、俺の両親、嫁の両親がうまく行かず俺は自分の両親と絶縁。家庭のレベルの
違いを指摘される。
二人目の子供を授かる。その頃から景気が厳しくなり年収が20%ダウン経済的にきつくなる。嫁も不機嫌に・・・
夫婦関係も険悪化、ふとした事(嫁が俺の携帯を着信拒否)から俺が暴力を振るう。第二回の不和、3ヶ月別居後
なんとか修復。その時も育った家庭のレベルの違いを思い知れと言われる。嫁と将来の事を話すうちに嫁は
俺の暴力を思い出しPTSDになりまた別居状態に・・・正直もう無理かも・・・俺も疲れた・・・これ以上
頑張るのは無理かも離婚話を切り出すしか無いと考えてる。


33: 名無しさん@HOME 2010/02/22 12:08:16
10年以上前に、我が社と提携していたロシアの会社から出向してきた女の子がいた。
当時26だったと思う。
俺は教育係を仰せつかり、2年くらい一緒に仕事した。
その後、彼女は帰国し、時々メールする仲になった。

そして、俺も彼女も結婚し、互いに子供も産まれた。
写真は送ってもらえなかったが、会社の上司と結婚し、独立、子供も男の子と女の子が一人ずつ産まれたらしい。

突然、彼女から、旦那や子供と日本へ観光に来る、というメールが来た。
このため、家族にも話し、みんなで迎えに行ったんだ。

家族には、すごく綺麗な女の子だった、と話し昔の写真も見せてあり、特に長男は綺麗な外国人のお姉さんに会える!と、ちょっと邪だが、wkwk状態だった。


1: 名無しさん@HOME 2003/07/26 15:19:00
「奥さんたちは旦那さんのどんなとこが好きなのか知りたいです。

夫婦仲の些細な自慢も聞いてみたいです。

一般の男性が見習うことの出来る自慢が良いです。

つまり20代で年収1,000万とかの自慢は見習えないので勘弁してねということです。」


191: 名無しさん@HOME 2013/09/27 03:25:09
初めて書き込みます

旦那の、嘘が絶えません
しょうもないですがアドバイス欲しいです

旦那は仕事終わり、私に連絡して来ました
Oくんが事故して入院してるからちょっと行ってくる!
…と。

特に嘘だと思わなくて
うん、わかったー!気をつけてね!!
と返事しました。
結構早く帰ってきました。
どーやった?って聞いたら
Hくんに○○病院まで送ってもらって待っとけよー!って言ったのに
あいつ帰りやがったw
だからタクで帰ってきたから金使ってもたww
…と。
その他仕事で使う手袋&メジャー(1500円程度)
を買ってきてました。


このページのトップヘ