今日の人気記事

家庭

380: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)18:27:21 ID:???
息子が結婚するめだたい嬉しい
だが同居はお断りだ
家事が嫌いで苦痛で最低限しかやらずに
みかねた旦那が掃除洗濯してくれてたのに
一人出ていくと思ったら増えるってなに?絶対にイヤだ
しかもマイホーム貯金箱したいから家事しないしお金も淹れないとか絶対イヤ
まあお金貰ったとこでイヤだけどさ…
お金いれない代わりに家事します!とかならちょっと魅力的だけど…やっぱり嫌だ
散らかすのに気兼ねするのもキツいし嫌だ
絶対イヤ!!


886: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/10/19(月) 03:07:04

いい加減疲れてきた。 
色々と不満はあるのだが、
とにかく許せないのは嘘をつくこと、
家事をキッチリこなせないこと、逆恨みすることだな。

家計を任せていたんだが、すっかり自転車操業状態に。
家計はオレが握るようにしたんだが、
アルバイトを始めて気が大きくなったのか、
カード作って3.4ヵ月で12万の借金。
それにとどまらず、保険を担保に7万の借金。 

返済の期限直近で発見し、何とか工面して返したけど、
借金なんてして無いって嘘言ってた。

家事も言われるまでやろうとしない。
特に掃除は大嫌いで仕事から帰ってきてから、
オレがしている。 
子供を風呂に入れたり、
寝かしつけたりするのもオレの役目。 

普段、こいつは何しているんだるう? 
色々と注意はしつつ、慰めたり、気分転換に出掛けたり、
プレゼントやお土産買ったりしているのに
一切感謝の言葉や態度なし。
少し気にいらないことがあると、
切れたりするから、救い用が無い。 

小一時間前、息子が鼻詰まりでクズグス泣いてたんだが、
嫁は隣の部屋で音楽聞きながら熟睡してやがった。 
起きてきてもシラン顔。 

離婚したいけど、可愛い息子と離れたくない...。 

長文スマソ 


46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/20(金) 21:30:29

俺が結婚前にカードで二十万くらい
借金があったからって
カード取り上げたくせに、
自分が人の名義のカードで
二百万くらい借金してたのが発覚 
↓ 
返済のために働かせる 
↓ 
残高が減ってないから調べたら
チマチマと摘んでいたのが発覚 
↓ 
もうしないと約束 
↓ 
残高が減ってないから調べたら
まだチマチマと摘んでいたのが発覚 
↓ 
嫁の実家に通報。離婚もほのめかす 


離婚すべきかな…坊主いなけりゃ即決なんだが

117: マジレスさん 2017/03/05(日) 10:28:00.42 ID:tMsoIyia
ここでいいのかわからないのですが、 
成人済の娘と息子を一つのダブルベッドで寝かせるって、 
親としては普通なのでしょうか? 

母親は三十路過ぎた兄が帰省すると8畳ほどの部屋で一緒に寝てます。 

母と兄の2人で旅行に行くことも多いのですが、 
ダブルベッド利用してたりするのかと想像してしまい嫌悪感が激しいです。 
気持ち悪いと思ってしまうのですが世間では普通のことなのでしょうか?

42: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)18:56:31 ID:1Bi
同居の甥に優しくできない

本人には何の罪もないって分かってるけど
甥を勝手に置いていったあげく養育費どころか連絡ひとつよこさず
いつのまにか再婚してまた子ども産んだらしい義妹のことを考えると憎たらしくて仕方ない

甥は明らかにうちの子より優秀でそれにも苛つく
我ながら醜いと思いつつ小さな嫌がらせというか差別が止められない
建て替えたばかりの家で家族だけで暮らしたいって、そんなに贅沢な望み?
なんで他人の面倒見た上にこんな自己嫌悪しながら暮らさなきゃならないんだろう

670: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/12/22(月) 20:54:51.61
質問です。 
先日、甥(実妹の長男)の結婚式に出ました。 
親族と、新郎新婦の親友のみの、小規模でしたが良い式だと思っていたところ、一緒に参列した娘が、激怒して電話してきました。 

箇条書きにすると 
・親族紹介のときに、娘のことを(言う必要もない学歴を)院卒と紹介した。 
・式、披露宴中に私語が多すぎる。 
・「娘の初恋は、甥(新郎)なんですよ」と言った。 
・孫(娘の子)に関わりすぎる。 
・人のスピーチ中に、いちいちツっこみを入れる。

他にも私だけでなく、新郎側親族(娘にとっても親族ですが)の発言はどれも無神経極まりない、恥を知れと。 

一方的にまくしたてられ頭に来たので、こちらも言い返し怒鳴りあいに。 
そんなことを言う娘ではないので、おそらく婿(娘の夫)の差し金だと思いますがそこまで言うなら絶縁だと返すと、「あっそう、もう会わないから」と娘からも絶縁宣言がありました。 

理不尽な言いがかりをつけられ、一方的に悪者にされた挙句、もう会わない(孫にも会わせない)と暴言を吐かれたことが許せません。 
主人にも話しましたが、婿の差し金だろうと同じ意見です。 

どうにかして婿に頭を下げさせ、また娘と孫に会えるようにできないでしょうか? 

注 文章上婿と言っているだけで、婿養子ではありません。

673: 名無しの心子知らず 2005/10/11(火) 09:30:38 ID:Snr0w5Rs
もうだめだ、頭が狂ったのかもしれない・・・。 

訳あって偽実家に産後里帰りしました。
本当は自分の実家にいくか旦那と二人で乗り切りたかったけど
上の子の事情と実両親の事情により・・。 

帝王切開で出産。
退院後偽実家に行きその日の夜から風呂洗いなどの家事をして 
日中はトメの自分と自分の身内の自慢話。
これだけでもかなり精神的にきました。

私なりにやってるつもりでした。
傷痛いし授乳で眠いし出血量が多くて貧血気味だし。 

でもそんな私にウトは「母さんも上の子の世話とか家事で疲れきってるんだからお前ももっと動いて手伝え」と。 

そしてしばらくしてトメと些細な言い争いをしたけど肝心の旦那は私の意見はスルーしトメの肩を持った。
トメが泣いて「嫁子ちゃんにひどいこと言ってごめんなさい」と言ったから。

私には「あんたは人の意見を聞かない生意気な嫁だ。目上の意見をききやがれ」とまで言ったのに。「ママンはそんなこと言う人じゃない」とスルー。 

803: マジレスさん 2016/10/26(水) 15:23:53.69 ID:yQQZWE6n
20代の実家暮らしワープアです 

費用は全て自分が負担する形で
親の決めた習い事(生け花)をしていますが、
止めたいのに親に反対されています 

元々興味が無いのも止めたい理由の一つですが、
一番の理由は給料が減った関係で
生活が苦しくなったからです 
(年明けに残高がマイナスになる見込み)

親の言い分では、 
・働いてるんだから費用は自分で出せるはず 

・小さい頃に習い事をしなかったから
(やりたいと言わなかったから)その罰 

・結婚の時に相手方の親にPR出来るから嫌でも続けろ
(学歴も職歴も今一つで得意分野も無いので
習い事をしないとPR材料が無い) 

・出不精だから外に出ないと駄目になる 
以上の理由で続けなければいけないそうです 

習い事とは借金をしてまで
続けないといけない物なのでしょうか 

小さい頃の習い事なんて、本人の意思に関係なく
強制的にやらされるものだと思ったけど
違うのでしょうか 
また、PR材料になるかも微妙な所です 

生け花を始めた事を友人に話したら笑われました
(学生の時点で看板を取得しているレベルでないと
恥ずかしいらしい) 

そもそも付き合っている相手もいないので
結婚も当分は無理です 

現状では習い事を止める(或いは半年ほど休む)
以外に生活費を抑える方法が無く、
このままだと確実に借金をしないといけなくなります 

もともと交遊費・イベント費も一切なく、
服も化粧品も全て安物、スマホも格安SIMを使っています 

職場の規定で兼業は出来ないため、
収入を増やすのは難しいです 

止めないとシ活問題なのですが、
何か穏便に出来る方法は無いでしょうか

753: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/05(金) 21:34:35
結婚して俺実家に嫁と二人で行ったときに嫁はほとんど黙ってるか、テレビを凝視。 
最初はお袋と話すのが緊張するのかと思ってた。 
3年経った今でもそうだから不思議に思って聞いてみた。 
そしたら、お袋は俺らが来てるときは俺とお袋しかわからない親戚や近所の話ばかりしてる。 
嫁から話を振ってもすぐに俺しかわからない話を始めるんだと。 
今まで気がつかなかった?って言われてものすごく恥ずかしかった。 
嫁実家に遊びに行くときは向こうの両親は俺に気を使っていろんな話をしてくるのに。 
今年の正月はそれぞれ自分の実家に帰ろうと言われたよ。 
お袋は常識がないのか、わざとだろうか? 

815: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/11(水) 15:14:25.61
妻について 

部屋が寒いので窓を閉めてと、妻に頼んだら 
「網戸は風を通さない」と、妻は出鱈目で反論した 
「は?」と俺は呆れた 

砂糖を入れすぎても甘くならない 
塩を入れすぎてもしょっぱくならない 
賞味期間を過ぎても食あたりしない 
たんぱく質を取らなくても栄養不足にはならない 

妻には因果関係というものが無い 
何を言っても無駄 

甘すぎるから砂糖を減らしてと言っても 
「甘くない」と言う妻 
糖尿病になったら困るって言っても 
「私のせいじゃなく、それはあなたの体質」という妻

このページのトップヘ