今日の人気記事

小説

884 :名無しさん@おーぷん 2015/06/09(火) 01:43:19 ID:gWg
俺さ、オタクなのよ
でも嫁さんはアニメも漫画もみなくて、小説ばっかり
ライトノベルは読まないのよ
んで付き合ってる頃に嫁を部屋に入れたらさ、マドマギと初音ミクのフィギュアを見て「何コレ」っていうのよ
あーこれ嫌われたかなって思いながら、ホムホムのこととか、残念さやかちゃんとか、アンコのこととか、レーシングミクとか、雪ミクについて話したのよ
「フィギュアはゲームセンターでとったんだ」とポ□リと話したらさ
一月後くらい?サンタクロースみたいな袋を抱えて嫁が家に来たのよ
何だなんだと思っていたら、袋を開けて
「これホムホム、こっちはメガネホムホム、これはミク、こっちもミク、これは何か青いミク、これはミクのちっさいやつ、それとお友達みたいなやつ、これ(一番)くじのA賞のやつ」
ゲームセンターで手に入れたたくさんのフィギュア持ってきたのよ
俺が狙って取れなかった一番くじのやつまで
「何でこんなに・・・」
「いや、取れそうだったから」
「・・・」
「要らないなら売るけど。ダブってるやつオークションで高く売れてさ」
順応高すぎないか
ちなみにゲームセンターに行ったのは初めてで、予行練習としてネットで動画とかを見て学習して行ったらしい
順調に俺の部屋にフィギュアが増えていき「こんな部屋嫌じゃない?」と聞いたら
「え?邪魔?なら売っていいよ、フィギュア売れるんでしょ?」
売らないよー売らないけどさー!
オタクでもないのにフィギュア認めてくれた女性は嫁だけだからなんかこそばゆかった
日曜日も「なんか落ちそうだった」とレーシングミクを取って帰ってきた
そろそろ嫁の言うとおり、フィギュアなんとかしないと量がやばい


305: 愛とタヒの名無しさん 2007/02/02(金) 14:40:00
タイトルは覚えてないんだけど、昔読んだ小説で
友達の結婚式でスピーチを頼まれた女の人が
「あなたは昔っから甘え上手で…」とどじっ子の新婦に
なにかにつけて頼られていた話をしてたんだけど
だんだん話が壊れていって
「○○君の子供が出来た時に泣きついてきたから
中絶の世話してやったわよね!
そんな女が私の好きな人とりやがって!」と過去暴露になり
最後は周囲に押さえ込まれるという怖い一人称の話があった。

小説だけかと思ったら先週の日曜にリアルでそんな披露宴があり
新婦が会社に出てこない


このページのトップヘ