今日の人気記事

容疑者

501 :おさかなくわえた名無しさん 2012/07/11(水) 02:05:45 ID:8NWc/Ttg
図書館に勤めてるんだが、貸出時に資料の不具合を発見したら、
返却時に貸出前からの状態だと分かるように、利用者に断って通知を入れる事になってる
おっさんが貸出に来た時、
「ここの部分が汚れているので、返却時に始めからと分かるように通知入れますね」
「ペナルティーはあるのか」
「本を汚されますと、弁償して頂く場合もありますね」
おっさん血相を変える「弁償?なんでうちが弁償しないといけないんだ」
「通知を入れると、始めからこの状態だった事は分かるので、この本は大丈夫ですよ」
「それは分かってる!弁償と言っただろう!」
「お客様の弁償にはなりませんよ。この本は以前の利用者が分からないので、気付かずに返却したのは申し訳ありませんが…」
「私は頼まれて来ただけだ!うちの子供がしたかもしれないじゃないか!」
どうやら、子供に頼まれて返却→再貸出に来たらしい
なら、おたくも容疑者じゃねーかと、逆上してるおっさんには言えず
(多分おっさんも自分で失言に気づいたと思うw)
「弁償にはなりませんので…」
「わけが分からん!もういい!その本は返す!」
「そうですか!返却しますねー!」


「弁償」という言葉に敏感過ぎる客が怖い
しぶしぶ弁償しに来た人に本を投げられた事も衝撃的だった


20 :名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金) 23:05:12 ID:QLnzJOmkm
永い間に住んでいた土地で連続窃盗事件が発生していて、近所の通報で容疑者にされた。
何度も任意取り調べで呼ばれて、仕事どころじゃなかった。
警察が来てから2週間も経つと周りでは、すっかり犯人は使いされるのが辛かった。
警察では何度も同じことを聞かれるけど、状況も変わらず先に進まず俺の精神も限界に来ていた。
会社の上司から呼ばれて、休職扱いと言う名のほぼ解雇になった。
その日の夜、嫁から離婚届を出された。
何も言わず離婚届を書いた。その日のうちに嫁が役所に行った
次の日に、嫁の親が来て嫁の荷物を持って出て行った、俺の貯金を全て持っていった。

嫁の車を見送った後、酒を飲みたくなって酒屋に買いに行ったら
酒屋のおばさんは俺は犯人じゃないと信じているからって言われた。
おばさんが俺を通報したのが、八百屋のスピーカーおばさんだと教えてくれた。
その後すぐに、犯人が捕まった。
俺を取り調べていた刑事が教えてくれた。
本当は俺が犯人じゃないとは分かっていたが、
真犯人が一旦犯行をやめていたので
俺が疑われていたら安心して、次の犯行がしやすくなるだろうと泳がしていたらしい。
俺は警察の勝手な都合の為に、地元の人間関係も仕事も嫁も失ったけど
誰が保証してくれるのと担当刑事に言ったよ。

会社から復帰許可が出たけど、地方に転勤になった。
事件は、事件は地元の新聞に載ったけど同情してくれる人は多かった。
失った者に対して誰も責任は取ってくれないと思っていたら会社から本社に抜擢された。
担当の刑事が本社に仔細を説明に言ってくれてたようだ。
会社も償いの気持ちらしい、年収も1000万近くになった。
本社で縁あって結婚して子供が出来た頃、元嫁から復縁が依頼が来た。
婚姻時から元嫁親に毎月生活援助していたけど、離婚時に貯金を全て渡したのが無くなったようだ。
再婚したことを話したら、何か叫んでいたけどもう他人だよね。
もし、事件が無かったら元嫁実家を援助しながら、穏やかに生活していたのだろうか。

このページのトップヘ